~ストーリー 1~

★開発日記★一からプログラムを学び直し、プログラマーになります。

2017/07/24 02:06:00
(2017/07/22 50:06:00)
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
先日、買った書籍2冊。

JavaScriptと、jQueryの本。

この2冊を熟読しつつ、さらに実際にプログラムコードを書いて、マスターしますよ!
しかも、実践ですので。

我が社の新サービス「DIGITAL STREET」、略してデジストに、JavaScriptとjQuery、活用しまくります!

実は、なんだか、嫌だったんですよね・・・。
というのも、重くなるじゃないですか!?

シンプルなHTMLが一番ですよ、シンプルなサービスが、一番好きです。

余計なぜい肉をそぎ落とし、単純な仕組みが一番、使いやすいですよ。
ところが・・・。

今泉兄の考えたサービスは、何かと、面倒というか、シンプルじゃない!?

HTMLで表現する事も出来ますが、やはり、JavaScriptやjQueryの力を借りないと、ダメって事がわかりました。
シンプルな見た目だけど、裏では、ガッツリ、高度の技術。

あ、JavaScriptやjQueryは、高度では無いと思いますが、今泉兄としては、超高度。

なので、今らか、本を読んで、一から、出直しです。
JavaScriptをじっくり学ぶのは、21年ぶり。

当時は、気合を入れれば1日でマスターできたのに、今だと、相当時間がかかりそうな・・・。

作りながら、やりながらの、勉強になりそうです。
まずは、Ajaxで、ページを遷移しないで、ページの一部を更新する機能から。

同じページを見ている人数と、ハンドル名を表示したいからです。

これが、今回の本を買うきっかけだったのですが、せっかくなので、他の仕組みもJavaScriptやjQueryを活用して、高度にしちゃいましょう。
そして、チャットも作ります!

他の技術が必要な事は、百も承知ですが・・・。

さらに、チャットボットも作ります!
チャットボットを作る仕組みも作りますよ!

特に、デジストの機能だと、この辺が、JavaScriptやjQueryをフル活用かな~って思っています。

サーバサイド側は、いろいろ他の技術が必要だと思いますが、その辺は、今泉弟が担当するとして。
さすがに、何もかも、今泉兄が担当は無理。

サーバサイドは、今泉弟だったり、我が社のエンジニアだったりと、この二人にプロのエンジニアに任せるとして。

フロント側、クライアント側は、なんとか、今泉兄が担当しましょう!
という事で、良いじゃないですか?

その分、彼ら達が楽になれば、その分、サーバ側の仕組みに集中できますので。

よし、今泉兄、クライアントサイドは、追求してみます!
デザインは無理ですが、プログラムなら、何とか・・・。

CSSだって、ちんぷんかんぷんだったのですが、ふとしたきっかけで、変更する必要がでてきまして・・・。

お金にならない作業だったので、我が社のデザイン担当に相談するのも何なので、自ら覚えてみましたよ。
すると、HTMLしか、知らなかった今泉兄。

ホームページビルダー大好きだった今泉兄が、今でも、完璧では無いのですが、CSSを理解する事ができました。

コーディングくらいだったら、時間をかければ、できますよ、今泉兄、CSSはマスターしました!
という事は、この調子で・・・。

クライアントサイドの構築ができるようになれば、また一歩前進。

出来る事が増えるという事は、アイデアも広がるって事でして。
逆に、出来る事を知るという事は、出来ない事を知ってしまう事でもあるので、アイデアの幅が狭まる可能性もありますが。

ま~、そこは、アイデアマンである今泉兄なら、プラスはあっても、マイナスはないでしょう。

アイデアで、出来ない事も、出来る方法を考える、そんな力だけは、持っていますので。
ちなみに、今泉兄がプログラム、特に、JAVAとか、JavaScriptとか、J系が嫌いな理由があるんですよ。

そう、それがオブジェクト指向って単語が出てきた時から。

未だに、何のことか知りませんし、今まで、知ろうとも思いませんでした。
なので、苦手・・・。

メソッドとかも、意味不明。

この単語に拒絶してから、プログラムから遠い存在になりました。
ただ、過去にもあったんですよ、同じ事が。

でも、その時は、必死に食らいついて、覚えようと、理解しようとしまして。

そのおかげで、好きになりましたよ、そう、算数です!
算数の中でも、割り算が、実は、苦手だったんですよ、大嫌いになりましたよ、算数が。

というのも、二分の一ってありますよね、二分の一。

この二分の一の意味がわからなくて、相当、大変でした。
まずは、実数としての二分の一。

これを分数ではなく、数字で表すと、0.5ですよね。

ところが、例えば、りんごが4個あったとしますよね。
この場合の二分の一って、2個ですよね。

ところが、この違いが判らなくて・・・。

なんで、同じ二分の一なのに、時に0.5で、時に2なんだ・・・と。
元の数の二分の一って事はわかるので、4個の二分の一は、2だというのはわかるんですよ。

だったら、二分の一が0.5というのは、元の数字がないじゃないか!?と。

そこに、こだわって、0.5が理解不能・・・。
1の二分の一だって事は分かるのですが、1って宣言されていないので、なんで元の数字が1なんだ!って事でして。

当時は、これがわからなくて、ほんと、迷いまして・・・。

今だと、もちろん、わかりますよ。
二分の一は、1を2つに分けたって事なので、二分の一が0.5になるって事を、理解しています。

でも、小学生の時は、その先の4個のりんごを二分の一にするって方に、気持ちが向いてしまい。

元の二分の一の意味がわからん・・・。
そこからですよ、今泉兄が数字の得意になったのは。

もう、わからない事が悔しくて、悔しくて、相当、数字とにらめっこ。

小学校を卒業する時は、たぶんですが、学年でもトップクラスだったはず・・・。
計算も早かったですし、間違いもほぼ無く、100点ばかりでしたので。

ちなみに、高校受験の際も、自己採点ですが、数学は100点だったはず。

そこから先は、もう、勉強しなくなったので、おバカさんになりました。
そして、もう一つ。

月の満ち欠けが、今泉兄だけ、間違ってまして。

満月から半月になる間、どんどん、満ち欠けが発生する際に、月食のようになるって思ったんですよ。
正しい満ち欠けになるわけない!って。

ところが、実際に、先生が実験をして、見せてくれまして・・・。

そこからですよ、今泉兄が、理科を好きになったのは。
悔しくて、悔しくて、自分の考えを疑う事、実際に見てみないとわからない事を、この経験で覚えまして。

そこからですよ、マジで、理科が得意になり。

とくに、化学ではなく、物理の方が得意だったのですが。
100点ではなく、90点とか95点くらいだと思いますが・・・。

高校受験では、また、いい成績を残せました。

ちなみに、国語と社会と英語が最悪なので、高校のレベルがガタ落ちですよ、数学と理科にくらべると、平均点的にアウトです!
なので、高校時代も、先生に言われましたよ。

なんで、100点取れるんだ!って。

だって、物理は簡単だから・・・と。
でも、その他は、赤点・・・。

数学も、意味不明になり、微分積分いい気分あたりから、もう、いいや!って諦めまして。

なので、大学受験は、アウト!
全滅です。

一校だけ、惜しかった大学がありまして。

物理の問題がひっかけで、教科書と違う、記号だったんですよ!
例えば、重力はGだとします。

しかし、入試のテストだと、Jだったんですよ!

その事に気づかず・・・、見事、不合格!
意外と、英語が出来た時だったので、あのミスさえなければ、今泉兄は、大卒だったのにな~。

ま~、でも、高卒でも、大卒でも、どうでもいいんですよ!

そんな事より、JavaScriptですよ、JavaScript!
Ajaxをマスターして、今、例えば、このブログを見ている人数を表示する事。

そして、ハンドル名も表示する事。

それが出来ないとアウトでして、学歴なんて、どうでもいいんですよ!
そして、ドルですよ!ドル!

どんどんマイナスになり、もう、嫌です・・・。

学歴よりJavaScript、JavaScriptよりドルが気になる今日この頃です。