~ストーリー 2~

★コラム★ネットベンチャーが、エンタメビジネスに参入すれば、一石二鳥!?

2017/09/05 01:01:00
(2017/09/03 49:01:00)
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
まずは、その答えから。

なぜ、ITベンチャー、特にサイトを運営している会社が、エンターテイメント事業に参入する事がメリットなのか!?

その、たった一つの理由は、ずばりCMです!
いずれ、ユーザ数を増やすため、会員数を増やすため、ネット系ベンチャーは、自社サービスのCMを大量投下するじゃないですか!?

スタートダッシュだったり、ある程度の会員数が増え、大型資金調達をした頃に、大量のCM出稿。

その際、インパクトのあるCMソングを作ると思います。
そこですよ、そこ。

そのCMの楽曲を歌っているアーティストが、自社に所属しているアーティストだった場合。

理想は、作詞作曲もそのアーティストで、シンガーソングライターであり、さらにCMにも本人が出演。
これで、そのCMが人気になり、CMソングもヒットすれば、一石二鳥です。

なので、理想はエンタメ事業に参入して、アーティストが所属している状態。

それが無理なら、音楽プロダクションとタッグを組んで、権利を共有し、そのプロダクション所属のアーティストの楽曲を採用。
レコード会社とのタッグでも良いかも知れませんね。

CMの際は、必ず、そのレコード会社の一押しのアーティストの楽曲を採用する。

そして、大量CMで、楽曲も宣伝しまくる!?
これが、答えです。

開発日記でも書きましたが、サイト上にも特設コーナーを用意し、宣伝しまくります。

この相乗効果であり、大量の露出で、その楽曲が身近になりますので。
ミュージックビデオでは、ダンスを必須にしまして。

CMでもダンスを必須にしまして。

そのサイトの宣伝にダンスをうまく絡め、サイトの宣伝にもなりつつ、ダンスも人気に。
そして、踊ってみた動画を募集し、まとめる・・・。

企画が終わった際に、動画を削除・・・というのは、寂しいですので。

その際、カバーした楽曲に差し替えられる機能をはじめから搭載する。
又は、初めから、カバーして、永遠に動画を公開したままにできる音源を用意する。

カラオケ版も用意して、カバーしてもらった音源を利用してもらう。

アリとあやゆるパターンを想定して、音源は用意してあげるのが、いいかも知れませんね。
例えば、楽曲のバンドバージョンを公開します。

ギターだけ無しにした、ギターを演奏してみた動画用。

ドラムだけ無しにした、ドラムを叩いてみた動画用。
このように、歌ってみたの他、演奏してみたや、踊ってみたなど、やってみた系の動画をアップしやすい環境を用意。

CMを中心に、音楽ビジネスにも参加しちゃうんですよ!?

CM以外にも、ドラマのスポンサーになり、タイアップ枠を確保し、エンディング曲で、CMと同じような企画を実施する事も可能ですね。
なので、今泉兄がやりたいのは、芸能プロダクションなんですよ。

ネットビジネスをしている会社が、芸能プロダクションを運営するのが、一番だと思っています。

逆もしかりで、芸能プロダクションが、IT部門を作り、ネットビジネスをするのもアリだと思っています。
IT部門といっても、自社のタレントの公式サイトなどの運営じゃないですよ!?

それはもちろんとして、ネットビジネス、何かしらのサービスを立ち上げる部署です。

SNSだったり、みんなが利用するサービスの運営です。
あ、以前、某大手芸能プロダクションの会長のお誘いは、この事だったのかもしれませんね・・・。

そのプロダクションの文化人枠のタレントにならないか!?ってお誘い。

我が社に出資も検討してくれたんですよ、超大手ですよ、みんなが知っている、あのプロダクションです。
でも、その時は、今泉弟がNGって事で。

兄弟じゃないと、活動したくなかったので、今泉兄もNGにしまして。

ただ、今だからこそ、エンタメビジネスに参入、アリだと思います。
やはり、人生、苦労してなんぼですよ・・・。

あ、これ、負け犬の遠吠えですので、本来なら、意味の無い苦労は、する必要ございませんので!

でも、苦労した今泉兄は、こう言い訳するしかないんですよ・・・。
あの頃じゃなく、今だからこそ、エンタメビジネス参入・・・。

大チャンスを逃したからこそ、言える言葉。

後悔しても、時間は戻らないからこそ、あえて言う言葉、これからが本番です!
って事で、今度、万が一、うまく行ったら、芸能関連、本気で参入します。

自らも参加して、やりますよ、なぜって、CMを出す事に絶対になりますので。

ある程度、軌道に乗ったら、CMは必須だと思うので、出来る事なら、そこでも稼ぎましょう!って事で。
以上、ネットビジネスをしているベンチャーが、エンタメ事業に参入する理由でした。

あ、なので、CMをやるぞ!って時に考えても、遅いですので。

今から、まだ人気が出る前から、意識しましょう!って事で。
餅は餅屋ですが、エンタメだけは、早めに参加です。

全てじゃなくてもいいので、協業でも、タイアップでも、提携でも、何でもいいので。

これから天下を狙うぞ!ってネット系ベンチャーの方、その準備、忘れずに!?