~ストーリー 1~

★開発日記★円、ドル、金、それとも、ビットコイン!?ポイントの原資は、何で保有する!?

2017/06/11 17:45:00
(2017/06/10 41:45:00)
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
ポイントをもらう側の場合、まったく気にする必要は無いのですが・・・。

ポイントをあげる側は、実は、付与したポイントの価値と同じだけの現金をキープしておかないといけません。

これって意外と、知らない人が多いんですけどね・・・。
こんな仕組みですよ、ざっくり説明すると、こんな仕組みです。

ポイントを付与するって事は、ポイントをあげた側は、ポイントをもらった人に借金している事。

これがいまいち、理解できない・・・って場合が多いですね、ポイント付与は、皆んさんに、あげた側が借金している事なんですよ。
ポイントを付与するって事は、そのポイントの価値をプレゼントするって事ですので。

例えば、1ポイント1円相当のポイントを付与した場合。

1円プレゼントしたって事です。
でも、この時点では、1円を用意する必要がなく、いつか1円で使える権利、わかりやすく言うと1円に交換できる券を発行したという事でして。

なので、ポイントをもらった人が、ポイントを使った時に、現金が必要になるじゃないですか!?

その現金を出すのは、ポイントをあげた側。
なので、現金を、この場合だと、1円をキープしておかないと、ダメなんですよ。

ある意味、借金している状態。

借りたお金は、いつか返済しないといけませんので。
では、いつ返済するかというと・・・。

それは、ポイントが使われた時。

他の場所では使えないって場合、例えば、ポイントを発行した側のお店や、発行した側のサイトでしか使えない場合もです。
ポイントが使われた際に、その分を、ポイントをあげた側が、ポイントをもらった人に代わって負担する必要があるんですよ。

ポイントを発行したお店で、そのポイントが使われた場合も、同じ原理です。

お店が、ポイントをもらった人の代わりに、その代金を支払います。
でも、その代金はお店の売上になりますので、相殺してプラマイゼロ。

この時点で、ポイントが使われたので無くなり、借金も無くなるって流れになります。

現金の動きはありませんが、キープしていた現金が、売上に代わるって事です。
という事で、ポイントをあげる場合、実際のお金が動かなくても、その分の金額をキープしておく必要があります。

例外としては、他の場所では使えないポイントで、しかもデジタルコンテンツにしか使えず。

さらに、ポイントの有効期限が例えば、その月の月末までだったりした場合など、現金をキープする必要が無い場合もありますが。
超細かく考えると、一瞬でもポイントを付与する場合は、現金をキープしておきましょう!って事で。

で、本日のお題は、その現金を、どのようにキープしておくか。

円なのか、ドルなのか、金なのか、ビットコインなのか。
さらには、株なのか、我が社の場合は株式会社デジタルストリートの株なのか。

法的な問題は、仮の話しなので、後で考えるとして。

まずは、シミュレーションする事により、今後の可能性を考えてみましょう。
で、ここでさらに、ややこしい問題が・・・。

我が社の新サービス「DIGITAL STREET」、略して、デジストの場合。

付与するポイントの単位は、まだ確定していませんが、デジタルストーンって事で、stにしようと思っています。
そのデジタルストーン、デジストーンの原資をキープするのを、円、ドル、金、ビットコインにするのか!?

それとも、デジストーンの価値は、日々変動するので、価値を固定化する際に、1コイン=1円相当のデジストコインに交換するのですが。

そのデジストコインの原資をキープするのを、円、ドル、金、ビットコインにするのか!?って、二つのパターンが考えられまして。
もう、この時点で、今泉兄としても、混乱・・・。

いろいろな可能性、いろいろなパターンが発生するんですよ。

しかも、円以外は、円換算すると、価値が変動しますので、日々、日々、変化しますので。
円以外が変動するという事は、もう、何もかもが変動で、面白すぎる・・・。

そうですね、ドルとユーロと、ビットコインと、株を何種類か保有していて、全体として、今、自分は、どれくらいの財産を持っているのか・・・って事でして。

それこそ、AIに運用を任せないと、わけわかめ状態ですよ・・・。
という事で、後者にしましょう。

デジストーンは、変動するので、ややこしいので、一旦、デジストコインに交換してもらいましょう。

その際、デジスト円コインなのか、デジストドルコインなのか、デジスト金コインなのか、デジストビットコインなのか、選べるようにしましょう。
では、まずは、一番簡単な円の場合。

これは、非常にシンプルで、たぶん、まずは、ここからのスタートになります。

デジストーンを、その時の相場で、デジストコインに交換します。
この場合、デジストコインの総数と同じ分だけ、我が社デジタルストリート社の銀行口座に、現金が貯金されている状態です。

銀行口座には、元々、デジストーンの原資の分だけ、現金が円で貯金されていますので。

このデジストーン口座から、デジストコインに交換された金額分だけ、デジストコイン口座に振替をするだけ。
後は、デジストコインを保有しているユーザの皆さんが、俺の口座に振り込め!って詐欺を、あ違った、指示を出した瞬間、皆さんの口座に振り込まれるという事で。

あ、これ、妄想の仕組みですので、実際は、銀行振込に対応するのは、相当後になるかと思います!

なぜって、振り込み手数料は、基本、皆さんの負担なので、もったいないですから・・・。
100円振り込むのに、216円とか、手数料が発生してしまうのが、現在の日本の銀行の仕組み。

なので、デジストーン⇒デジストコイン⇒銀行への振込は、相当後になるだろうな~と。

ただ、今回は、円で保有した場合の一番わかりやすい例として、円⇒銀行という流れのシミュレーションにしたって事です。
では、これがドルになった場合・・・。

デジストーンの原資は円なのですが、デジストコインにした瞬間に、ドルに交換する必要がでてきます。

細かく言うと、デジストーン⇒デジスト円コイン⇒デジストドルコインって流れになるかと思いますが、一瞬のできごとなので、皆さんから見たら、いきなり、デジストーン⇒デジストドルコインに交換できた!って事になります。はい。
では、ここでどんな事が発生するか。

まずは、交換するところから、見てみましょう。

そう、ドルに交換する際に、両替の手数料が発生するんですよ。
デジストの場合、これらの手数料は、全て見える化するって事で、ユーザの皆さんの負担にする予定です。

ケチだ!、自分達の売上が一番なのか!って、怒る方もいるかも知れませんが。

実は、この方法が、一番、皆さんにとって、メリットがあると思っています。
そう、手数料無料とか、手数料はこちらが負担!って、甘い罠に、騙されてはいけません。

実は、それは、自分自身で負担している事。

もしかしたら、他のユーザの方の手数料も、自分自身で負担してしまっている場合が、多々あります。
例えば、送料無料の場合。

もちろん、商品代金に、含まれていますので、実際は、無料って事はありませんよ。

しかも、本来なら、近くに住んでいる場合、他の方に比べ、送料が安い可能性があります。
でも、想定される送料の平均値を予想して、商品に上乗せし・・・。

こうやって、商品の価格が決定しますので。

実は、遠くに住んでいる人の送料の一部を、近くに住んでいる人が負担・・・。
こういった事が考えられます。

クレジット払いもそうですからね・・・。

現金で支払っている人は、クレジットで支払っている人の手数料分が、商品代金に上乗せされていますので。
そうやって、見えない化を行い、手数料無料、送料無料を行い、なんとなく、お得な気分にさせる。

それが、手数料無料であり、送料無料のテクニック。

それはそれで、否定しませんし、ライバル業者も全て、この方法だと思うので、この方法が最適なのでしょう。
でも、デジストでは、あえて、見える化。

例えば、交換手数料を無料にした場合、デジストーンの価値を下げる必要が出てくるんですよ。

その分、どこかで手数料分を捻出しないといけませんので、それは、そのまま、ユーザの皆さんの負担になります。
さらに、誰かが、誰かの負担をする事になりますので。

デジストの場合は、頻繁にデジストーンを現金に交換する方の振込手数料を、まったく現金に交換しない方が負担する事に。

デジスト内で、アバターのアイテムを購入しまくってくれる方が、デジストの外で現金として使うユーザの手数料を負担する事になります。
なので、見える化。

外の世界で使いたい場合は、それ相応の手数料を負担してください!って事でして。

デジスト内で使う場合は、振込手数料が必要ないので、その分、楽しんでください!って理由もあり、手数料の見える化を行う事にしました。
という事は・・・。

デジストドルコインにする場合は、その時点で、両替手数料分、価値が下がります。

さらに、デジストドルコインを、現金化する場合に、日本円にしてから、皆さんの口座に振り込みますので。
さらに、両替手数料と、さらに振込手数料が発生します。

ただ、そうなんですよ、そう、ここで為替が・・・。

その時、円安、ドル高だった場合は、なんと、デジスト円コインに交換した場合に比べ、振込金額が増える可能性があるんですよ!!!
又は、あるのか、どうか、知りませんが、デジスト社の外貨の銀行口座から、皆さんの外貨の銀行口座に振り込む事ができるならば。

ドルを円に両替する必要が無いので、そのまま、振込手数料だけで済みますので。

この場合、円でも、ドルでも、振込手数料は発生するので、同じとして。
後は、ドルに両替する際の両替手数料だけですので。

これは、円とドルを両替する場合は、必ず発生するので、仕方ないとして。

そう考えると、デジストドルコインもあり、ドルでポイントの原資を保有しておくのは、アリなんじゃないかと思っています。はい。
という事は・・・。

デジスト金コインも、同じですよね。

両替手数料ではなく、金に交換する際の手数料が発生という事で。
しかも、ドルと同じく、もしかしたら、金の価値がアップすれば、現金化する際に、振込金額がデジスト円コインよりも、増える可能性がある。

さらに、皆さん、忘れてはいけない事があります。

そう、デジストーンは、無料でもらえるポイントサービスですので。
なんと、ドルを買った事が無い人、金を買った事が無い人でも、知識が全くない人でも、参加できますので。

皆さんに代わり、貯まったポイントを、デジストーンであり、デジストコインを、資産運用するって事なんですよ、全部無料です!!!

無料でもらえたポイントでも、少額でも、立派な資産ですからね、超少額だと思いますが・・・。
金融庁に相談だな・・・。

ここまでくると、単なるポイントサービスなのですが、勘違いする人もいますからね。

なんだ、なんだ、デジストーンを買うには、どうすればいいんだ!とか、デジストコインは価値が変動するのか!?って、思う人も出てくるかも知れません。
デジストーンが価値が変動するのであって、デジストコインは固定の価値ですから・・・。

ただ、デジストドルコインにしたり、デジスト金コインにしたら、価値が変動するって、ある意味、言えますので、円換算した場合ですが。

まさか、金融ビジネスに参入する事になるとは・・・。
ま~、ネットビジネスの最後は、そこに行きつく事はわかっていましたので、覚悟はしていましたが・・・。

やるしかないですし、通らないといけない道だとはわかっていますので、もちろん、突き進みますよ。

で、最後のビットコイン、なぜ、ビットコインなのか・・・って話しに繋がります。
そう、手数料なんですよ、手数料。

せっかく、皆さんに付与したデジストーンは、見える化した、仕組み。

誰かの負担をする必要は無く、自分に発生した手数料だけが、自分のポイントから差し引かれる仕組みです。
という事は、デジストの外の世界で使いたい場合は、出来るだけ手数料の少ない何かに交換する必要があります。

それが、ビットコインなんですよ、なんと、今なら、手数料無料との事。

デジストーンを、デジストビットコインに交換する際に、とあるサービスを利用した場合、たぶんですが、今なら、手数料無料なんですよ。
たとえ、手数料が発生したとしても、ドルに交換する両替手数料よりも、金に交換する手数料よりも、ずっと安いと予想しています。

さらに、今なら、バブルな感じもするので、ビットコインの価値がアップするかも!?

いずれ、このバブルがはじけたとしても、ま~、無料で貯まったポイントですから、ゲームだと思って、気楽に交換しましょう!って事で。
先ほどの、少額でも資産は資産ですから!って言葉に、反する考えですが・・・。

なので、ビットコイン、アリだな~と。

そして、送金手数料も少ないようなので、デジストビットコインを、皆さんに送金する際の手数料も安いようですので。
そして、そのまま、外の世界で使う。

ビットコインも、いろいろなところで使えるようになってきているようなので、無理に交換手数料を支払って、円に交換してから使うよりも。

そのまま、ビットコインとして使うのが、アリなのかもしれませんね。
特に、デジストのポイント、デジストーンは、少額がコツコツと貯まる仕組みになると思いますので。

アクセスすると、円換算で、0.01円とか、0.02円とか、スタート時点では、それくらいだと思います。

ただ、デジストーン自体も、ビットコインで運用したとして、ビットコインの価値が10倍になると!?
なんと、アクセスすると、0.1円貯まった事になり、それはそのまま、もう、立派なサイト運営と同じですよ。

ブロガーは、ブログを書いて、やっとやっと、稼げますが。

もしかしたら、デジストでは、ブログを書かなくても、ブロガー並みに、お小遣いが貯まるかも!?
いや~、夢のような世界です。

そして、夢で終わるのでした・・・。

ビットコインのバブルもはじけ、デジストーンの価値も激減し、今泉兄の存在も、バーチャルだったって事で・・・。
いやいや、そうはなりませんよ、計算上は。

そこまで、無茶なことはしませんし、やはり、基本は円ですよ、一番安心な円での運用です。

円が中心で、ドルや金、そして、ビットコインは、オプション程度に考えてみます。
ただ、デジスト円コインを、ビットコインに交換できる仕組みは、ナルハヤで対応しようかな~と。

デジストビットコインにして、デジストが管理して、その先は、円かビットコインに交換するって流れは、少し先として。

まずは、デジスト円コインを、ビットコインに交換できて、後は、皆さんのご自由に~って流れは、結構、早めに対応できるかと思っています。
という事で、無知って、ダメですね・・・。

もっと、ビットコインの可能性について研究し、いち早く、デジストポイントの交換先の一つとして、考えるべきでした。

ただ、まだ完成していないので、今からでも間に合うのが、不幸中の幸い。
いや、幸い中の不幸になるのかも知れませんが、ま~、仮想通貨は、今後の課題という事で。

デジストーン自体を仮想通貨にする事も考えていますので。

それには、まだ、知識と経験が足りません。
いずれ、仮想世界を作りたいので、仮想通貨は通らないといけない道ですので。

参入しましょう、デジストーンを、仮想通貨にしましょう。

ここで、浮上してくるのが、デジストーンであり、デジストコインと、我が社の企業価値との連動。
そう、デジスト株コインですよ、それは、そのまま、デジストの株で運用するって事ですので。

クラウドファンディングであり、株であり、もう、ここまでくると、整理どころか、根本的な概念というか。

日本の法律もそうですし、金融のルールもそうですが。
何か、あります。

何か、この後の流れで、起こります。

革命が、資金調達方法のイノベーションが起こりますって。
その前に、まずは、この価値が変動するポイントシステム。

変動相場制ポイントシステムを、がっつり構築し、どのような使われ方があるかを、見極め。

クライドファンディングだったり、広告ビジネスだったり、何かこう、堅苦しくなく、楽しい世界に活用できる仕組みにしたいと思います。
それまでは、漠然としていますが・・・。

日々、このブログでもそうですし。

デジストのサービスとして、発表していきたいと思いますので、皆さん、一緒にデジストポイントを貯めまくりましょう!