~ストーリー 2~

★コラム★アプリでもなく、HTML5ハイブリッドアプリでもなく、HTML5のウェブアプリでチャットを作る。

2017/08/01 02:30:00
(2017/07/30 50:30:00)
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
理由は、いろいろとありますよ。

まずは、冒頭でお話ししたように、ヤフーのHTML5のゲームのクオリティが、いい感じだったので。

これくらい出来るなら、チャットも可能だろう!?って事でして。
そして、少し前に、HTML5ハイブリッドアプリを検討した際に。

もちろん、本も買いましたし、開発プラットフォームも登録して、Hello worldくらいは、作りましたよ。

でも、どこかで、やはり抵抗感がありまして。
お手軽じゃないですよ、スマホアプリの構築は。

アップルやグーグルへの登録だったり、開発ソフトや、開発プラットフォームが必要だったり。

さらには、ユーザの皆さんからすると、ダウンロードやらインストールやら、これが何よりのデメリットです。
SEO対策は、アプリ紹介サイトで頑張るとしても、所詮、紹介サイトなので、限界はありますし。

日々更新なんて、それこそ、無理ですよ。

かといって、サイト版も構築すれば良いのですが、二重運用ですので、その分、コストが増します。
というか、スマホアプリを構築する事自体が、コスト増ですね。

サイトの構築に比べると、何かとコスト高のような・・・。

今泉弟は、覚えろと言えば、覚えると言っていますが、リソースの少ない我が社だと、そこじゃないのような・・・。
ネイティブアプリという選択になると、なおさらです。

優先順位を考えると、やはり、サイト版である程度のアクセス数や売上を確保して。

その後、検討かな~って思っていました。
アプリにする事で、確実に勝てる!って事なら、まだしも。

アプリだろうが、サイトだろうが、期待値は高いのですが、未知数でして。

アプリである必要が、今泉兄にとっては、ないんですよ・・・。
しかも、ゲームでもなく、単なるポイントが貯まるサイトですので。

そして、タイムラインですので。

チャットだけが、もしかしたら・・・と思ったのですが、所詮、テキスト中心の世界ですよ、チャットのメインはテキストです。
なので、アプリは、遠い将来だろうな~なんて、思っていたんですよ。

つい、先ほどまで、アプリの事なんて、考えていませんでした。

今さらですし、先行者メリットも無いので、今じゃないって結論でした。
ところが・・・。

HTML5での展開。

アリじゃないですか!?
HTML5ハイブリッドアプリに似ているようで、アップルやグーグルへの申請は必要なし。

開発ツールは、何かしら必要かも知れませんが、基本、テキストエディタで出来そうな気がします。

テストやデバッグも、ホームページ作成と同じなので、気楽にできますし。
さらには、今、今泉兄、JavaScriptやjQueryを、一から勉強するじゃないですか!?

なので、ぴったりですよ、たぶんHTML5と、この辺の技術で、ブラウザベースのアプリケーションが構築できるんですよ。

だったら、我が社の進む道は、ここしかないな・・・と。
そこで、これより、HTML5による、ブラウザベースのアプリケーションに燃えます!

ハイクオリティのゲームが作れるなら、なんでも、出来ると思いますよ。

チャットは、スタンプ機能も搭載できそうですし。
我が社のチャットは、ボイスチャットや動画チャットまでは、まだまだ先ですが、やろうと思えば、出来る気がします。

その前に、アバターによる、仮想世界の構築かな~と。

これくらいなら、できそうな気がしましので、さっそく、調査開始ですよ。
まずは、HTML5のゲーム紹介コーナーを作る事に。

そこから、HTML5のブラウザベースのアプリケーション、ウェブアプリを紹介するコーナーに拡張。

さらには、ウェブアプリを作る際の情報も集めようと思います。
ウェブアプリポータルですね。

今さらなのかも知れませんが、いろいろと調べる事で、見えてくることもあるかと思いますので。

というのも、我が社のiモード専用検索サイトOH!NEW?も、この辺から始まったんですよ。
新しいモノに特化した検索サイトを作るぞ!って事で、始めたんですよ。

その際、今泉弟が、iモードの検索エンジンはどう?って事でして、そこから、我が社の歴史が始まりました。

おかげさまで、元祖iモード検索エンジンとして、一応、一時期は天下を・・・。
後に、ケータイ検索サイトとして、一応、一時は、天下を・・・。

後に、大手に敗れ、悲惨な事に・・・。

でも、とある人が言ってくれました、一度だけでも天下を取れたのはすごい・・・と。
そこで、こすりましょう!

また、やりましょう!

ウェブアプリを紹介するコーナーで、何かをつかみましょう。
そうそう、ウェブアプリの場合、アップルの課金だったり、グーグルの課金が利用できませんが。

我が社に限っては、ポイントがありますので。

なんなら、クレジットカード決済で、ポイントを販売してもいいですし。
そして、我が社の新サービス「DIGITAL STREET」、略してデジスト自体が、プラットフォームとして、課金代行をすればいいですし。

いろいろなウェブアプリを募集して、ポイントによる課金。

そんな展開だって、考える分には、自由なので、夢ふくらみます。
ちなみに、一応、解説しておくと、ネイティブアプリが、皆さんが普通に使っているアプリの事で、ダウンロードしてインストールするアプリです。

そして、ウェブアプリは、これから今泉兄が覚える、HTML5などで作れる、ブラウザ上で動くアプリの事。

ま~、アプリと言っても、サイトですよ、高機能なサイトだと思ってください。
そして、断念したHTML5ハイブリッドアプリは、ブラウザ上で動くアプリを、ネイティブアプリっぽくして、ダウンロードしてインストールできるようにしたアプリ。

作り方は、たぶん、これから今泉兄が覚えるHTML5などですが、よく使う機能は、開発プラットフォームや開発ソフトに搭載されていて。

比較的簡単に、作れつつ、ネイティブアプリのメリットを搭載できるって事だと、思ってください。
例えば、ウェブアプリで出来ない事。

Webプッシュ機能は、iOSには対応していないので、利用できません。

ただ、メルマガで代用しましょう、まだまだメールを活用する事で、何とかなりますって。
なんなら、iOS用のプッシュ機能だけのアプリを構築する。

そして、各社のプッシュを受け取れるサービスを構築する。

メルマガ配信機能と無料メールアドレスをセットにしたような、プッシュアプリを作る事で、何とか回避しましょう。
後は、ブラウザと連携して、ウェブアプリで展開する。

これが、答えなんじゃないですかね、ネイティブアプリ、HTML5ハイブリッドアプリが大変だと感じている今泉兄には。

ネイティブアプリで実現するか、HTML5ハイブリッドアプリで実現するかは別として、作ったとしても、プッシュ専用アプリのみです!
後は、作るだけ。

早速、本屋に行って、まずは本を買ってきたいと思います!

続きは、日々の開発日記で、ご報告します!