仮想通貨を使えば使うほど、仮想通貨を売買すればするほど、発行元の支援に繋がる仮想通貨『ファンディングコイン』。

2017/08/26 02:06:00
(2017/08/23 74:06:00)
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
知人の紹介で、仮想通貨のプロの方とお会いしてきまして。

いや~、仮想通貨の世界は、熱い!?

って、事で、そろそろ、真剣に勉強しようかな~と思いました。
ICOのコンサルもしているとの事で、日本でも徐々に、この波が大きくなっていくのかも知れませんね。

時代は、IPOによる資金調達ではなく、価値の見える化、価値の売買、価値の共有なんですかね。

その際、仮想通貨だったり、独自ポイントなのか、まとめてトークンって表現にしますが、トークンを発行する。
そして、トークンを購入して所有する事で、何かしらの価値の提供を受ける。

しかも、そのトークン自体も価値があり、売買が可能。

トークンの価格は市場の原理で変動するので、投資にもなり、資産にもなり、もちろん紙切れ同然になるリスクもある。
やはり、現金やビットコインには無い、そのトークンを所有しているだけで得られる権利。

ここが、どうも重要な気がします。

単なる仮想通貨でも、送金手数料が安いなら、それだけでメリットですが、持っている事自体で特典がある!?
VALUもそうですし、古くはゴルフクラブの会員権などもそうだと思うのですが。

となると、持っていると特典がある代わりに、流通すると発行者にメリットがある。

そうしないと、どこかで特典に限界がでてきますので。
今回は、そんな仮想通貨を考えましょう。

次世代仮想通貨って事で、コラムで語りまくりたいと思います。

そして、開発日記では、我が社のサービスのポリシーである、出来る限りのコストの見える化について、解説します。
これは、考え方なのですが、なかなか、ここに踏み切れない企業が多いかと思います。

しかし、今後は見える化ですので、その事例になる為にも、極端に見える化してしまいます。

そして・・・、最後のコーナーは、もう解説は不要ですね。