~ストーリー 2~

★コラム★ウェブサイトが上場できる、ブログが上場できる、VALUっぽいサービス。

2017/06/28 00:07:00
(2017/06/26 48:07:00)
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
企業ではなく、個人を上場させるサービスは、もちろん「VALU」。

今、インターネット業界では、ちょっとした話題で、今泉兄は人気が無いので、もちろん上場しておりませんが・・・。

こんなことになるなら、ちゃんとツイッターやフェイスブック、さらには、インスタ、やっておけばよかったな~と。
どうも、今泉兄のように、フォロワーもいなく、友達も少ないと、審査を通過しないようですので・・・。

いや~、ちゃんとSNSをやっていても、今泉兄の場合、フォロワーも友達も増えるわけないので、論外ですね・・・。

こんな時代になるなら、友達100人、いや1000人作るような人生にすればよかったな~って、そんな方法も、そんな人徳も無いので、そもそも、無理ですけどね・・・。
で、参加できないので、つまらないので、考えたんですよ、いろいろとVALUに関して。

一つは、VALUの仕組みとブログを融合した、VALUBLOってサービス。

数日前に語ったので、よかったら見てやってくださいな、適当な感じですが、ま~、いつもの妄想ですので。
で、ふと、これは、イケるんじゃないか!?と。

VALUBLOは、ブロガー限定というか、有名人を想定して考えた妄想ですが。

あくまでも、個人を上場させるVALUの派生形って事で、VALUの優待を見える化した、優待を統一する事による、価値評価システムの、一つの提案という感じでしたが。
もう少し広げて、個人ではなくサイト単位、ウェブサイトの他、ブログやオウンドメディアでも良いのですが。

何かしら、サービス単位、サイト単位で、上場させちゃおうってアイデアであり、妄想であり、VALU系サービスを考えよう!って事でして。

早速、妄想しまくってみましょう。
今泉兄の妄想日記、インターネットのサービスなら、成功するかは別として、100個でも、1000個でも、妄想できそうです。はい。

では、名称から・・・、って、また、そこかい!?

え~、先日のVALUでブログは、安易にVALUBLOなんて、何も考えずに、拘りも何にもなく、スルーしてしまっていましたが。
今見ると、恥ずかしい・・・。

面白くも、何ともなく、センスのかけらもなく、なんですか、VALUとブログで、VALUBLOって。

かといって、これ以上の名称は、出てきませんが・・・。
ここで、考えてしまうと、今日のお題の、サイトを上場、ブログを上場、メディアを上場の方の名称が出てこなくなるので、VALUBLOは、そのままという事で。

では、考えましょう、いい名称を。

個人だと、バリューって事で、VALU。
いい名称じゃないですか!?

素晴らしいですよ、さすが、一気に話題になるのは、ビジネスモデルと共に、この名称もよかったんだと思います。

誰ですか、こんなセンスの良い名称を付けたのは!?
VALUを命名した方に、我が社の新サービスの名称も、命名してもらおうかな~。

いやいや、デジタルストリートは、捨てられません!?

いや、まてよ、さらに遡って、デジタルホコ天に戻すか!?
デジホコにしちゃうか!?

なぜって、当時、付き合っていた彼女が、デジタルホコ天、デジホコって名称にしようと思ったら、別れる!って言うから、ホコ天は道なので、デジタルストリートに。

しかし、長年付き合って、最後は同棲していて、会社も順調に成長したので、遂にプロポーズだ!って直前に、フラれちゃったじゃないですか!?
だったら、もう、失うモノはありません。

デジホコ、デジタルホコ天にして、社名も、株式会社デジタルホコ天にして。

ポイントの名称は、そうですね、ホコ天なので、天をつけましょう。
ポイントの価値が変動して、最終的には1ポイント=1円相当に交換できるようにしますので。

そうですね、円をいただいて、円と天で、あ、円天ってポイントはどうですかね!?

いいじゃないですか!?円天ですよ、円の天国、円天です!
はい、逮捕されました・・・。

もう、円天とか言うの、古すぎて、誰にも通じないようで、実はまだまだ通じる、今泉兄の鉄板ネタ。

今日もまた、オヤジギャグが炸裂せず、無駄な時間を過ごしてしまいました・・・。
で、名称ですよ、サイトを上場、ブログを上場、メディアを上場させる、VALUライクな、VALUっぽいサービス。

人を上場はVALU(バリュー)。

バリューは「価値」って意味だと思いますので、ぴったりですね・・・。
サイトだと、メディアだと、同じく価値は価値なのですが、やはり、アクセス数ですよね。

ブログだって、アクセス数がモノを言います。

アクセス数が、サイトやメディア、ブログの価値であり、評価する部分です。
という事は、アクセスとか、ページビューとか、あれ、ページビュー!?

なんだか、バリューに響きが似ていませんか!?ページビューは。

PAGEVIEW。
あ、すみません、ベタですが、これです、PVEW(ピビュー)。

まさに、そのままですが、いいじゃないですか!?

サイトを上場させる、PVEW(ピビュー)。
VIEW(ビュー)も考えたのですが、カードがありますので・・・。

商標的にも大丈夫そうな、PVEW(ピビュー)にしました。

他も考えましたがが、ピクシブのマストドンに近くなったので、断念しました・・・。
で、まずは、申請すると、トラッキングコードが発行されます。

これを、サイトに設置すると、1週間程度で承認され、サイトのページビュー等を元に、PVEW運営サイドとしてのサイト価値が表示されます。

株の単位はPVにしようと思ったのですが、ページビューのPVと混乱するので、これは断念。
PWが、パワーがありそうな感じもするので、株はPWにしますね。

PWの発行数は、PVEW運営サイドが評価したサイト価値を元に、1PW500円になるよう発行されます。

今泉兄のブログだと、発行数は1PW程度ですね・・・。
ただ、あくまでも参考価値でして、それを元にしたPW発行数ですので。

売り出しPW価格は、サイト主催者の方が、自由に決める仕組みにしましょう。

PVEW運営サイドで評価したサイト価値は、随時参考価値として表示される仕組みですので、その点を考慮して、自身でサイトの価値を決め、売り出しPW価格を決め、発行数の中から、どれくらいPWを売り出すかを決めちゃいましょう。
そして、忘れてはいけない、広告掲載用のコード。

この広告の売上が、そのまま、PWを購入した人の優待になりますので、必ず掲載するようにしましょう。

PVEW広告の売上の一部が、PVEW運営サイドの手数料になり、PWを購入した人の優待になり、サイト運営者の収益になる仕組みです。
3者で分け分けです。

他の広告を載せて、その分は、サイト運営者で独り占め・・・って事も出来ますが。

その分、サイトの価値は下がりますし、随時表示されるサイトの参考価値は下がりますので、やはり、PVEW広告独占にした方がいいかも知れませんね。
PVEW広告には、ネットワーク広告やら、ネイティブ広告やら、アフィリエイトなどなど。

各種広告を用意して、出来る限り、収益が発生するような仕組みにしちゃいましょう。

その他、いろいろなツールも用意して、PVEWサイト軍の収益が増加するように、PVEWがサポートですよ!!!
ふ~、疲れた・・・。

妄想でも、考えるという事は、疲れるんですね・・・。

でも、まだまだ、完結していませんので、もうひと踏ん張り、頑張りましょう。
そして、ここからは、小中学生、そして、未来のベンチャーの為の制度、そうですよ、クラウドファンディングですよ!

まだ、サイトやメディア、ブログを公開していない場合でも、どのようなサイトにするかを発表できまして。

そのプロジェクト概要を元に、PWを売り出す事ができるようにするんですよ!
ある意味、クラウドファンディングであり、ある意味、サイトの上場です。

ただ、サイトの株って事で、VALUと同じく、法的には大丈夫じゃないですかね!?

あれ、サイトの広告売上を配当する事になるので、アウト!?いや、ビットコインで分配ならセーフ!?
ま~、あくまでも、妄想なので、ここでは法的な事は、考えないとして。

実際には、PVEWをやるぞ!って方が現れたら、ちゃんと、国に相談してくださいね。

法を守ってこそ、国民ですので。
これで、PVEWで資金調達したサイトが、世界で活躍するサービスになるかも知れませんね。

いや~、妄想でしたが、かなり、リアリティーのあるアイデアでした。

って、すみません・・・。
ご存知の方が多いと思いますが・・・。

このブログ、今泉兄のブログは、我が社のオウンドメディアでして・・・。

結局、最後の最後で、自社サイトの宣伝なんですよ、ご勘弁を。
で、国に聞きに行くって部分ですが・・・。

実は、新サービス「DIGITAL STREET」が、まさに、近い感じでして。

早速、聞いてきますよ、法的にアウトなのか、セーフなのか。
現金でサイトの共同オーナー権を買うようなものなので、まずは、現金での購入がありなのか。

現金が無理でも、クラウドファンディングで、共同オーナー権を買う事がありなのか。

さらには、ビットコインなど、現金じゃない場合なら、ありなのか。
まずは、購入するのが現金 or ビットコインなどの現金以外。

さらには、直接購入なのか、クラウドファンディングでの購入なのか、VALUのようにVAというような何かしらの何かにする必要があるのか。

そして、ある意味、配当的なものを実施しても良いのか、ダメなのか。
優待という、形の無い、ルールの無い、アバウトな感じですが、実際にやっちゃいけない優待があるのか、ないのか、ちょっと気になりますよね。

優待という名の配当は、いいのかな・・・、ダメなのかな・・・。

ま~、この辺は、まさに、我が社のポイント付与だったりするので、完璧に、確実に、聞いてきます。
で、デジストですが・・・。

ポイントによるオーナー制度、オーナーになるとポイント付与、そして、オーナー権のポイントによる売買。

まずは、自社サイトですが、うまくいったら、外部サイトに開放予定です。
ポイントシステムを外部に公開するので、当たり前ですね・・・。

ポイントにかかわる仕組みは、全てAPIなのか、ASPにして、解放する予定です。

広告と連動して・・・。
さらに、チャット機能やタイムラインも、公開しますので。

というか、元々、外部のサイトで利用してもらう構想なのですが、当面、誰も相手にしれくれないと思うので、まずは、自社で利用して、どのように、これらの仕組みを活用するかを、実験するって事だったりします。
そう、言えばカッコイイ、プラットフォームビジネスなんですよ!

そのプラットフォームを、誰も使ってくれないので、自ら使うって事でして・・・。

と、ここで燃料ショート、少し寝てきます・・・。。
はい、寝て、仕事をして、気づけば、1日遅れじゃないですか!?

という事で、サイトを上場するって事ではありませんが。

オーナーを募集して、資金調達して、オーナーにはポイント付与。
そのオーナーの権利も、ポイントで売買可能。

そんな仕組みを構築中。

その開発資金を、クラウドファンディングで募集する。
そして、この仕組みで、新たなサイトを作る人を募集して、資金調達してもらう。

という、ぐるぐるぐるぐると、回る、回る、ビジネスモデル。

まだまだ、回り続けますよ、どんどん、アイデアを形にしていきます!