~ストーリー 1~

★開発日記★サイトのスリム化は、実は次の課題でもあります。

2017/08/29 04:52:00
(2017/08/27 52:52:00)
HTML版 | AMP版 | Webストーリー版
コラムがダイエットの話題なので、開発日記も強引にサイトのスリム化って事にしましたが。

そうそう、忘れていましたが、サイトのスリム化も、今後の課題。

書籍が1冊しか見つからなかったのですが、まだ購入していませんが、あったんですよ、サイトのスリム化の本が。
これ、次に買う本として、狙っています。

チラ見したのですが、技術的な事、サイトがどのような構成で、なぜ重くなっているかの解説本。

さらに、どう、スリム化したらいいかのテクニック本のような感じ。
1冊しかなく、他の本と比べる事はできませんでしたが、完璧のような・・・。

ハード面やインフラ面の事も書いてあったと思うので、いい感じです。

これでまた、一つ、今泉兄のレベルがアップするんですよ。
特に、これから構築する自社サービスは、どれだけサクサクしたサイトにできるかって事でして。

元々、ケータイ検索サイトを運営する為に作った会社なので、その文化は、搭載済み。

基本、ページを軽く作るって事は、誰よりも意識しています。
でも、広告収入がメイン収入になるので、実は、相当大変な作業になるかと。

スリム化にしつつ、広告売上を最大限にするという課題なので、無限の可能性もあり、無限の対策があり、大変な事になりそうです。

でも、一から構築するサービスなので、ま~、徐々に、売上を上げていくって事で、計画してみましょう。
例えば、そろそろバックナンバーを含め、再開予定のエンタメ動画を紹介するブログ。

以前は、YouTubeの動画を、そのまま掲載していました。

すると、20個くらいの動画を1ページで紹介する事もあったので、もう、重くて重くて。
そこで、次回は、このような仕組みにします。

画像は動画窓と同じ大きさのサムネイルを表示して、サムネイルを押すと、動画窓に入れかわる仕組み。

これだと、無駄なトラフィックが発生しないので、サクサクになるんですよ。
しかも、サムネイルが押された際に、カウントできますので。

再生したって事がわかるので、ジャスラックのレポートも、より精度が増します。

動画を再生したってカウントは、元々の動画窓を掲載してもできるのかも知れませんが、この方法で一石二鳥です。
さらには、タイムラインは、ページを遷移せずに、新しい投稿を上に出す必要がありますので。

しかも、ヤフーのリアルタイム検索で感じた事なのですが、アプリだと違う仕様なのかも知れませんが。

検索結果を見ている際に、新しい投稿があると、リロードが必要じゃないですか!?
すると、今まで見ていた投稿まで、戻るのが大変。

そこで、新たな投稿があり、その投稿を確認するボタンを押すと、タイムラインの途中に、その投稿が表示される仕様。

サイトのスリム化とは、こういった事、ユーザの方が使いやすく、無駄なトラフィックを増やさない、無駄なリロードを増やさないのも、含まれると思います。
いや~、奥が深い・・・。

さらには、無限スクロールも、時に止めたい場合もありまして。

その場合のストップボタンを表示するとかも、無駄なトラフィックを増やさないって概念からすると、サイトのリス無化ですね。
単にページ自体を軽くすることはもちろん、遷移を短くする、無駄のない遷移にする。

その為にも、まずは本を買って、インターネットの基盤部分を理解する事。

ブラウザの仕組みを理解するところから始めたいと思います。
サイトのスリム化、ホームページのダイエット。

世界中で行えば、半分とかになるかも知れませんね。

いや、動画がほとんどだと思おうので、それは無理か・・・。
ま、誰も気づかないけど、我が社のサイトはサクサクに。

そういえば、軽いよね・・・ってくらいに、見えない技術力。

そんなサイトを目指して、サクサクと勉強します!