VALUの仕組みを活用し、ブログの広告売上を分配する権利を優待にすれば、イケるかも!?

2017/06/25 23:15:00
(2017/06/24 47:15:00)
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
開発しておりますよ、ゴリゴリと、パソコンとにらめっこしているだけで、時間が過ぎます。

集中力が無くなったので、ブログに逃げる今泉兄を、プレッシャーという名の魔物が追いかけてきます。

会社のキャッシュがどんどん減ってきて、そろそろ底が見えてきたぞ!って金庫が叫んでいます。
逃げたい・・・。

あ~、どこか、遠くの星に行って、ふわふわ浮いていたい・・・。

そして、星屑として、今泉兄は永遠に宇宙空間をさまよい、1000年後の人類に、見つけられるんですよ。
実際は、光りの速さで移動していたんで、年を取っていない今泉兄、若干44歳のオヤジのまま。

しかし、地球にいた人類から見ると、1000年経過。

もちろん、我が社デジタルストリート社は、今泉兄がいなくなった事で、大成功。
1018周年を目前に、後のCEOが言うんですよ、取締役会で、こんな事を。

創設者の一人、今泉兄弟の兄、今泉兄がいなくなった事が、我が社を繁栄させました。

彼がいなくなった事で、運気が変わり、スタッフが一丸となり、彼が考えたサービスを、ひたすら現実した事、それが勝算だったと。
しかし、宇宙のどこかにいる今泉兄を、我々は見捨てません。

今、我が社のテクノロジーを集結した探索機が、今泉兄を探しています。

ラッキーな事に、彼には発信機を付けていたんですよ。
彼が悩み、そして、落ち込みながらも、我が社のサービス「DIGITAL STREET」の簡易版を構築していたのを、知っていましたので。

このままだとヤバい!と感じたので、発信機を付けておきました。

その信号が、今、1000年ぶりに、レーダーに引っかかったのです!!!!
そして、今泉兄、無事、回収されまして。

でも、タッチの差で、宇宙のゴミ収集船に回収されてしまいまして。

おおお!人がいるぞ!って、ゴミ収集船の船長に、助けられまして。
そこで、事情を説明するのですが、実は、そのゴミ収集船は、もぐりの収集船でして。

宇宙のゴミの中から、使えそうな機器を見つけ出し、高値で売買する、流れ者だったんですよ。

さらに、残念だったのが、今泉兄の回収計画は、極秘任務。
なぜって、今も未来も、デジタルストリート社の株の半分を保有しているのは、今泉兄ですので。

もう、大成功により、地球10個分くらいの財産に沸騰していたんですよ。

そんな事もあり、今泉兄が誰かに回収されてしまうと、とんでもない事態に発展する可能性があり。
そこで、政府も知らない、極秘任務だったんですよ、この今泉兄の回収計画は。

しかし、船長は、宇宙空間でゴミに紛れていた今泉兄が、まさかデジタルストリート社の創設者だとは知らず、もぐりのゴミ収集船により、無事回収。

発信機は、そのまま宇宙にまた捨てられ、デジタルストリート社は今泉兄を回収できず・・・。
発信機だけ回収され、今泉兄が生存しているという事は知らず、ついに、今泉兄探査計画は、終了してしまうのでした。

え!?今泉兄は、その後、どうなったかって!?

それは、次回のお楽しみ。
ゴミ収集船のメンバーとして、今泉兄が活躍します!

さらに、デジタルストリート社と、今泉兄の偶然の遭遇!?

しかも、ライバルに!?さらに、禁断のラブストーリー!?
いや~、目が離せませんね。

もう、プログラムを書いている場合じゃ、ございません!

はい、現実世界に戻りますよ、ちゃんと開発を進めますよ。
その前に、ブログを仕上げて、集中したいと思います。

ちょっと息抜き、ながーく息抜きって事で、今日のブログを書いてから、また、開発に燃えたいと思います。

ブログを書き終えないと、ブログがまだだから、集中できない!って言い訳しちゃうので・・・。
では、今日は、こんな感じ。

開発を進めているのですが、少しまた、仕様変更という事で、リアルタイムにご報告。

さらに、あのサービスと、我が社のサービスをくっつけたら、こんな感じになりましたってお話しと、ダイエットはまだまだ手抜きです!