~ストーリー 1~

★開発日記★AMPストーリーの作り方は、とっても簡単。写真とテキストだけあれば、誰でも作れます!

2018/08/26 03:22:00
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
え~、お待たせしました、遂に、このブログですが、AMPストーリーにしたんですよ!

って、前回のブログで、ご報告しましたっけ?

あれ、どうでしたっけ、少し時間が空いたので、忘れてしまいましたが・・・。
なんと、あっという間に、このブログをAMPストーリーに変換しまして。

AMP版を作るよりも先に、AMPストーリー版が完成したんですよ!

あ、完成はしてませんね、とりあえずデモ版が完成という事で。
とっても簡単でしたよ、すごく簡単です。

AMPストーリーのひな形をゲットして、テキストを差替え、色を変更するだけ。

写真を入れたい場合は、写真を差替えるだけで、あっという間に、AMPストーリーを作れましたよ。
そこで、気づいたんですよ、すごい事に気づきました。

そうです、今泉兄のブログ、長くて、AMPストーリーには、向いていない!

はい、今日のお題、終了です・・・。
と、言いたいところなのですが、これは、本日のブログのタイトルである、AMPストーリーを作ってみて感じた、たった一つの大切な事ではございません。

今泉兄のブログにとっては大切な事かもしれませんが・・・。

後に、何を間違えたか、AMPストーリーを作ろうと思ってしまった方々には、関係ない事ですので。
で、何に気づいたかというと、なんと、今泉兄のブログは長いので、AMPストーリーにすると、150ページくらい、あるんですよ!!!!

3行毎に1ページにしたのですが、1ページにこれ以上の文章を入れると、文字を小さくしないといけませんので。

となると、今泉兄のブログのように、文章中心で長文のブログには、AMPストーリーは向いていないという事でして。
終了。

このブログをAMPストーリーにするの、撤回。

しかも、写真も無く、文字だけのブログなので、AMPストーリーにしても、面白くも何ともありませんでしたので。
ところが、これで終わりにしたら、今までの努力が水の泡に。

たいして努力はしていないので、実際は、泡すら発生していませんけどね。

そこで、考えたんですよ、年末には46歳になるので、自分が発言した言葉には、そろそろ責任を持とうかと思いまして、今さらですが。
何かというと、冒頭でもお伝えしたように、ブログの分割ですよ、分割。

元々、毎回、3部構成くらいで語っていたのですが、後に、これを、各章の話題ごとに、分ける仕組みを構築するんですよ。

こんな感じですので、感じ取ってください。
Twitterって、人が中心じゃないですか!?

誰が語っているのかが重要でして、気になる人をフォローする文化。

そこに、共通の話題の場合の印として、時に、ハッシュタグをつける。
これで、共通の話題にアクセスしやすくしていますよね。

検索機能もありますが、ハッシュタグはリンクされているので、素早く、同じ話題のツイートを見る事が可能。

この便利なフォローと、ハッシュタグが、ミニブログの世界で、ツイッターを有名にしたんだと思います。はい。
ところが・・・。

今泉兄、違うんじゃないかと感じております。

あくまでも、個人的な見解ですが、すでに大人気のTwitterだからこそ、この機能が、逆に使いづらくしているんじゃないかと。
そこで、戻るんですよ、原始時代に。

ディレクトリ型ですよ、ディレクトリ型のミニブログですよ!

例えば、グレイテスト・ショーマンの事を語りたい場合は、グレイテスト・ショーマンのディレクトリに移動して語るんですよ!
AMPストーリーの事をつぶやきたい場合は、AMPストーリーのディレクトリに移動しないといけないんですよ!

つぶやいてから、ハッシュタグをつけるなんて、超便利な機能に頼ってはダメです!

ちゃんと、わざわざ、該当するディレクトリに移動しないといけないんですよ!
Twitterが便利な事で、人気になり、不便になった事の真逆ですよ。

不便な、デジタルストリート社の新サービス「DIGITAL STREET」、略してデジストのミニブログ機能というか、タイムライン機能ですが。

不便だけど、便利になり、人気になるんですよ、たぶんですが・・・。
簡単に説明すると、ツイッターは人が中心。

デジストは、コトなんですよ、コトが中心。

なんのコトを語るのか、どんなコトを語るのか、それが中心なので、まずは、ディレクトリの中から、該当するコトを探すんですよ。
後は、つぶやくだけ、語りまくるだけ。

もちろん、どんな人の発言なのか、ハンドル名はリンクしますので、その人のつぶやきや、語りを、まとめてみる事も可能。

ディレクトリを横断して、全てのつぶやきから、同じハッシュタグの発言を見る事も可能で、コレらはTwitterと同じ機能ですね。
しかし、基本、コトで、まとまっているので、そのディレクトリ内だけの、同じハッシュタグを見る事も可能なんですよ!

これ、どんな事なのかと、いいますと・・・。

例えば、グレイテスト・ショーマンの応援上映の発言を見たい場合。
「#グレイテスト・ショーマン」ってハッシュタグを見たとしますよ。

そしたら、ハッシュタグ「#グレイテスト・ショーマン」がついた、全てのつぶやきが、表示されちゃうんですよ!

もしくは、「#応援上映」ってハッシュタグを見ると、他の映画も含め、すべての応援上映のつぶやきが表示されちゃうんですよ。
かといって、「#グレイテスト・ショーマン応援上映」ってハッシュタグにしてくれ!ってルールを決めても、誰も守りませんし。

さらには、このハッシュタグとは別に、「#グレイテスト・ショーマン」と、「#応援上映」のハッシュタグも入れたい人がいると思いますし。

ハッシュタグをルール化する事は、現実的じゃないな~と。
ここで、もう一つの方法、「グレイテスト・ショーマン」と「応援上映」で、キーワード検索すればいいじゃないか!?ってツッコミがあるかと思いますが。

これ、実は、正解のようで、正解じゃないんですよ。

この場合、つぶやき自体に、この2つの単語が入っていないと、検索結果に出ないんですよ!
実際は、グレイテスト・ショーマンの応援上映の事を語っていても、この2つの単語がないと、キーワード検索の場合は、この話題として認められません!

さらに、キーワード検索の場合、逆に、この2つの単語が入っていると、検索結果に出ちゃいますので。

グレイテスト・ショーマンの応援上映以外の話題でも、例えば「グレイテスト・ショーマンの次に来るのは、このミュージカル映画ほにゃららだと思います!応援上映あるのかな?」というつぶやきも、検索結果に出てしまうのです!
なので、ディレクトリなんですよ、結局は、原始時代に戻って、ディレクトリ型が必要なんですよ!

「グレイテスト・ショーマン」のディレクトリの中の「応援上映」のディレクトリで語れば、余計なノイズが入ってきませんので。

いや~、便利ですよ、このミニブログが公開されれば、きっとツイッターを超えるサービスになる事、間違いナシです!
と言いたいところですが、そんな簡単に人気になるわけ、ないじゃないですか!?

過去の事は語っても仕方ないのですが、iモード専用検索サイトOH!NEW?だって、人気になるのに、3日もかかりましたので。

って、簡単に人気になったじゃないですか!?
というか、ツイッターよりも先に、やっていたんですよ!

我が社デジタルストリート社は、1999年3月にOH!NEW?を公開した直後、i特派員という、iモード片手に、みんなが、身近な街の特派員の記者だ!ってサービスを。

そのサービスを復活させるだけなんですけどね・・・。
もちろん、ディレクトリ型でしたよ。

なぜって、OH!NEW?の検索エンジンの仕組みを、そのまま活用しただけのサービスでしたので。

しかも、取材があった際に、検索以外に何かサービスは無いのか?って質問に、即興で答えた、ウソから出たマコトのサービスでして・・・。
いや~、電話取材の後に、今泉弟に、また適当な事を言ってしまった・・・と、謝りまして。

近日中に発売される、その書籍で、取材内容が紹介されてしまうので、速攻で、i特派員のサービスを作ってもらったという、なんというか、後付けサービスでして・・・。

ま~、たとえ流行らなくても、発案から20年経つ来年くらいには、復活したいと思います。はい。
でも、いいんですよ、流行らなくても。

今泉兄が必要だと思い、今泉兄が楽しめる場所になれば、それで満足です!

という事で、なんでしたっけ?
あ、そうそう、このように、この後、我が社の新サービス、デジストでは、コトを中心に語れる場を作ります。

そのコトを中心とした場であるタイムラインに、長文も投稿可能にします。

そうです、このタイムラインに、今泉兄のブログも投稿するんですよ。
各章ごとに、該当するディレクトリに移動して、投稿しまして。

でも、今泉兄のディレクトリに行けば、その日のブログをまとめてみる事も可能。

そんな事もあり、この仕組みというか、このサービスができるまでは、今泉兄のこのブログを分割する気はなかったのですが。
残念なことに、このブログのAMPストーリー版は、なんと、150ページにもなってしまったので・・・。

そんな時、画期的な方法を思いつきました!

1ページに表示する文字数を増やすと、老眼がかなりの速度で進行中の今泉兄には、読めませんでした。
かといって、フォントサイズをそのままに、改行を少なくして、1ページの文字数を増やすと、読みずらい・・・。

というより、今泉兄のブログは、この3行で一区切りにする事で、リズムを打っていますので。

このペースを、このリズムを、皆さんに感じてもらう必要があるんですよ、詳しくは、後日解説しますが。
そこで、ブログを分ける事にしました・・・。

まずは、冒頭の部分と各章の目次部分を、ひとつのAMPストーリーにする事に。

そして、各章ごとに、ひとつ一つのAMPストーリーに分割する事に。
これで、3部構成の場合は、冒頭と目次を含め、4つのAMPストーリーで展開する事にしました。

1つのAMPストーリーが30~40ページくらいになるので、ま~、これくらいなら、何とかなるでしょう。

いや~、画期的な方法と言いつつ、苦肉の策ですよ、本来は、ブログと同じく、ひとつのAMPストーリーで展開したかったのですが、150ページは多すぎでした。
という事で、すんなり、今泉兄のブログ、AMPストーリー化は、できそうです。

それはそのまま、AMP版も完成するという事で。

この後の作業ですが、構造化データをしっかり出力しまして。
後は、Amazonのリンクとか、画像系の出力を、AMPストーリー用、AMP用にカスタマイズしまして。

そうそう、YouTubeの動画も、同じように、AMPストーリー用、AMP用にカスタマイズが必要ですね。

あ、YouTubeの動画は、ジャスラックのレポートに対応するまでは、外部リンクにしないとダメでしたね。
そして、忘れてはいけない、ブログの中でチャット風の画面を表示して説明した事があったので、このAMP対応、AMPストーリー対応も必要でした。

この辺の作業が終われば、ついにAMPストーリー対応完了です!

この際、AMP版も、通常のHTML版も、4つに分けてしまおうかと思っています。
いずれ、コト毎に、分ける予定だったので、それもアリですね。

この辺は、もう少しシミュレーションして、メリット、デメリットを予想して、決めたいと思います。

ところが・・・。
いいんですよ、今泉兄のブログではなく、今、進めている、とあるコンテンツのAMPストーリー化は。

そのコンテンツは、いいんですよ、これは大丈夫です。

しかし、今泉兄のブログには、とっても重要な事が・・・、とっても大切な事が・・・。
それを、次の章で語ります!

そうです、今日の本題は、ココですよ!

このコトが重要、そうです、この世の物事は、全て、コトが重要なのです!