~ストーリー 1~

★開発日記★まだまだ、あった、同時体験!?その手があったか!?

2017/06/10 02:52:00
(2017/06/08 50:52:00)
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
イツナニミルは、事前に、映画やドラマ、アニメを何時から見るかを宣言するサービス。

その宣言した内容を公開し、同じ時間に、同じ作品を見る人を集め。

同じ時間に、同じ作品を見て、チャットしたり、タイムラインにコメントを投稿したり。
これが、今泉兄の考える、同時体験を繋ぐサービス。

そう、それが、デジタルストリート。

バーチャルの道で、同じ事をしている人と人を繋ぐ、コミュニケーションツールです。
少人数で、チャットルームに入室して、語るもよし。

大人数で、タイムラインに投稿して、騒ぐもよし。

時間になるまで待てない人は、タイムラインでコメントを残して、ワクワク感を発散するもよし。
もちろん、作品を見終わった後も、チャットルームやタイムラインを閉鎖せず。

余韻を楽しみながら、あーだ、こーだ、作品に対して、語り合うもよし。

そのまま、次の作品をみんなで見るもよし。
その際は、もちろん、イツナニミルで、新たにチャットルームやタイムラインを作り。

さらなる参加者と繋がり、盛り上がりましょう。

そんな無数のデジタルの道を、今、開発中です。
で、イツナニミルの派生形。

イツナニキクは、同じ曲を聴きながら、同じラジオを聴きながら。

今泉兄のお説教を聞きたい人がいるなら、もちろん、そんな事も可能です。
セミナーとかでも活用できるかもしれませんが。

基本、エンタメ中心を考えているので、時が来たら、始めるかもしれませんね。

まずは、音楽、そして、ラジオです。
続いての派生形は、イツナニヨム。

同じ書籍を読みながら、同じ雑誌を読みながら。

近いところだと、同じ資料を見ながらって事で・・・。
ただ、ミルとヨムは、区別が難しいかも・・・。

カタログはミル、マニュアルはヨム?

同じマニュアルを同じ時間に見て、洗濯機の使い方について語る!?
そんな、マニアックな使われ方をする時もあるのかも知れませんね。

マニュアルマニアの集う場所。

ひとりがマニュアルを朗読して、みんなで聞きながら、洗濯機について、語り合う。
あ、サポートセンターの方に、マニュアルを一緒に見ながら、使い方を教えてもらう。

すでに、これは、ありそうな・・・。

洗濯機も、遠隔操作や、自宅のロボットが修理してくれる時代がやってくるのかも知れませんね。
ちなみに、ベースとなるのが、同じページを見ながら、チャットやタイムラインに投稿する仕組み。

これは、その瞬間、同じページを見ている人同士って事で、特に、時間を指定する必要はございません。

もちろん、そのページや、ブログ記事を、何時に見るから、みんなで語ろう!も、ありです。
イツナニミルは、動画じゃなくても、テレビじゃなくても、もちろん、構いません。

同じ時間に、指定の時間に、ページを見ながら、ブログを見ながら、語り合う。

プレゼン資料を見ながら、カタログを見ながら、何でも、アリです。
とりあえずは、これくらいかな~って事で、後は、仕組みを構築するだけ。

今、今泉弟がゴリゴリと、開発中。

エンジニアスタッフが、ゴリゴリっと、構築中です。
と、そんな中。

プログラマーの二人が、システムを開発中の間、できる事をしよう!って事でして。

制作、運営スタッフの2人と、今泉兄の、合計3人で、できる事をしよう!って事でして。
簡易版として、新サービス「DIGITAL STREET」、略して、デジストの各種コーナーを事前に公開予定です。

チャット機能やコメント機能はありませんが、本番さながら。

ゲネプロ版って命名して、できる限り、本番さながらのコーナーを徐々に公開予定です。
と、その時!

スタッフ一人が、すごいアイデアを!!!!

イツナニミル、イツナニキク、イツナニヨムは、イツナニスル系って事なのですが。
そのイツナニスル系に、新たな、イツナニが参加!?

そうです、そうなんです!

って、言いませんけどね・・・。
とある、イツナニ○○が、まだまだあったんですよ!

その手があったか・・・。

いや~、10人いれば、10人の目線。
もっと早く言ってよ!!!!!って、興奮しながら、今泉兄、大喜び。

早速、企画する事にしました。

しかも、コンテストの予選を通過したら、追加機能として、面接時にプレゼンしたら・・・。
優勝するかも!?

それくらいに、ぴったりの企画でした。

というか、そのコンテストのお題にも、その分野の事があったのですが。
いいアイデアが思いつかず、その分野だけ、アイデアを出していなかったんですよ。

ちょっと今泉兄の世界からは、遠い世界なので、いい案が浮かばなくて。

これで、宿題もクリアー。
いずれ、その、イツナニ○○は、やっていたとは思います。

でも、今泉兄が描いていたのは、イツの部分に、こだわりすぎていまして。

同じ時間、その瞬間というのが、同時体験だと思い込んでいました。
しかし、同時体験=その瞬間に、そこにいる必要があるというのは、一つの概念。

同時体験にも、いろいろとあるんだな~と。

いや~、深い!
そして、スタッフ最高!

やっと、やっと、何かこう、抜け出した感じがしました。

このアイデアで、進むべき方向というか、方法を見つけられました。
この5人のメンバーで成功したい!って、心から思いました。

みんなで補完しあって、一人ひとりが、得意な部分を担当して。

がんばれ!ベアーズですよ。
そして、アルマゲドンですよ!

最後に犠牲になるのは、今泉兄って決めていますので。

この5人が、活躍できる場を作るのが、今泉兄の役目なんですね。
今泉兄を含め、この5人が、黙っていても、各自がやる事を感じ、行動し、一つの目的に向かって進む事。

そんな組織にしたいな~と思って、気づけば起業して、そろそろ18年。

今のメンバーになってからが、たぶん、一番長い時間だったかと思います。
今年は、やりましょう。

今年こそ、やりましょう。

イツナニスル・シリーズを形にして、同時体験しまくるサービスにしたいと思います。
というか、会社自体が、同時体験ですね。

同じ時間、同じ場所で、同じ目的に向かって、進む事。

この地球、この日本の、この東京、高田馬場で、偶然にも、同じ職場にいる、みんな。
この同時体験を大切にして。

残された時間、出来る限り、いや、出来ない事でも、やるだけやって。

新サービス「DIGITAL STREET」を、形にしたいと思います!
では、イツナニスル?その問いの答えは一つです。

イマシゴトスル!

これしか、ありません!