~ストーリー 2~

★コラム★AMPストーリーのSEO対策。AMPストーリーが検索結果に出ていたので、AMPストーリー化はSEO効果があるかも知れません!

2018/07/30 01:12:00
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
AMPストーリーのv1.0が公開され、Google検索結果にAMPストーリーが表示されているとの事。

早速、Google検索の地域や言語をアメリカ合衆国に切り替え、スマホで「washington post amp stories」と検索してみました。

すると、もちろん、表示されましたよ、検索結果の上位に、ワシントンポストのAMPストーリーが!?
しかも、サムネイルも一緒に表示されています。

サムネイルの右下に、AMPストーリーとわかるアイコンというか、印が。

さらには、サムネイルは、AMPストーリーの画面、スマホ画面のように、縦長ですね。
いや~、やはり、アメリカからスタートですよね、もちろんです。

そして、数日後、ふと、思ったんですよ、これって、もしかして、日本のGoogle検索結果にもAMPストーリーが掲載されるんじゃないかと。

そこで、調べましたよ、まずは、日本に存在しているAMPストーリーを。
初めにAMPストーリーの発表があった時に、日本の方々が、AMPストーリーを作っていたのは、確認していました。

そこで、改め、検索して探したのですが、たぶん、日本には5つのAMPストーリーが存在しています。

一人で3つのAMPストーリーを作っている人がいたので、合計3名、合計5つのAMPストーリーです。
で、各AMPストーリーに記載されているテキストと、「amp stories」で検索してみると・・・。

ビンゴ!です、ビンゴです!

なんと、日本の検索も、AMPストーリーに対応していて、ちゃんとGoogle検索結果にAMPストーリーが出るじゃないですか!?
しかも、Googleのキャッシュです。

サムネイルもアメリカと同じく、AMPストーリーのアイコンも表示されています。

いや~、すでに始まっているじゃないですか、AMPストーリーの世界が!?
という事で、本日は、もう、待っていられない、いや、誰も待っていない、AMPストーリーのSEOについて語ります!

きっとこうだろう・・・という予測の元、今泉兄、誰も必要としていない、AMPストーリーのSEOを紐解きます!

いずれ、まだ間に合う、AMPストーリーのSEOって本でも書きますよ、永遠に必要とされないので、自費出版で・・・。
ではでは、まずは、AMPストーリーを作ると、検索結果の上位にでるのか?ってところから。

これは、日本では、まだ事例が無いと思うので、やってみるしかありません!

シミュレーションすると、こういう感じになるかと思います。
通常のHTMLと、AMP HTMLで、同じ内容の場合、もちろん、これは、AMP版が上位に出ると思うんですよ。

このブログがAMP対応した場合に、確実な回答を発表できるのすが、経験からすると、これは当たっているかと。

では、AMPストーリーの場合は、どうなるのか・・・というと。
あ、通常のHTMLと、AMPストーリーが、同じ内容の場合ですよ。

たぶんですが、きっと、AMPストーリーの方が、上にくるとは思います。

しかも、サムネイル付きですから、これは、きっと、すごい事が起こるかと。
では、他のページと比べ、AMPストーリーが、上位にくるか・・・というと。

これまた、上位に出ますって、しかも、サムネイル付きですから!?

と、勝手に良い方に予想していますが・・・。
もう、これは、テストするしかありませんね。

という事で、緊急告知です!

このブログ、全部、AMPストーリー対応して、検索結果の上位にでるのか、調べます!
といっても長いので、どこまでAMPストーリーにするかは、考えモノですが。

ページからリンクする事が可能になったので、各章の上部だけAMPストーリーにして、HTML版にリンクですかね。

まずは、この辺からスタートしてみようと思います。
通常HTMLと、AMP HTMLと、AMPストーリー、どのパターンが検索結果上位に出るのか!?

場合によっては、AMP版と、AMPストーリーで、ダブルで上位にでるかも知れません。

もしくは、AMPストーリだけ、他のページよりも、上位になるかも!?
しかも、サムネイルがあるので、クリック率も上がるかも!?

いや~、今から、興奮ですよ、すごく興奮、ながーく興奮です。

もう、今から、作っちゃおうかな~ってくらいに、燃えそうです。
実は、ページからリンクが出来るかどうか、デモをダウンロードして、テストサーバには設置済み。

見事、動作しまして、外部へのリンクも完璧でした。

後は、このデモを元に、デザインして、ちょっとした画像とテキストを埋め込めば、立派なAMPストーリーの完成です。
このデモを元に、入稿画面を作れば、CMSつくれちゃうじゃないですか!?

テンプレートは、デモにも、いくつか用意されていましたので、そのまま拝借という事で。

後は、入稿フォームさえあれば、何とかなりそうです。
その前に、会員システムを作らないとですね・・・。

これまた、簡易的な会員システムですが、実は、ポイントのデモを作った際に、軽くは作りましたので。

いや~、意外と早く、AMPストーリーのCMS、作れるかも知れません!
では、脱線しそうなので、AMPストーリーのSEOに戻りますね。

続いては、ふと気づいたのですが、検索結果には、サムネイルの他、タイトルと、URL、公開日が掲載されているんですよ。

しかし、descriptionは、掲載されていない・・・。
ワシントンポストの他、CNNのAMPストーリーなどを調べたのですが、どうも、現時点では、descriptionは掲載されないようです。

ヘッダや、OGP、構造化データにdescriptionが記載されていても、検索結果には表示されないようですね。

この辺は、徐々に対応だと思うので、ま~、入れても損は無いと思うので、今泉兄は入れておこうと思います。はい。
最終的には、AMPストーリーも、結局はHTMLですから、テキストですよ、テキストを解析して、検索結果に表示される仕組みだと思いますので。

まだまだ調査不足ですが、たぶん、AMPストーリーの数ページ目にある単語で検索した際にも、検索結果にAMPストーリーが出たので、検索結果の仕組みは、AMP版や通常HTML版と同じかと。

ページ内のテキストを解析しているかと思います。
いや~、便利ですよね、最後は、同じフォーマットというか、所詮HTML、されどHTML。

時代は進化しても、ここだけは進化せず、最後は結局のところ、テキストの文化なんですよ、インターネットの世界は。

そして、インターネットの入り口は、まだまだ検索エンジンですからね。
画像だって、動画だって、テキストがナビゲートして、ユーザに提供されますので。

支えているのはテキスト、文章です。

心の剣よりも、心のペンが強いんですよ!
という事で、少し理解できました。

AMPストイーリーは、AMPの延長線だと思えば、気が楽ですね。

と、ここで疑問が。
通常のHTML版と、同じAMPストーリーを作ったとして、これは、AMPストーリーの方が、検索結果上位に出る可能性があり、しかも、サムネイル付きなので、よりアクセスが増える可能性があるという事で。

この場合なら、AMP指定の<link rel="amphtml">は、AMPストーリーのURLを指定すればOKのような気がします。

逆に<link rel="canonical">の指定は、通常のHTML版を指定という事で。
では、AMP版も公開する場合、この3つのページの関係性は、どうすればいいのでしょうか!?

できれば、もう、フルAMP、カノニカルAMPにして、そこからAMP版の指定を、AMPストーリーにしちゃいたい気もしますが。

大いなる実験サイトなので、通常のHTML版も運用したいんですよ。
なので、3つのサイトの共存。

後に、AMPストーリー用の指定方法ができたり、すでにあるのかも知れません。

そもそも、AMPストーリーは、通常HTML版やAMP版で表現できない事を配信するフォーマットだと思うので、こういった指定は不要なのかも知れません。
でも、本日のお題は、SEO。

となると、やはり、通常HTML版ではなく、AMPストーリーにすると、アクセス増えるよ!って事を証明できれば・・・。

AMPストーリーの普及に貢献できるかもしれませんので。
ここを、近い将来、証明したいと思います!

証明というより、通常HTMLと同じ内容で、AMPストーリーを作るの事が、アリなのか、ナシなのかの判断ですね。

もしくは、HTML版、AMP版、AMPストーリーの3本立てですね。
ま~、どうなるかわかりませんが、やる事は見えましたので、トライしてみますよ。

HTML版、AMP版、AMPストーリーが、どのような検索結果になるのか。

そして、AMPストーリーは、他のページに比べ、有利なのか、不利なのか、検索結果上位に出る事が出来るのか!?
この長いブログを、どうAMPストーリーにするのかって事だけでも、おかず無しにご飯が食べれるくらいに、濃い・・・。

時間が許すなら、半年くらい、どこかの山小屋に籠って、ここだけ研究したい気もします。

が、しかし、今泉兄には、そんな時間はございません!
仕事の合間、合間で、って、これも仕事なのですが・・・。

どうにか、AMPストーリーのSEO施策を、ひも解いてみたいと思います。はい。

現時点で、今泉兄としては、5つしか確認が取れていない、日本のAMPストーリーを、もっと増やすために。
ま~、このブログや、エンタメ動画紹介のブログを、AMPストーリー対応するだけでも、数百個のAMPストーリーが一気に公開されますので。

というか、もう、日本のAMPストーリーは、今泉兄のブログのダイジェストだけで汚染されまくるんじゃないですかね・・・。

ま、いいか、誰も興味を持っていませんので。
ではでは、気持ちがAMPストーリーに向いちゃっているので、先ほどの開発日記の計画変更!?

このブログのAMP版ではなく、このブログのAMPストーリー化から始めます!

仕組みは同じなので、AMP版のコンバートも、同じ管理画面からできるようにしますが。
まずは、AMPストーリーから公開して、通常HTML版との関係性を調べます。

その結果を元に、AMP版を公開して、通常HTML版とAMP版とAMPストーリーの関係性を調査。

新たに、何かしらのコンテンツで、AMPストーリーを作ろうと思っていたのですが、まさかこんな展開になるとは・・・。
でも、これが出来れば、何をAMPストーリーにすれば、楽しいのか、便利なのか。

何を、AMPストーリーにしてはダメなのか。

この辺を体感できるので、やってみましょう、ブログのAMPストーリー化を。
画像が無いので、ロゴと、テキスト程度でのAMPストーリーなので、あまり面白くないのですが。

ダイジェストとして、ダラダラっと、どんなことが書いてあるかを見るには、いいかも知れませんね。

もしかしたら、各章の冒頭ではなく、ちゃんと編集して、別途、AMPストーリー用の、ダイジェスト用の、原稿が必要かも。
この辺は、チームを編成して、やってみたいけど、今は無理。

今泉兄が、ゴリゴリと、多少時間をとって、やってみたいと思います。

では、本日のお題、AMPストーリーのSEO。
現時点では、予想でしかありませんが、たぶん、効果あるかと。

作っても損は無いと思います。

でも、実際のところは、今泉兄の調査結果が出た際に、また、ここで語りたいと思いますので、しばしお待ちを!