~ストーリー 2~

★コラム★VALUのデメリットが、今後のVALUを進化させると思います!!

2017/06/11 17:45:00
(2017/06/10 41:45:00)
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
マストドンが、もう、面白くなくなってきましたので。

あ、今泉兄の中でですよ、ネットの世界では、まだまだ、可能性とか、いろいろと話され、実験され、どんどん進化しているのだと思います。

ただ、外からしか見ていない今泉兄的には、興味が無くなりまして・・・。
マストドンで検索する頻度が減り、検索しても、新しい情報が見当たらず、面白くない・・・。

こんな楽しみ方をしている事自体が、間違っていますが・・・。

何かこう、ビビビッと来なくなりました。
その代わりに、ここにきて、今更ですが、ビットコインに目覚めまして。

って、第一部の開発日記でご説明したように、単に手数料が少ないので、デジストポイントの交換先としてアリじゃないか・・・と、真剣に向き合う事にしただけですけどね。

それよりも、HTMLのエディタとして、Atomを使うぞ!Atomを使いやすくカスタマイズだ!って方に、気が取られています。
自宅のホームページビルダーの体験版が終わり、仕方なく、代わりを探した際に、見つけたAtom。

せっかくなので、会社も同じ環境にしよう!って事で、実は、今、会社でして・・・。

Atomに完全移行して、ホームページビルダーは、卒業する事にしました!
なので、マストドンとは、サヨナラ。

というか、週に1回の楽しみに、格下げ。

毎日の楽しみは、Atomと、そして、VALUにチェンジですよ、バリューチェンジです!
ただ・・・。

VALU、少し調べましたが、まだまだ、ネックというか、デメリットというか。

今泉兄としては、参戦しても、一銭も資金調達できないな~って、仕組みだと、わかりまして。
初めから、わかっていましたよ、だから、初めにVALUの話題を語った際に、言いましたけど。

フェイスブックもツイッターも、インスタも、ほぼ、やっていない今泉兄のような無名の人は、たぶん無理。

元々有名な人しか、たぶん、お金は集まらないだろうな~って、当たり前ですよね。
なので、参戦できないひがみであり、悔しさであり、この時代の波に乗り遅れている、44歳のオヤジだからこそ、語れる愚痴。

そう、愚痴ですよ、今日も愚痴。

なので、正式には、今後のVALUは知りませんが、VALUへの愚痴を言いまくります!って事でして。
それはそのまま、こうしてくれれば、今泉兄も参加できるかも!?って事でして。

完全に、今泉兄だけをターゲットにした、新VALUを、勝手に考えてみたいと思います。

これなら、友達のいない、ブログのアクセスも少ない、今泉兄でもVALUに参加できる4つのルール変更って事で、語りますね。
その前に、注意点です。

いつものごとく、あまり調べず、語っていますので・・・。

想像の部分があります。
既にそんなルールだよ!とか、そんなルールじゃない!!とか、多々あると思いますが・・・。

ここで言いたい事は、最終系がこんなサービスだったら、いいのにな~って事ですので。

日々変化しているであろう、今の実際のVALUの仕組みやルールは、あまり気にしないで・・・って事でして。
VALUを題材に、未来のVALUっぽいサービスを考えるってのが、お題ですので。

細かい事は、おいといて、今泉兄が考える、理想の資金調達方法って事ですので。

ただ、何も無いより、VALUをお題にする事で、この束縛からヒントを得る!って事ですので、その点、ご理解ください。
では、まずは、その1。

評価は、自分で決められるようにして欲しい・・・。

何かしらルールは必要なのかもしれませんが、フェイスブックやツイッターが評価基準だと、無理ですので・・・。
もう、自己申告で。

どれくらいの金額でVALUを売りたいか、決められるようにしてください!

売れるか、売れないかは、もう、その人、個人の責任という事で・・・。
さらに、発行VALU数も自由にしちゃいましょう。

もちろん、それは、そのまま、自身の時価総額って事になるかと思いますので、全て自由に設定。

時価総額、発行VALU数、VALUの価格は、スタート時点では、発行者の自由!
ここからがスタートです。

ただ、発表しましょう、事業計画を。

個人ですので、プロフィールであり、今後の生き方ですけどね・・・。
なぜ、資金が必要で、何に使うか、個人という事で、クラウドファンディングよりは、漠然としているかも知れませんが。

その一つに、フェイスブックで友達100人もいないぞ!とか、ツイッターのフォロワー1人だぞ!とか。

仕事では、インスタだ、インスタだ!なんて言っているけど、アカウント持ってないぞ!とか。
SNS系の自慢をするのは、アリ。

判断するのは、VALUを買いたいって思っている人達なので、その人達へのプレゼンは、何でもアリだと思います。

ただ、ここで問題が・・・。
不正ですよ、不正。

言葉なら、何とでも良い事言えますので。

さらに、フェイスブックの友達も買える時代、ツイッターのフォロワーも買える時代。
ただ、ばれますって、買った繋がりは。

なので、その辺のチェックは、各自で行うって事で。

運営元がチェックする仕組みを用意するのも、アリですね。
言葉だって、ウソはいつかバレますので。

ここは、後で考えるとして、スタートラインを、誰でも自由に設定できるようにしてくれれば、今泉兄は、参戦できるかも知れない!って夢を見る事ができます。

ただ、これだけだと、足りないんですよ・・・。
というのも、一度、売り出す際に、高すぎると売れない。

安すぎると、資金調達という側面では、意味がありません。

一度発行したVALUに高値がついても、自分で保有しているVALU以外、手放したVALUがいくらになろうが、発行元の自分自身は、関係なくなります。
そこで、こんな仕組みはどうでしょうか!?

そうです、VALUを売買した際に、儲かった分の半分は、発行者に還元されるって仕組みです。

ある意味、手数料のようなものです。
これで、先ほどの、始めの売り出しの際に、価格を低くしても、いいんですよ、このルールがあるなら。

例えば、数字を決めた方がわかり安いので、こんな感じに決めたいと思います。

あ、あまり今のルールを知らないので、単価とか、名称が違っていても、雰囲気で感じてくださいね。
今泉兄の時価総額は、500万円。

スタート時点で、5万VA、1VA=100円という設定です。

そして、とある時点で、今泉兄の時価総額が10倍の5000万円、1VAが1000円になると仮定します。
しかし、初めの売り出しの際に、いくらにするか、迷うんですよ、いくら1000円になるであろうと予想しても、あくまでも予想なので。

そのまま、1VA=100円で売り出した場合、全てのVALUを売り出した場合。

今も、未来も、今の時価総額である500万円の資金調達が最大です。
ただ、予想通り、今泉兄の時価総額が10倍、5000万円になった場合。

初めから、1VA=1000円で全て売っていれば、5000万円の資金調達になります。

しかし、売れない・・・。
で、先ほどのルールですよ。

VALU売買で儲かった場合は、半分が、今泉兄に還元されるって仕組みを適用した場合。

シミュレーションしてみましょう。
1VA=100円で、全て放出した場合です。

100円で買った人が、200円で売ったとすると、100円の利益。

その半分50円が、売った人の取り分で、今泉兄にも50円入ります。
という事は、100円で買った人が、予想通り1000円で売ったとします。

この場合、900円の利益なので、450円が売った人の取り分で、今泉兄にも450円入ります

今泉兄は、初めに100円でVALUを売っているので、合計550円の資金調達になります。
5万VA売り出しているので、550円×5万VA=2750万円の資金調達が行えるんですよ!!

さらに、VALUの価値がアップし売買が成立すれば、さらなる資金調達に繋がりますので。

このルールがあれば、初めの価格は、高い方がいいのですが、安くても、資金調達に繋がるって事でして。
後は、ひたすら、時価総額が高くなるように、頑張る。

何をもって、時価総額が高くなるかって部分は、難しい問題ですが・・・。

あ、これは、後のルール変更案で、解決するはずですので、後回しって事で。
とりあえず、このルールで、初めの売り出し価格などのネックが、一つ無くなるかと思います。

一つ、ひとつ、クリアーしていきましょう。

これで、今泉兄、片足くらい参加する気になりました。
ちなにみVALUの価格が下がった場合・・・。

この場合は、買った人が損していますので・・・。

仕方ありません、見る目が無かったという事で、株と同じく、自己責任です。
その場合は、利益が出ていないので、株と同じで、損するだけ。

VALU発行者の取り分も無し・・・って事で、良いかと思います。

ただ、また、時価総額がアップすれば、利益が誰かに出れば、その半分が軍資金になりますので。
というように、今でも、VALUは、発行者側のメリットだけが多いような気もしますが。

この新ルールが適用されれば、発行する側からすると、非常に、良い感じで・・・。

それでもVALUを買いたい!って人がいるなら、それはそれで、アリだと思います。
今泉兄は、それ以上のメリットが無い限り、絶対に買いませんが・・・。

投機としての参加は、そんな資産が無いので、無理ですので・・・。

そして、ここからが、VALU発行側ではなく、買う側のメリットの為のルール変更です。
そう、今のままだと、今泉兄が参加しても、たぶん、資金調達成功しませんので!

ここで、買う側のメリットを、もう少し明確にします。

というか、VALU保有者のメリットであり、時価総額の一つの指数です。
VALU保有者のメリットから、行きましょう。

2点ほどありまして、一つは完全たるメリット。

そう、それが、配当です、ビットコインによる配当を実施しましょう。
時期は確定申告の頃が良いですね、なんとなく。

というのも、操作もできてしまいますが、やはり、ここは、年収の10%くらいを、VALU運営元が徴収する仕組み。

それを、VALU保有者に分配するんですよ、これぞ、完全にメリットです。
だって、個人に投資しているですから、その個人が、その軍資金を元に、成長するって事ですので。

これくらいは、やっちゃいましょうよ!!

年収の10%くらい、何とかなりますって、みんな軍資金をゲットした人達ですから。
例えば、この割合も自由にして、そのうえで判断って事でも良いかも知れませんね。

昨年の年収と、この軍資金による年収増加計画を発表して、どれくらいの割合を還元するかって発表もして。

会社が業績を発表して、配当や株主優待を用意するのと同じく、個人は年収で、そこから配当です。
さらに、これは、VALUを買った人を保護する仕組み。

そう、VALUを退会するには、全てのVALUを買い取らないとアウト!って仕組みにします。

逃げられないように、勝手に逃げ出すのはアウトです!
紙くずになってしまうのは、やはり、寂しいですから。

これは、契約を交わし、退会時は全てのVALUを、その時の価格で買い取るルール。

これで、参加ハードルが高くなりますが、それくらいシビアにしないと、ダメですよ、遊びじゃないんですから。
あれ、遊びか!?

VALUって疑似株式、疑似体験って事で、もしかしたて、遊びだったのか!?

だったら、こんな、まじめに考えちゃって、ちょっと恥ずかしいかも・・・。
ただ、時は金なりって事で、このブログを書いた時間もコストなので、仕方ない、回収しないといけないので、このまま続けます。

このルールで、発行者側の責任感であり、メリットの裏にデメリットを用意する事で、少し平等になったかな~と。

どうですかね!?年収の5%なのか、10%なのか、配当として没収する仕組み。
その分、投資するから、もっと頑張れ!って場合は、VALUが割高でも、追加購入すればいいだけですから。

その差額の半分が、発行者に渡されるので、割高で買ってあげてください。

それが、更なる時価総額アップにも繋がりますので、良い感じになるか、ダメな感じになるか、わかりませんが、そんな感じです。
で、時価総額ですが。

この配当が実施される事で、少し、現実的な価格に収まるんじゃないかと思います。

さらに、辞める時には、全てのVALUを買い戻す仕組み。
このルールを逆手にとって、第三者が、どんどんVALUの価格を上げて、辞める際に、儲けるぞ!って考えた場合ですが。

ただ、価格がアップすれば、その半分は、発行者にわたりますので。

さらに、永遠に続ければいいだけなので、そういった悪さをされる可能性は、低いかと思います。
絶対に買い取らないといけないのは、辞めたい!って時だけですので。

価格がアップしたので、辞めません・・・、買い取れません・・・って事で、続ければいいだけ。

価格を釣り上げた側は、保有VALUの購入価格に比べ、配当の割合が少なくなるので、損ですよ、損。
という自然作用というか、そんな感じになるんじゃないですかね・・・。

と、完全に無責任なアイデアですが、たぶん、この辺だと思いますよ、きっと。

時価総額の判断基準と、配当なのかわかりませんが、明確なメリット部分。
そして、勝手にやめられちゃった場合のリスク。

会社の場合も、倒産しちゃったら、アウトで同じなのかも知れませんが、決算報告というルールの元、監視する仕組みがありますので。

個人の場合は、年収ですよ、年収、そこを担保にしない場合は、難しいのでは・・・。
後は、そこまで入り込まれると、嫌な感じもしますが、資産ですよね・・・。

個人の資産も含め、開示してこそ、個人に投資って流れができるのかと。

となると、このルールを適用しても、今泉兄、無理だな・・・
信用も、資産も、財産も、何もありませんので・・・。

あるのは、融資を受けたので、その保証人という事で、借金のみ・・・。

時価総額、マイナスじゃないですか!?マイナス金利ですよ、マイナスです!
という事で、結論。

どんなルールになっても、今泉兄、個人だと、資金調達は無理!

やはり、今泉弟のいるデジタルストリート社として、新サービス「DIGITAL STREET」としての資金調達でしか、無理だと悟りました!
では、さようなら。

今泉兄のように、個人に価値が無い人は、チーム戦で戦いましょう。

チームで資金調達をしましょう。
というより、人のお金をあてにせず、自ら稼ぐしかありませんね。

コツコツと、コツコツと。

そうすれば、いつか価値が付き、軍資金が舞い込んでくるのかも知れませんね。