~ストーリー 3~

★コラム★AMPストーリーを盛り上げるために、勝手にAMPストーリー活性化委員会を設立します!

2019/05/19 10:50:00
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
そうです、今泉兄、AMPストーリーが、このままだと、無くなってしまうと思うので・・・。

かなり危機感を感じております。

なぜって、まったく話題にならないから・・・。
AMP Conf 2019で、AMPストーリーだ!って、叫んだ方は、ざっと数十名程度。

その中で、実際に、AMPストーリーを作った方は、たぶん、数名。

これじゃ、無理ですよ、無理、AMPと比べると、圧倒的に数が足りません!
準備は整ったんですよ。

もちろん、そうなる事は予想できましたし、たぶん、過去のブログで語っていたとは思いますが。

まずは、AMPストーリーに必要な事、それは、ユーザの流入です。
いくら、AMPストーリーを作ったとしても、誰も見てくれなければ、作っていないのと同じ。

この世に無いのと同じなんですよ。

だからこそ、いずれ、検索結果の上位に出すな・・・と。
AMPストーリーのSEOの時代が来るな・・・と。

なので、今泉兄は、誰よりも、AMPストーリーの可能性を信じ、そして、誰も参入しない事もわかっていたので、あえて、逆張りをしたんですよ。

これは、スリムビューティーの会長に教えてもらった事なのですが。
同じ方向に進むと、ライバルとの差が、勝ち負けの基準になりますよね。

ところが、一人だけ逆に進むと、ライバルは逆方向に進んでいるので、自分だけすごい差になるんですよ。

その時点で、勝ちなんだと。
ま~、その逆の方向が正しかったり、正しい状態にもっていかないと、そもそも負けなのですが。

これは、感覚として、聞いてください。

逆に進めば、その時点で、ライバル達との差が、大きくなり、後から追い変えてきても逃げ切れるというお話しでして。
さらには、広告ですよ。

いくら、検索結果上位にAMPストーリーが紹介されても、収益が伴わないと、誰も作りません。

AMPストーリー自体が、収益に繋がる場合は、いいんですよ。
例えば、それこそ、ECサイトだったり。

一休さんのように、トラベルサイトだったり。

もしくは、そのものが商品というか、提供するサービスである、楽天レシピだったり。
ま~楽天レシピは、有料会員によるビジネスモデルなのかは、わかりませんが。

例え、違ったとしても、楽天市場への送客サイトと思えば、ぜんぜん、アリだと思うんですよ。

ところが、そうじゃないサイト、特に、今泉兄が目指している、無料サービスで、広告売上が収入源のサイトの場合。
広告を掲載できないと、特に今の時代だと、アドセンスなどのネットワーク広告を掲載できないと、AMPストーリーを作る意味がないというか、意味はあるのかもしれませんが。

なかなか、ハードルが高いな~と。

検索結果上位にでて、相当なアクセス数が期待できるならば、楽天レシピと同じように、広告が掲載できるHTML版だったり、AMP版に送客すればいいので、ありえるのですが。
現状は、この検索結果上位表示と、ネットワーク広告が、両方セットにならない限り、AMPストーリーは普及しないな~と。

そんな事は、誰でも、今泉兄くらいに、AMPストーリーの事を思い続ければ、想像できました。

そして、今回、やっと、この両方が整う!?、いや、検索結果上位掲載は、日本はまだでしたね。
という事で、鶏が先か、鶏肉が嫌いな今泉兄。

卵は食べられるようになりましたが、いまだに、鶏肉は、自宅だと食べません。

取引先の方との飲み会では、普通に食べますが、これは仕事だから食べるしかない、食べた方が良いという判断の元です。
でも、自ら食べには行きませんし、自ら注文する事はありません。

相手の事を思って、注文する事はあっても、好んで注文した事は、ありませんし、今後もありません。

それくらいに、ヒヨコを飼っていたのですが、それが鶏に進化しまして。
その結果、鶏肉も、卵も、食べられなくなりまして。

でも、卵は食べられるようになりましたので、鶏が先か卵が先かの答え。

そう、それは、卵が先です!
なので、まずは、成長した「鶏」という名の、検索結果の上位にAMPストーリーの専用コーナー「VISUAL STORIES」が日本対応したり。

AMPストーリー用のネットワーク広告が登場するよりも先に。

その前の段階である「卵」という名の、AMPストーリー自体が生まれないと、何も始まらないのではないでしょうか?
特定のキーワードで検索した結果だけですが、世界のAMPストーリーの数も、まったくでしたよ。

もちろん、日本は、実験的に作ったAMPストーリーを含めても、10サイトもないんじゃないですかね!?

今泉兄が、探しきれていないだけかもしれませんが。
しかも、これは、数にカウントしてはダメだと思いますが、この今泉兄のブログは、自動的にAMP版と共に、AMPストーリー版が生成されるのですが。

この今泉兄のブログのAMPストーリー版が、多分、世界でトップですよ、画像無し、動画無しの、テキストだけのAMPストーリーが。

本来の使い方ではない、このAMPストーリーが一番だなんて、ダメですよ!
なので、ここに宣言します!

今泉兄、勝手にですが、非公認のAMPストーリー活性化委員会を、設立します!

公認って、誰に公認してもらうのかも、わかりませんが・・・。
Googleですかね?

いや、最近URLが変わった、AMP.devですかね。

AMPデブって、まさに、今泉兄の事じゃないですか!?
あ、AMPデブは、AMPのように軽量化を目指している、AMPの事が大好きなデブの事、そう、今泉兄の事です!

あ、.devは、デブ向けのドメインじゃなくて、デベロッパー向けのドメインなんですね。

そして、みんな同じ事を考えるんですね。
今泉兄のように、痩せたいデブの方、yasetai.dev にアクセスしてみてください!

ちゃんとSSL対応していて、手を抜いていないところが、好きです。

よし、筋トレするぞ!
あ、AMP Open Source Projectに公認してもらう事を、まずは目標にしましょう!

公認されたら、「勝手にAMPストーリー活性化委員会(非公認)」から、余計な文字が取れた「【公認】AMPストーリー活性化委員会」になるという事で。

早速、勝手にAMPストーリー活性化委員会(非公認)のコーナーを作って、会員を募集したいと思います。
きっと、このまま、会員番号1番の今泉兄だけで、AMPストーリーと共に、幕を閉じる事になるでしょう。

そうならない為にも、皆さんの勇気ある行動が必要です!

AMPストーリーを愛し、AMPストーリーから愛され、AMPストーリーだらけの世界にしましょう!
もう、検索結果全てを、AMPストーリーで埋め尽くしましょう!

AMPストーリー以外は、検索結果上位に出ないぞ!って、騒がれるくらいに。

え、まだAMPストーリー初めてないの!?って、そこら中で話題になるように。
AMPストーリー・ファースト。

AMPストリートファイター、あ、これは商標的にアウトなので、撤回。

何しろ、AMPストーリーの普及、そして、活性化を目指しましょう!
ではでは、まだ、案ですが、こんな感じの委員会にしようと思いますので、興味のある方は、ご覧ください。

いや、興味がなくても、ここまで読んだので、この際、ご覧いただきましょう。

そう、「勝手にAMPストーリー活性化委員会(非公認)」は、皆さんの力が必要なのです!
とりあずず、重要な会費から。

月に1回の会合に参加する場合だけ徴収という事で、最大で月に5,000円くらいですかね。

参加できない場合は、無料という事で。
ただ、無料にすると、まったくAMPストーリーの事がわからなかったり、ま~、わからなくてもいいのですが。

冷やかしとかもあるかと思いますし、いやいや、冷やかしでも反応してくれたら、それだけでもうれしいのですが。

万が一、後に、どれくらいの人数がいるんですか!?って聞かれた際に、意味のない人数を発表するのも何ですので。
後で法律とかは調べますが、とりあえず、入会金は発生させましょう。

2019年なので、2019円という事で。

毎年1円ずつ、値上げするので、早めに入った方が、お得です!
続いては、オフ会というか、会合ですが。

最多でも、月に1回という感じで。

盛り下がったり、ネタが無ければ、四半期に1回とか、半年とか、年に1回になるかも。
ま~、年に1回、AMP Confの日に、どこかで集まって、AMP Confの裏番組的な活動でもいいかもしれませんね。

って、これじゃ、単なるAMPストーリー同士の会じゃないですか!?

内輪で盛り上がっても、活性化には繋がらないですよ!
なので、やりましょう、月1回のコンパを。

あ、コンパじゃないか、飲み会を!

あ、飲み会じゃないですね、ちゃんとゲストスピーカーをお呼びして、AMPストーリーの極意というか、AMPストーリーを語ってもらいましょう!
たぶん、この世に、何人かはいるとは思いますので・・・。

海外からのゲストだと、1回の会費、高くなりそうなので、ゲストは都内限定で・・・。

あ、地方の会員の方は、わざわざ、このイベントに参加するのは大変だと思うので、会場から今泉兄が電話しますので、適当に会話しましょう!
後は、オンラインで、サロンとかしましょうかね?

でも、実は、オンラインサロンの事、まったく知りませんし。

有益なAMPストーリーの事、語れませんので・・・。
まずは、月1回なのかは、わかりませんが、オフ会という事で。

そこで、いろいろとみんなでディスカッションして、どうやってAMPストーリーを盛り上げていくか、そこから始めましょう。

初めは、ゲストスピーカーは無理かもしれませんので、自己紹介して、AMPストーリー愛を語ってもらい、和気あいあいと、飲み会から・・・。
そうそう、入会条件ですが、特に、AMPストーリーを作っていないとダメ!とかは、無いので。

そんな事したら、誰も入会できませんので。

AMPストーリーを作っている方はもちろん、AMPストーリーをこれから作ろうと思っている方、今後の予定は無いがAMPストーリーに興味のある方。
さらには、AMPストーリーの事自体は、これから学ぶとして、何かこういった活動に参加してみたい方。

IT業界じゃなくてもOKですよ!

ホームページを誰でも作れるように、AMPストーリーだって誰でも作れますので。
そうそう、今泉兄は、これからAMPストーリーを熟知する予定ですし、日々進化していくと思いますので。

みんなで、情報共有しましょう!

分からない事は、みんなに質問して、わかる人が回答して。
後は、「勝手にAMPストーリー活性化委員会(非公認)」は、我が社デジタルストリート内に設置し、ちゃんとビジネスも考えますので。

収益は、うまく、会員の皆さんに還元できる仕組みを作りますが。

といっても、単に、飲み会の一部を、この収益で賄う程度だと思いますが・・・。
なので、会員の皆さんも、うまくビジネスに結びつけてください。

この辺のルールは、緩くしようと思いますので。

例えば、会員の皆さん同士で、AMPストーリーの受注・発注とか。
特に、AMPストーリーは、デザインやアニメーションのセンスが必要なので。

仮に、フリーのデザイナーさんやクリエイターの方が会員になったとして。

仮に、自社のサイトで、何かしらのAMPストーリーを公開したいと思っている、企業の方がいたとして。
意気投合して、その企業の方が、クリエイターの方に、AMPストーリーのデザインやアニメーションを発注したり、監修してもらう、などなど。

そんなビジネスの出会いの場とかになれば、まさに、活性化じゃないですか!?

そして、そのまま、ゴールインとかでもいいですよ。
そしたら、AMPストーリーをフル活用した、結婚式にしましょう!

会員の皆さんも出席して、二人の誕生から、プロポーズまでのストーリーを、AMPストーリーで表現する。

これが、二人のハッピーAMPストーリーって事で。
何しろ、AMPストーリーの活性化に繋がるなら、基本、OKにしたいですね。

もちろん、最低限のルールは、作るとしても。

この辺、まだまだ不勉強なので、委員会とか作った事がないので、この後、ちゃんと調べて、サイトを作ります!
場合によっては、月額会費って事になるかもしれませんが。

会費以上の感動を作りたいと思います!

って、AMPストーリーの活性化が目的でした・・・。