Yahoo!がディレクトリ型検索サービスを2018年3月で終了。代わりに、デジタルストリートがディレクトリ型検索サービスに参入します!

2017/07/04 00:21:00
(2017/07/02 48:21:00)
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
マストドンに始まり、VALU、そしてCASHと、話題のサービスが続々登場しております。

始まりは、混乱が伴うのは、どの時代、どの分野でも当たり前。

先駆者がいたからこそ、後のサービス、後の成功に繋がりますし。
そして、ネットの世界だと、先駆者が、先行者メリットを武器に、そのままナンバーワンだったり、オンリーワンになる事も、多々あります。

その代表的な例が、ヤフーの検索サービス。

今では、ロボット検索、しかも、グーグルからの借り物ですが、それでも、ヤフーはナンバーワンのサービスだと思います。
ヤフーニュース、ヤフオクは、ヤフーの検索があったからこそ生まれたサービス。

今のヤフーのロボット検索ではなく、ヤフーのディレクトリ型の検索サービスがあったからこそ。

本家のヤフーと違い、うまく、グーグル検索を取り入れつつ、ヤフーニュースとヤフオクという、この2つの巨大なサービスを立ち上げられたことが、勝因だったかと。
同じように、先行者メリットで、ケータイ検索サイトOH!NEW?を公開して、一度はブレイクした我が社とは、まったく違いますね・・・。

後に、他のサービスを作り上げる事ができず、ケータイ検索も、それこそ、ヤフーやグーグルの参入で、大打撃。

結局、瀕死の状態で、どうにか息をしている状態だったりします。
もちろん、会社自体も、瀕死の状態。

各クライアントさんのサイト構築や、システム構築、ページ制作や、運営代行を担当させていただき、どうにか生きている状態。

輸血もしましたが、まだまだ足りない状態なので、あと、どれくらい持つのか、正直、今泉兄ですら、わかりません。
だからこそ、自力で息をする為にも、現在、新サービスを構築中でして。

そーですね~、勉強して、特訓して、新しい能力を身につけている状態。

これで、自立できれば大成功、自立できなければ、遂に・・・ってところまで来ている状態です。
そんな中、遂に、ヤフーがディレクトリ型検索サービスを、来年2018年の3月29日終了するとのニュース。

たぶん、引き金は、あの事だとは思いますが、言葉に出すと、寂しい感じもしますので、割愛させていただきます。

何しろ、個人的には、ヤフーのディレクトリ型検索があったからこそ、今の今泉兄がいますので。
もしも、ヤフーが無ければ、ヤフーのディレクトリ型検索サービスが無ければ、たぶん、この業界に残っていなかったかと思います。

自ら検索サイトを作ったのは、ヤフーに入社できないと悟ったから。

それくらい、公開された当時から、ずっと、ずっと、ヤフーのディレクトリ型検索サービスにあこがれていた一人です。
ヤフーがなければ、後に、実際に、検索サイトOH!NEW?を作ったり、起業する事も無かったかと思います。

今、開発している、新サービス「DIGITAL STREET」も、存在していなかったかと思います。

だからこそ、やるしかないんですよ、今泉兄が、勝手に受け取りたいと思います。
という事で、コラムは、我が社デジタルストリート社が、ディレクトリ型検索サービスに参入するという事で、その表明です。

開発日記は、いや~、参りました・・・。

ポイントの価値が変動する事で、いろいろとあり、大きなデメリットを覚悟するしかないかな~と。
そして、ダイエットは、本格稼働!?

あ、明日からです・・・。

何から始めるか、その辺を、適当に、すっごく適当に語ります・・・。