~ストーリー 2~

★コラム★AMPストーリーを作ってみて感じた、たった一つの大切な事とは!?

2018/08/26 03:22:00
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
え~、AMPストーリーを、いくつか作って、わかりましたよ。

それはそのまま、AMPストーリーが流行らない理由でもありますし。

この重要な、大切な事がクリアーできれば、もしかしたら、AMPストーリーは、流行るかもしれません。
では、発表します!

AMPストーリーを作ってみて感じた、たった一つの大切な事。

それは・・・。
センスです・・・。

今泉兄が逆立ちしても、寝転んでも、まったく出てこない、そう、それがセンス。

AMPストーリーには、センスがとっても重要です!
写真が無くてもいいんですよ。

テキストと、背景の色と、これだけでも、センスのある人は、素晴らしいAMPストーリーを作る事が出来るかと思います。

アニメーションも使えるので、写真や動画がなくなって、いろいろ表現できます。
しかし・・・。

今泉兄には、このセンスという、得体のしれないモノが無い・・・。

生まれた時から備わっていないですし、現在も装備できておりません!
勉強しても、努力しても、絶対に取得できないモノ、それが今泉兄にとっては、センスなのです!

終了・・・。

AMPストーリーで天下を取る事、無理・・・。
クリエイティブな事だけが、どうも、苦手でして・・・。

答えが無限にあるコト、それだけは、今泉兄、向いていません。

向いていないというか、その方向を向く事が出来ません・・・。
どうしよう・・・。

非常に困りました。

誰か、センスのあるデザイナーさんとか、クリエイターさんとか、一緒にやりませんかね!?
AMPストーリーのテンプレートをたくさん作って、後は、選んでテキストを入れるだけのAMPストーリー作成サービスを。

写真や動画は、自由に貼れて、アニメーションも簡単に設置できて。

でも、ある程度のひな形は、元から用意しておいて、後は選ぶか、ランダムに設定するだけ。
そしたら、どんな文章も、カッコ良く・・・。

写真も、皆さんから募集しちゃおうかな・・・。

AMPストーリー用に、写真と、それこそハッシュタグをつけてもらって、テキストの内容から、自動的に写真が選ばれる仕組みとか。
読みやすいんですよ、縦にスクロールするより、タップして、横に紙芝居のように、ページがめくれる方が。

目線が動かない分、目も疲れないと思いますし、って、試しに、今泉兄のAMPストーリー化したブログを読んでもらった方が、言ってましたので。

これ、当たっていると思いますよ、というか、試しに読んでくれた本人がそう言っていたので、信じましょう。
なので、足りないのは、センス。

そして、写真と動画。

試しに、フリーの素材集を背景にしただけで、今泉兄のブログ、100倍、カッコ良くなりましたので。
これからの時代、たぶん、こんな世界になるのだと。

体験ですよ、ブログも体験。

背景写真があるだけで、奥行きが生まれ、表現が素晴らしくなりますので。
さすがに、グレイテスト・ショーマンの写真などを使うのは、著作権的にアウトだとは思いますが。

映画会社とタッグを組んで、映画のレビューを語る際に、背景画像や、イメージ写真として、加工しなければ利用してOK!とか。

タイアップできると思うんですよね、デジスト内で使われるだけなので、完全に制御できますし、何なら、期間限定での利用でもいいですし。
いや~、センスと素材が欲しい・・・。

あ、素材も必要なので、たった一つではなく、二つになってますが・・・。

ま~、素材もセンスの一部という事で。
なので、素材が元々あるコンテンツとか、センスが必要なく、最低限のテンプレートで済むコンテンツは、意外と、AMPストーリー化が簡単だと思います。

むしろ、あまり自由にしてはいけないコンテンツなど、束縛があるコンテンツは、センスが無くても作れそうです。

しかし、これだけだと、広がりませんので。
やはり、センスを取り入れましょう。

よし、努力しても無理ですし、勉強しても無理ですが、協力してくれる仲間はいませんので。

やりましょう、無理は当然ですが、この世には、ラッキーな事に、先人のデザインテンプレートが多々ありますので。
そのテンプレートを元に、必死に、センスを磨きます!

まずは、オマージュから、あ、パクリではないですよ、あくまでも法則やパターンを見つけ、オマージュから初めてみます。

パワーポイントのアニメーションのテンプレートとか、そろそろ時代が終わりそうなFlashのテンプレートとか。
過去の作品を見まくって、AMPストーリーでも使えそうな動きとか、デザインとか、テンプレートとか。

その辺を吸収しまくって、AMPストーリー、特に縦型のディスプレイにあった、ひな形を作ってみます!

超シンプルになるとは思いますが・・・。
そんな時、電車の中で目に入ったのが、ONE MEDIA。

ONE MEDIAの人達とタッグを組んで、やってみたいな・・・。

ま~、今泉兄とは真逆の世界の人達なので、無理だと思うので、ONE MEDIAを観まくって、センスとやらを研究してみます。
こんな感じですよ、今泉兄のブログは、ひとつの記事で、合計150ページもありますので。

4分割したとしても、30~40ページになりますので。

まずは数学的に、例えば、色と配置で、7色×7配置で、49通りのテンプレートができますので。
この方法で、武器を手に入れてみます。

後で、AMPストーリーのテンプレート自体を差替える事は可能だと思うので、とりあえず、この辺から。

写真は、フリーの素材か、さっそく、縦型の写真を募集してみます!
これまた昔、投稿写真コーナーも運営していたので、ノウハウはありますので。

あちら側の画像は、今回は無しにして、AMPストーリーで使える写真だけ、集めてみます!

集まらなければ、今泉兄がiPhoneで撮影してきますよ!
そのためにも、まずは、今泉兄のブログをAMPストーリーにします!

AMPストーリーを作ってみて、AMPストーリーを作るには、センスが重要な事を感じました。

なので、無理でも立ち向かってみますよ、そうしないと、何も始まりませんので。
センスがあれば、AMPストーリーではなくても、似たような表現方法はいくらでもできると思います。

その中から、AMPストーリーを選ぶ必要性は、まだ無いんだと思います。

仕様も、まだ成長段階ですし、AMPストーリー専門のエンジニアもいませんし、必要とされていませんので。
ただ、なぜ、Googleが、AMPストーリーを発表したのか。

今泉兄は、そこに何かを感じているからこそ、AMPストーリーを目指しているのかもしれません。

AMPストーリーを作ってみて感じた、たった一つの大切な事。
それは、Googleであり、さらに細かく言うと、検索エンジンです。

という事で、今日は、この後、大きな作業が残っておりますので、この辺で終了。

その大きな作業に関しては、最後の夢の報告で語らせていただきます!