究極のエンターテイメント施設は、複合型劇場エンタメコンプレックスです!

2017/09/01 03:24:00
(2017/08/30 51:24:00)
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
有楽町の「TOHOシネマズ日劇」が、閉館になるとのニュースを見まして。

その後も、新しいビルになり、シネコンになるようですが、たぶん、大型ではなく、小中規模のスクリーンがたくさんって事なんでしょうね。

大きいスクリーンは、効率が悪そうですので。
もちろん、大ヒットが約束されている映画作品だったら、大きなスクリーン、たくさんの席だと、迫力も増しますので。

さらに、人が多いって事は、熱であり、感動も倍増という事で。

この映画館で観た記憶はないのですが、別の巨大な映画館で映画を見た時は、気持ちよかった記憶があります。
という事で、どこもかしこも、シネマコンプレックス。

事前に予約もできて、ふらっと行った時も、何かしらの映画が見られるので、とっても便利です。

最近は、そんな映画の見方をしていませんが・・・。
ただ、なぜ、シネコンだらけなのか・・・って事でして。

そこで、今泉兄が昔から描いているエンタメ施設、それが、エンタメコンプレックスでして。

ちなみに、エンタメコンプレックスは、今泉兄が命名したので、調べてもどこにも解説が無いと思いますので、このブログで覚えてください。
そうです、複数の舞台からなる、芝居を見る為の複合型劇場の事です。

今日は、この複合型劇場エンタメコンプレックス構想を、語りますよ!

映画もいいけど、芝居もいいよね~って事で。
いつか、やりたい・・・。

その為に、実は、ネットベンチャーを頑張っているんですよ。

なぜって、100億円とかじゃ足りないと思うので、1000億円くらい稼ごうと思っています。
そして、その軍資金を元に、エンタメコンプレックスを作る!?

そんな壮大な、そして、今泉兄の人生では叶わないかも知れない夢。

でも、夢を見るのは、基本自由なので、見ちゃっています!
ではでは、エンタメコンプレックスの全貌を!

そして、開発日記では、そのエンタメコンプレックスの軍資金を稼ぐという側面から見た、我が社の新サービスの存在を説明します。

さらには、ダイエット日記も関連しまくりなので、この辺を語ります!