~ストーリー 2~

★コラム★第二章は、この間の、AMPストーリー、もとい、Webストーリーについて語ります!

2020/10/07 04:23:00
HTML版 | AMP版 | Webストーリー版
君とのAMPストーリー♪、それはWebストーリー♪

突然ですが、みなさん、ヒゲダン、聞いてますか!?

はい、毎日、聞いてます。
というのも、仲良しの方から、Official髭男dism、略して、ヒゲダンの事を聞いたのは、確か、Pretenderがリリースされた頃。

実は、もっと前から、ヒゲダンだ、ヒゲダンだ!って、言っていたようなのですが。

まったく、今泉兄の耳には入ってこなく、スルーしてたんですよ、たぶん。
忙しくて、テレビも見ませんし、YouTubeのカバー曲も聞かなくなりましたし。

以前は、ブログでカバー曲を紹介していたので、流行りの曲は、すぐにキャッチしていたのですが。

気づけば、売れている曲は、まったく知らないアーティストの楽曲ばかりになっていました。
そんな中、まずは、ヨネズだ、米津だ、米津玄師だ!と。

続いて、ヒゲダンだ、ヒゲダンだ!と。

そして、今は、Vaundyと書いて、バウンディーとの事。
ほかにも、まったく知らないアーティストだったり、楽曲だったり。

いろいろと教えてもらったのですが、知っていたアーティストや楽曲はゼロ・・・。

でも、緑黄色社会の『Shout Baby』とか、そろそろ完全にオヤジになった今泉兄でも、良い曲というか、このボーカルはすごいな~!と感心して、毎日聞いてますよ。
ちなみに、ヒゲダンは、一緒に、ライブに行ってきました。

2回チケットが当選したのですが、2回目はさすがに、若者に譲りました。

1回目のチケットは、前から15~16番目で、それでも結構前の方で、よく見えたのですが。
なんと、2回目のチケットは、ど真ん中の、前から3列目。

ま~、今泉兄が行くよりも、10代、20代、30代の人たちが行く方がいいですよ。

なぜって、ボーカルの方が、10代!20代!30代!って、叫んでまして。
よし、次は40代!って、声が届くと思ったら、そこで終了。

あ、あ、40代は、相手にされてないんだ・・・と、寂しくなりまして。

だったら、若者に・・・という事で、1回目に一緒に行った若者に、もう一度行く?って聞いたら、もちろん!との事。
迷わず、譲りましたよ、1回目のチケットと同じく、チケット代込みでプレゼントです。

いや~、おっさんになると、若者の笑顔が、何よりもうれしいですね。

きっと、彼が大人になったとき、若者にチケットを譲り、今泉兄の想いが、バトンされていくのでしょう。
で、AMPストーリーですよ、今泉兄が、絶対にコレは流行らないと宣言した、AMPストーリーです。

そのAMPストーリーがなんと、Webストーリーに改名したんですよ。

ま、どちらにせよ、流行らない事には、変わりありませんが。
なぜ、AMPストーリーが流行らないかは、「AMPストーリー 流行らない」で検索して、今泉兄の過去のブログを読んでください。

あまりに流行らないので、なぜ流行らないかも、もう忘れちゃいましたけどね。

と、言いつつ、今日のブログも、自動的にAMPストーリー、いや、Webストーリーに変換され、Webストーリー版が公開されるんですけどね。
では、せっかくなので、AMPストーリーを惜しみつつも、Webストーリーについて語りましょう。

まずは、なぜ、AMPストーリーから、Webストーリーに、名称を変更したか・・・という事から。

ちょっとまってくださいね、考えますので。
そうですね、AMPストーリーのままだと、AMPの一部として認識されるからじゃないですかね。

そもそもAMP対応しない、AMP版を作成しない人というか、AMP版を作成する必要がないサイトってあるじゃないですか。

これは誤解であり、違うと思うんですけど、それこそ、ニュースサイト以外は、AMP対応しなくていいよね・・・という空気。
いろいろと制限もあり、できないこともあるので、AMPと聞いて、スルーしてしまう人達は、一定の割合でいるかと思います。

なんだか、AMP対応は面倒だな・・・という感覚。

そして、HTMLでいいじゃんという事も、考え方によっては、事実でして。
それは、まさに、あ、髭がつくアーティストね、はいはい、最近、流行りのアーティストね・・・って事で。

曲も聞かずにスルーしてしまうように。

しかし、知ってしまうと、これはすごい!って、はまるんですよ、AMPもヒゲダンも。
あ、今日のお題、終了。

ブログのタイトルを、あんな感じにしちゃったので、どうやってAMPをヒゲダンに繋げるか、後で考えようと思いましたが。

まさかの、このタイミングで、紐づけ完了!
という事で、AMPという文字を消したかったんじゃないですかね。

そうする事で、もう少し普及するのでは・・・という浅はかな考えというか、苦肉の策というか。

AMPじゃないって事で、ちょっとWebストーリー、やってみるか!?という人達を期待したとか。
ま、何度も言いますが、どちらにせよ、流行りませんって。

いくら、Webストーリーが簡単に作れる、ワードプレスのプラグインができたとしても、同じです。

ツールがあっても、作るセンスも素材も、普通の人には、無いんですよ!!!!
さらには、検索結果の上位にも出るようになったようですが。

まったく、目に入ってきませんね。

見かけた事、一度もありません!
あ、今泉兄の場合は、強引に検索するので、もちろん、見たことはありますし。

意識して、検索すれば、目にすることもできます。

でも、日常の検索では、皆無ですよ、一度も見たことがありません!
でも、やりますよ、今泉兄は。

もう、二度と、AMPストーリーとは言いませんよ。

今後は、Webストーリーの普及のために、Webストーリーという単語を言いまくり。
もちろん、このブログのAMPストーリー版という表記も、近々、変更します。

何でもすぐに後回しにしてしまうような今泉兄だから・・・。

1年後かもしれませんが・・・。
はい、緑黄色社会も、ちりばめてみました。

ジャスラック、再度、登録しないとダメですかね。

ま、近々、ジャスラックには申請しましょう。
で、いくつかお題がありまして。

Webストーリー対応するコンテンツというか、サイトというか。

その一つは、このブログです。
きっと、誰も知らない情報ですし、これはきっと、今泉兄のために、Webストーリーの方が、対応してくれたんだと思うんですよ。

もう、うれしくて、うれしくて、ほんと、愛って通じるモノなのですね。

特別に、この愛を語りますよ。
というのも、今泉兄のブログ、無駄に長く、浅くをモットーに書いているじゃないですか。

書くのに3時間、読むと15分を目指して、執筆しております。

それが、ビジネスに繋がるというのが、すごい時代なんですけどね。
この辺のお話は、また次回以降にするとして。

何しろ、Webストーリーが進化したんですよ。

何かというと、Webストーリーって、右にスライドしていくじゃないですか。
その際に、今、どの辺のページというか、どの辺のスライドを見ているか、印があるじゃないですか。

この印、以前だと、スライド数が多いと、ダメだったんですよ。

容量オーバーというか、なんというか、図で説明すると早いんですけど、感じてください。
そこで、今泉兄のブログ、目次と、第一章、第二章、第三章・・・と、小分けにしたんですよ。

Webストーリーだと、機能しないというか、印の部分がダメなので、4ページとか、5ページに分けてました。

自動で生成なので、一度、プログラムを構築してしまえば済む事なので、何ら苦労はしてないんですけどね。
ところが、気づけば、スライド数が多いWebストーリーにも対応。

この印も、ちゃんとスライドされて、100枚だろうが、200枚だろうが、たぶん、大丈夫です。

ただ、そんな数のWebストーリーって、見た事がないんですよ。
今泉兄のブログ以外で、そんなに多い枚数のWebストーリーって、無かったんですよ。

みんな、5枚とか、多くても10枚程度。

そんな中、今泉兄のWebストーリーは、小分けにしても30枚とか、たしか限界があったので、その範囲にしていたんですよ。
いや~、遠い国のGoogleのWebストーリーの担当者、見てますね。

あれ、AMPって、Googleではなく、別組織なんでしたっけ?

ま、いいや、何しろ、Webストーリーのエンジニアが、枚数の多いWebストーリーにも対応するべく、バージョンアップしてくれたという事で。
これで、今泉兄のブログ、毎回、1個のWebストーリーで表現できます!

写真も動画もないので、本来の使い方ではないのかもしれませんが。

せっかく、バージョンアップしたので、これを機に、小分けにしたブログ、1本化します!
さらに、欲を言えば、HTML版とAMP版を閉鎖して、Webストーリー版だけにしたい気もするのですが。

今回のブログ復活は、アナリティクスとタグマネージャーのテストも兼ねていますので。

今まで通り、HTML版、AMP版、Webストーリー版の据え置きという事で、1~2ヵ月、ブログを書きまくります!
続いては、ニュースサイトのシステムを担当しているという事もあり、とあるニュースキュレーションサービスで活用しようかと。

一応、許可は得られたので、各社のニュースを、Webストーリー版で配信しようと思っております。

この1年5ヵ月で、今泉兄も、なんちゃってですが、フロントエンジニアのような事はできるようになりましたので。
JSONとか、無縁だったのですが、今では、JSONすげー!!!って、言えるようになりましたので。

このブログの原稿も、JSONに変更しようかと思うくらいに、便利ですよね、JSONは。

データベースをマスターするまでは、JSONをフル活用で、いくつかのサービスを構築しようと思います。はい。
そして、そうですよ、そう。

舞台のポータルサイトですよ、ついに作ります!

とある企業がスポンサーになってくれるかもしれないのですが。
その前に、まずは、スポンサー無しで、プロトタイプ版を構築して、公開しようと思っています。

その際ですが、あれですよ、あれ。

舞台を見に行くと、入り口でもらえるじゃないですか、フライヤーでしたっけ?
あのフライヤーを、Webストーリーで配信できるサービスから作ろうと思っています。

PDFで送ってもらって、そのまま表示するのも一つかもしれませんが。

一つひとつ丁寧に作成しようかな~と。
写真はもちろんの事、動画あり、音声あり、時にかっこいいテキストのスライド。

さらには、演者さんのプロフィール用Webストーリーも、作ろうかな~と。

5~6枚で、プロフィールや、動画によるメッセージ、次回出演する舞台の宣伝などなど。
という事で、舞台が好きな人、大募集!

取材して、記事が書ける人とか。

写真や動画を撮影できる人。
クリエイターで、素材があれば、カッコよく、Webストーリーが作れる人。

あ、Webストーリーやホームページ作成の知識は不要で、デザインできれば、あとは、今泉兄と一緒に覚えましょう!

その他、演者さんや、劇団の情報を調べて、データ入力するなど、作業できる人も必要です。
ま~、はじめは、自社での構築なので、広告収入が入るまでは、少人数での運営になるとは思いますが。

スポンサーがついたり、広告収入が増えれれば、メンバーを増やしていきますので。

もちろん、劇団も作りますよ!ミュージカルも作りたいな・・・と。
そうそう、僕らの七日間戦争が、ついに舞台化したんですけど。

あれ、今泉兄弟、発案ですから!

今回は、まったくかかわることができませんでしたが・・・。
次回は、我が社で、ミュージカル僕らの七日間戦争を、作りたいと思います!

そのためにも、舞台の活性化であり、今、大変な状態だと思うので、できること。

それは、舞台のポータルサイトを作る事です!
それは、そのまま、Webストーリーの発展につながる!

こんな良いこと、ないですよ!

ぜひ、ご興味のある方は、適当に連絡先を探して、ご連絡ください!
という事で、Webストーリーに関しては、今後も語ります!作ります!流行らせます!

ま、実のところ、デジタルストリートと、Webストーリーって、なんか近い感じがするので、それだけですけどね。

このブログ、ニュース、舞台のフライヤーで、Webストーリーを活性化します!
え~、その先ですが、センスがなくても、素材がなくても、簡単にWebストーリーが作れるCMSを・・・。

さらには、Webストーリーの発表の場であり、Webストーリーの検索エンジンでもある、サービスを・・・。

それがOH!NEW?になるかもしれません。
ま、夢は大きく、実際は地道に作業。

これが、ネットでできる事ですので。

継続するためにも、まずは、立ち上げます!