バリアフリーを普及させる画期的な方法を考えました。できない事は無いアイデア、みんなでやりましょう!!

2017/08/15 23:34:00
(2017/08/14 47:34:00)
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
ここ、高田馬場は、点字図書館がある街なので、いつも思うんですよね・・・。

もっと平地にすればいいのに・・・とか。

条例なのか、法律なのかわかりませんが、道路にモノを置くな!って・・・。
今朝も、車いすの方がいて、でも、自転車が違法駐車で、移動しにくい感じでした。

他にも、足の不自由なおじいちゃんが、おばあちゃんと共に、歩いていたのですが、その後ろから、これまたおじいちゃんが、フラフラしながら自転車で・・・。

お店の看板が歩道にたくさんあり、その事で道が狭くなり、激突するんじゃないかって感じで、危なかったです。
ある意味、とっても住みにくい街、それが日本。

狭いので仕方ないとは思いますが、やる事、まだまだあるんじゃないかと。

出来る事、まだまだあるんじゃないかと。
そこで、この高田馬場だけでも、やってみよう!ってアイデアを、ふと、思いつきました。

昨日、新宿の地下道を歩いている時に、ふと、感じたんですよ。

こんなことをすれば、良いんじゃないかと。
そこで、本日のコラムは、ネット系サービスではなく、バリアフリーなサービスのアイデア。

これなら、確実に、バリアフリーが普及する!ってアイデアです。

100年後、いや300年後くらいなら、当たり前になっているであろう、仕組み。
やりましょう、高田馬場だけでも、やってしまいましょう。

って、無理ですけどね、相当な政治家と、相当な起業家が集結しないと、無理。

でも、規模を小さくすれば、出来ない事は無いと思います!ってアイデアです。
そして、開発日記は、少しくくりを大きくして、会社運営日記というか、事務所のお話しです。

ダイエット報告は、より、食欲が増しているので、もう、これは食べたい病という病気です・・・。

ヤバいです、ほんと、やばいです!!!