~ストーリー 4~

★コラム★流行にのれる人、のれない人で、こんなにも違う人生とは!?

2019/01/13 10:38:00
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
まずは、なぜ、一人1億円構想を目標にするのか・・・というお話しから。

年明け、ふと、エゴサーチをしたんですよ、今泉兄と、今泉兄弟と、今泉隆照で。

ちなみに、「今泉兄」で検索すると、アイドルの今泉って子のお兄さんの情報に埋もれてしまうので、今泉兄弟や今泉隆照で検索する必要が出てきたんですよ。
そしら、なんと、削除したと思った、過去のツイートが、検索されるじゃないですか!?

ま~、一度公開した内容なので、そのままでもよかったのですが、なんとなく、嫌じゃないですか、過去のツイートだけ残っていて、最近はまったくツイートしていないので。

そこで、削除方法を探して、削除したんですよ。
皆さんも、気を付けてくださいね。

自分のツイートにはカウントされていないけど、残っているツイートがありますので。

削除したと思ったツイートが、実はアクセス可能だったりしますので、一度、検索方法を調べて、試してみてください。
で、削除したんですよ、説明にあったように、期間を指定して検索したところ、20個くらい、ツイートが残っていたので、削除しました。

そして、ついでに、最近のツイートも、といっても、半年とか1年くらい前のツイートですが。

全て削除で、これでスッキリです。
ところが、その直後に、例の100人に100万円のお年玉ですよ!

当たるはずは無いと思っても、買わなければ当たらない宝くじ。

応募しなければ、当たらない、100万円のお年玉。
よし、MZ氏をフォローして、リツイートして、100万円を夢見るぞ!って、おもったんですけどね。

しかし、過去のツイートを削除したばかり。

さらに、今泉兄、デジスト社のアカウントしか、フォローしていないんですよ。
で、アホっぽいじゃないですか!?

フォローがMZ氏だけで、しかもツイートが、100万円のお年玉だけだって状態は。

さらに、今泉兄のTwitter、例の元欅坂46のメンバーの今泉佑唯って子のお兄さんだと、勘違いされる時があるんですよ。
となると、MZ氏だけのフォローで、お年玉だけのリツイートの場合。

今泉兄のダメっぷりが、今泉佑唯って子のファンに伝わってしまう・・・。

いや~、ツイート削除したタイミング、悪すぎ・・・。
かといって、それをごまかすために、ツイートしまくったり、フォローを増やすとしますよ。

そうなると、このバカっぷりを、自ら広める事になるじゃないですか!?

知り合いをフォローした際に、あ、今泉兄、MZ氏フォローして、お年玉をはじめにRTしている・・・と。
違うんですよ、単に、過去のツイート削除して、フォローも、Twitterの連携テストで一度ゼロにしたんですよ!って言い訳するのも、さらにみっともないですし。

かといって、100万円ほしいです!生活費に充てたいです!って素直に言っても、それなりのオヤジ年齢なので、カッコ悪いじゃないですか!?

買いましたよ、もちろん、年明けに、たくさん買いましたよ。
ボロボロのバッグが、さすがに恥ずかしくなったので、おニューのバッグにしましたよ。

パンツも、パーカーも、ユニクロから、無印良品にバージョンアップといっていいのかわかりませんが・・・。

パンツは4枚、パーカーは同じのを2枚ゲットです。
少し前に、靴下だって、4足買い換えましたよ。

さらには、靴だって、同じの2足の予定が、サイズがなかったので、ひとつはセール品で、ひとつは定価でゲットです。

これまた、すべて無印良品、そう、今泉兄は、ムジルシラーですって、無印良品はMUJIラーって言うんですね。
そう、今泉兄の生活レベルは、この程度で、ブランド物なんて持っていません・・・。

なので、100万円がすっごく欲しい・・・。

欲しかったんですけど、恥ずかしさに負けました・・・。
で、ここから、もう一つの流行りに乗りおくれた話しなのですが。

そうですよ、PayPayです。

ちゃんとインストールして、500円ゲット。
さらには、自宅のテレビが、もう、小さくて、小さくて。

リモコンも壊れ気味なので、さすがに、大きなテレビにしよう!って思っていたのですよ。

もちろん、ビッグカメラで、PayPayで、20%還元ですよ。
ところが、気づいたら、キャンペーン終了・・・。

もう、悔しくて、悔しくて、PayPayの500円、いまだに使ってないですからね。

第二弾も当面なさそうなので、このまま待機ですよ、待機。
さすがに、テレビはもう限界なので、仕方ないので、買っちゃいますけどね。

今の相場を知りませんが、例えば20万円だとして、PayPayのキャンペーンだったら、20%還元として、4万円損した気分です。

さらに、100万円お年玉ももらっていたとして、この時点で104万円の損ですよ!
という事で、流行に乗り遅れると、こんなに人生が変わるんですね・・・。

そうそう、仮想通貨だって、一切、買わずに、流行りが終了じゃないですか!?

例えば、20万円の時にビットコインを買っていたとして、200万円で売っていれば、180万円ゲットじゃないですか!?
ピーク時に売れなかったとしても、少しは税金で消えたとしても、100万円くらいは儲かったかと。

やはり、流行には乗るべきですね。

この波に乗れないのは、ほんと、損ですよ、人生損だらけ。
他にも、年末年始に、何かありましたっけ?

流行りというか、流行。

あ、年末年始じゃないですけど、SNSの波にも、まったく乗ってませんよ、今泉兄は。
Twitterはもちろん、インスタもやってませんし、YouTuberにだって、なっていません。

で、何でしたっけ、チクタックでしたっけ、あの動画のアプリ。

あ、TikTokは、ティックトックって言うんですね。
このTikTokって、数回見かけただけで、実態は分かっていませんからね。

さらには、LINEもまったくやっていません!

Facebookも放置していますし、NO SOCIAL NO LIFEですよって、意味が逆ですかね。
今泉兄の人生に、SNSは無し!って事です!

というのは冗談で、ソーシャルは使うのではなく、作るのです!

だから、あまり他のサービスに影響されないように、できる限り、避けております。
ただ、ビジネスでは、どうしても必要な時があるので、その場合は、使ってますよ。

各サービスとの連携だったり、ソーシャルログインだったり。

なので、定期的にテストする際に、フォローしていただいていると迷惑になるので、フォロー解除を行っている事で、フォローもフォロワーゼロなんですよね・・・。
近い将来、デジスト社で、画期的なソーシャルサービスを作りますので、お待ちください。

その時は、もちろん、QRコード決済機能を搭載しますので。

このQRコード決済ですが、こんな機能だったりします。
まずは、名称から行きましょう。

今泉兄が考えたので、兄Payという事で、アニペイ。

パクリじゃないですよ、アリペイのパクリなんかでは、ありません!
たまたま、今泉兄なので、アニペイ。

アニメの決済に特化したとかでもなく、単に今泉兄が考案したので、アニペイ。

AniPayと書いて、アニペイです。
でも、なんだか、これだと普及しなそうなので、別の名称にしましょう。

そうですね、サービスというか、使われるシーンから考えましょう。

実は、今泉兄が考えているQRコード決済は、チップにも使えるQRコード決済なんですよ。
調べたところ、同じような、ホームページにチップを渡せるサービスがあり、QRコードにも対応しているので、そのサービスに近いかもしれません。

でも、仮にアニペイと呼びますが、アニペイは、ホームページやソーシャルのアカウントをもっていなくてもOKです。

お店が導入する事で、働いているスタッフにチップをQRコードで渡す事を可能にし、スタッフへのチップの受け渡しは、お店から支給される給料に追加されるイメージです。
そうしないと、税金とか、面倒ですので。

もちろん、個人にも対応。

個人の場合でも、お店の許可が必要だと思いますが、個人がチップを受け取る仕組みにもします。
さらに調べたところ、中国のお店や、日本や海外のお店でも、似たように、同じようにQRコードでチップを渡せる仕組みというか、QRコードを読み取ってのチップを実施している事例がありましたね。

ビットコインで渡す事例も、いくつかありますね。

この仕組みを、ソリューションとして、提供する事を考えています。
胸にQRコードを付けるだけ。

もしくは、昔、企画して、実施できなかった、例のQRコードのシールですよ。

海の家とかだと、そのまま日焼けすれば、ひと夏は、QRシールを貼らなくてもOKですね。
この胸にあるQRコードをスキャンして、チップを渡せる仕組み、チップを受け取る仕組みを考えています。

胸という事で、パイペイにしましょう!

いや、もう、この際、パイパイにしちゃいましょう!
初めのパイは、胸という事で・・・。

次のパイは、配るという事で、配って事で、パイ。

結果、パイパイです!
チップも渡せるQRコード決済システム、パイパイ。

はい、アウト!

完全に、加盟店が増えません!!!
え~、年末に46歳にもなってしまった、オヤジが発する言葉ではありませんね。

これ以上、ネーミングを考えると、違う方向になってしまい、違う検索キーワードで表示されそうなので、終了。

結果、ネーミングは、そのまま、デジストパイ、じゃなくて、デジストペイになる事でしょう・・・。
さらに略して、デジペイとかになるとは思いますが、デジはよく使われるので、ほかにもありそうなので、デジストパイにしておきましょう。

って、また、パイって言っちゃったじゃないですか!?

恐るべし、パイの力・・・。
10回クイズ~。

デジストペイって10回言って。

デジストペイ、デジストペイ、デジストペイ、デジストペイ、デジストペイ、デジストペイ、デジストペイ、デジストペイ、デジストペイ、デジストペイ。
デジタルストリート社のQRコード決済システムの名称は?

デジストパイ。

はい、もう、抜け出せません!
ちなみに、初めから、QRコードでチップをやり取りするサービスにはしませんので。

これ、個人間送金とかで、いろいろと免許とか、申請とか、法的にクリアーしないといけないような気もしますので。

勉強不足なので、こんな事を考えています。
それが、単なるポイントのプレゼント。

デジストポイントは、初めは、単なるポイントで、デジスト内で、デジタルコンテンツをゲットする為のポイントにしようと思います。

そこで、デジストポイントをチップとして渡せるサービスにしようと思うんですよ。
実際は、価値が変動するポイントである、デジストーンをチップとして渡せる仕組みにしようと思うのですが。

貯まったデジストーンを渡すのも、何か違うな・・・と。

せっかく、デジストにアクセスして貯まったポイントを、人は、第三者にチップとして、プレゼントするのだろうかと。
そこで考えまくった結論なのですが、チップとして渡すデジストーンは、毎日、デジストから支給する事にしたんですよ。

自分で貯めたデジストーンをチップにするのではなく、毎日、例えば100デジストーン、チップ用に使えるんですよ。

そうする事で、月に3000デジストーン、誰かにチップとして渡せる事になります。
このチップの賞味期限は1ヶ月。

1ヶ月貯めて、一人に3000デジストーンあげてもいいですし、毎日100ストーンずつ、その日にあげてもいいですし。

チップをあげなければ、消滅しますが、元々、自分が貯めたデジストーンじゃないので、痛くもかゆくもありません。
というか、アクセスするだけで貯まるデジストーンも、無料でもらえるので、もしかしたら、貯めたデジストーンを渡せる機能でもいいのかもしれませんけどね。

ただ、これまた、解釈の問題で、個人間送金の問題もあるので、あえて、当面の間は、デジストが支給する・・・って事にしたいと思います。

で、もっとチップをあげたい!って人もいるかと思いますし。
そもそも、そのポイントの原資が必要だったりします。

これは、デジストの広告売上の一部を原資にするので、クリアーしていると言えば、クリアーしているのですが。

それでも、このデジストパイじゃなくて、デジストペイによるチップを普及させるには、ある程度の、原資が必要です。
後に、いろいろな事がクリアーした場合は、他のポイントや、それこそ、PayPayなど、その時点で普及しているQRコード決済に交換できる仕組みも考えていますので。

なので、原資を確保しないといけません。

そこで、会員化なんですよ、デジストファンクラブを作って、ワンコインの会員化を行います。
500円の会費で、まずは、毎日支給されるチップ用のデジストーンが、なんと5倍の500デジストーンに。

月に15000デジストーン、チップを渡せる事になります。

デジストーンの価値は、やってみないとわかりませんが、ま~、1デジストーン0.01円相当の価値くらいになるように、計画していますので。
500円の会費で、ある意味、150円相当のチップを渡せる仕組みです。

さらには、プレミアム会員は、6倍の3000円という事で。

もちろん、一日に支給されるチップ用のデジストーンが毎日3000デジストーンに。
月に9万デジストーンも、チップを渡せるようになります。

といっても、価値としては、たぶん900円程度に落ち着くと思いますが・・・。

でも、ここからなんですよ、面白いところは。
算数が得意な人はお分かりだと思いますが、会費の30%が、ポイントの原資になるんですよ。

さらに、デジストの広告売上や、あらゆる売り上げの30%が、ポイントの原資になります。

という事は・・・。
受託開発ビジネスが、さらに軌道にのった場合。

デジスト社の場合、例えば、初期開発費が3000万円の場合、月々の保守は開発費の2%、60万円なんですよ。

この場合、なんと、この売上の30%も、ポイントの原資にしてしまおう作戦を考えています。
そうすると、納品が完了した時点で、ポイントの原資が900万円増額に。

その後は、毎月18万円が、ポイントの原資に追加されます。

これは、もちろん、一部の原資ですので。
いくつかの受託開発があるので、毎月、勝手に、ポイントの原資が増えるんですよ。

さらには、例えば、広告売上が月に800万円あったとします。

これは、以前、デジスト社で達成した事がある金額なので、できない事は無いと思います。
この場合、毎月、ポイントの原資が240万円増えるんですよ。

さらには、さらには、デジストーンをデジスト内で使った場合。

これまた、売り上げの30%がポイントに還元されますので。
例えば、アバターとか、アバターのアイテムとか。

仮想空間、できれば3DとかVRの仮想空間にしていくので、デジタルコンテンツは売れまくるはず。

その売り上げの30%がポイントの原資になるので、いや~、1デジストーン、0.01円相当どころか、0.02円相当くらいに、化けるんじゃないですかね!?
はい、妄想日記終了。

仮想日記終了。

でも、やってみたいサービスです。
あ、チップですよ、価値は無いけど、チップを渡す文化。

実は、QRコード決済を普及させる、一番の方法かもしれません。

無料で支給されるチップ。
それを、2020年、インバウンドで、海外の人はもちろん、日本の人達もみんな。

良い事してくれた人に、チップを渡す文化。

そんな映画、ありましたね、リアルいいね!を渡す、あれ、海外ドラマでしたっけ?
あ、ネットフリックスのオリジナルドラマ?

オムニバスのストーリーでしたっけ?

ま、いいや、その辺は、別のブログというか、映画やドラマ紹介のサービスで、深堀するという事で。
で、次は流行りに乗っかろうと思うので、お年玉の話しに戻りますが、たぶん、MZ氏の事なので、第二弾のお年玉は、こんな企画になるんですよ。

まずは、前回と同じ、100人に100万円で、1億円。

続いて、10人に1000万円で、1億円。
そして、1人に1億円で、1億円。

総額、3億円のお年玉企画になるかと。

時期的には、お年玉ではなく、お小遣い企画かもしれませんね。
春なのか、夏なのか。

でも、やはり、タイミング的には、4月の新年度のスタートラインじゃないですかね。

そして、これは、ZOZOとは切り離して、毎年定例で、個人行事にするのではないかと。
さらには、別の団体というか、有志なのか、チームを結成して。

個人で、そこに資金を出して、お年玉や、お小遣いを渡した人たちを、応援するサイトを作る。

ブログやTwitter、インスタ、YouTubeなどを使って、夢が叶うまでを取材して、レポートする。
もちろん、毎年100人もいれば、途中で断念する人もいるとは思いますが。

夢を諦めるという事は、新たな夢の始まりなので。

それもまた、夢のストーリーとしては、必要なレポートだったりするんですよ、きっと。
夢を諦めた人を見る事で、生まれる夢もあり、別の夢が生まれる事もあり。

でも、諦めない事。

その夢を諦めないという事ではなく、夢を持つ事を、いくつになっても、諦めない事。
そして、クラウドファンディングの機能も導入して、さらに資金が必要な人を、みんなで応援する。

そうする事で、夢って叶うよねって、みんなが感じる事ができる。

毎日夢に接する事ができる。
だからこそ、夢を諦めない為に、毎日、星空を見上げて、夢を感じる為に。

月に「夢」って文字を刻もう!って。

実際は、月に行くわけじゃなく、月の近くを通るだけだけど。
月に「夢」って文字を書けるロボットを、月の近くに行った宇宙船から発射して、ロボットが月に「夢」って文字を書くくらいは、できるかも。

一応、「夢」の他、英語で「DREAM」とか、いくつかの言葉で、月に夢を描く。

地球から、肉眼では確認できないとしても、超でかい双眼鏡なら確認できると思いますし。
例え、肉眼では確認できないとしても、そこに「夢」という文字があるという事が、重要で。

例え、叶わないとわかっていても、それが夢ならば、諦めないという事も、重要で。

だから、見えなくても、月に「夢」という文字を描き、毎日、夢を感じられるようにする事。
MZ氏には、会った事もありませんし、知り合いでもなんでもなく、ZOZOいいな~って、ZOZOになりたいな~って、思うだけですが。

彼のニュースを見ただけで、勝手に想像しただけですが。

きっと、そんな事を実現できる一人なんじゃないかと。
って、全部、99人のたまご達の企画じゃないですか!?

いや~、第二弾1億円だったら、この想いが届かないかもしれませんが、フォローして、リツイートしよっと。

という事で、その時、恥ずかしくないように、万が一、このブログを見て、よし、今泉兄のサクラになるか!って思ってくれた方。
今の今まで、一切、Twitterでフォロワーを増やそうと行動に出た事はなかったような・・・。

そんな今泉兄が、1億円ゲットする為に、フォロワー募集!

怖っ!!!
未知の世界ですが、ま~、そうですね~、目標99人。

無理だ・・・、今の知名度だと、9人も無理だ・・・。

でも、一人くらいは、フォローしてくれるかもしれませんので、書いておきましょう。
万が一、このブログを見て、フォロワーが一人だけでも増えたら、やりましょう。

今泉兄の夢応援プロジェクト、99人のたまご達、今さらですが、その時、復活です!

という感じで、よろしかったでしょうか。