~ストーリー 2~

★コラム★今泉兄がVALUに参加しない、いや、参加できない理由とは。

2017/06/07 03:26:00
(2017/06/06 27:26:00)
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
最近、話題のVALU

といっても、昨日の夜か、今日の朝方に知ったサービス。

そう、個人を会社の株式に見立てて、株式のようなモノを発行できるサービス。
マストドンの動向が、そろそろ、つまらなくなってきたので、新しいおもちゃを見つけたような感覚。

これから、1ヵ月くらい、マストドンじゃなくて、VALUの事を調べて、楽しもうかな~って思っています。

というのも、ビットコインとブロックチェーンと、クラウドファンディングを、足して、引いて、掛けて、割ったようなサービスでは無いと思いますが・・・。
なんとなく、勉強になりそうだから。

そう、我が社の新サービス「DIGITAL STREET」は、クラウドファンディングで、資金を集めようかと思っています。

まだ、そうするか決定はしていませんが・・・。
さらに、前章で語った、デジストーンは、仮想通貨にするかもしれませんし。

その技術は、ブロックチェーンなんですよね、たぶん、そんな事だと思います。

なので、単語が、ビビビッと、ビビビットコインって事でして。
しかもですよ、しかも!?

このブログ、いずれ、クラウドファンディングにするじゃないですか!?

本来は、99人の夢を追いかけている人達を、応援するプロジェクトですから。
その前に、実験台として、今泉兄が、自ら99個の夢を追いかけるって事でして。

その一つが、次の章のダイエット報告。

そう、99個の夢の1つ目が、ダイエットなんですよ。
残りの98個は、過去に発表して、断念。

ダイエットも断念したので、99個中、1個も夢が叶っておりません・・・。

そこで、先日、リベンジとして、ブログを再開。
さらに、近い将来、ひとりクラウドファンディングって事で、99個の夢を発表しまして。

クラウドファンディングの仕組みを搭載して、支援者を募集予定。

と、そこで思ったのですが、VALUのように、支援者の権利を売買できるようにしたら・・・と、もちろん、思いまして。
特典が多くなれば、なるほど。

特典が、その権利の購入金額より、多くなれば。

権利を取得する際の価格が沸騰し、初めに支援してくれた人が権利を売れば、得をする。
ま~、今泉兄を支援してくれる人は、お金じゃないって方々だと思いますので。

そうですよね!?皆さん、そう信じていますよ!

なので、誰も権利を手放さないと思うので、さらに、どんどん沸騰しまして・・・。
で、そこで、誰かが売るんですよ、権利を。

裏切者は誰ですか!?

でも、その方は、儲かるじゃないですか!?
って世界が、VALUですよね!?

違うのかな・・・。

今泉兄の、ひとりクラウドファンディングも、売れるようにしちゃおうかな~。
というように、VALU、まだまだ、実は、深く知っていない、理解していないので。

この数日で、勉強してみようと思います。

何か、いろいろと、知識を増すきっかけになりそうですので。
特に、ブロックチェーンとか、ビットコインとか。

さらに、クラウドファンディングの、詳細などなど。

一応、クラウドファンディングは理解していますが、さらに、詳しく知りたいと思います。
ひとりクラウドファンディングは、作りますので。

その軍資金で、ひとり焼肉を食べて、ひとりカラオケで、ヒトリセカイを歌います!

孤独のグルメは、毎週録画しています!
で、もちろん、今泉弟にも、教えましたよ、このVALUを。

デジストのサービスとして、クラウドファンディングで資金を集める方法の他。

こんな仕組み、こんなサービスがあるんだよ!って事で、情報共有です。
で、もちろん、検討しましたよ。

そんな制度は無いのかもしれませんが、個人ではなく、兄弟として参加です。

個人一人への投資ではなく、二人への投資の方が、リスク分散ではなく、リスクヘッジという事で。
ま~、ここが、兄弟のメリットという事で。

何かと注目されるんですよ、兄弟ってだけで。

なので、参加すれば、もしかして・・・。
サービスとして、クラウドファンディングで、資金調達するよりも。

今泉兄弟として、VALUで資金調達した方が、うまくいくのかも!?

ただ、VALUには、参加しないという、結論になりました。
いや、VALU参加できない。

今泉兄弟としても、今泉兄単体でも、VALUには、参加できません!

その理由は、ずばり!!!!
そう、友達がいないから・・・。

Facebookは、ほぼ、友達がいません。

Twitterのフォロワーは、なんと、ひとり・・・。
以前は、いたんですよ、少しは。

でも、そもそも、フェイスブックも、ツイッターも、あまり利用していませんし。

さらに、ソーシャルログインや、各SNSとの連携テストなどもあり、何度も、友達やフォロワーを解除していまして。
その事が無くても、あまり、友達がいませんので・・・。

今泉弟も、フェイスブックやツイッターは、ほぼ、使っておりません。

今泉兄と違い、リアルな友達がいたり、趣味もいろいろとあるようですが・・・。
今泉兄は、基本、リアルな友達がいなく、趣味もなく、ひとりオヤジです。

なので、VALUに参加して、今泉兄のMY VALUを発行しても、誰も買いませんし。

そもそも、価値が付かないと思うんですよ・・・。
やはり、こういったサービスというか、企画は。

有名人じゃないと、無理ですよね・・・。

ネットは特に、有名人が、より有名になるツール。
もちろん、新しいサービスが登場すると、その中で、新たなプレイヤーが登場する事はあります。

ブロガーであり、ユーチューバーであり、インスタグラマーであり。

ツイッタラーであり、バイプレイヤーであり、釣りバカーであり。
なので、芸能人や有名人が有利。

ネットのサービという事で、ネットで有名な人が有利。

もちろん、VALUで1億円調達しました!って、新たな有名人が登場する可能性は多々あります。
VALUER、バリュアーって言うんですかね。

バリュアー兄弟になれるなら、もちろん、参加しますが・・・。

可能性は薄い、いや、無いな・・・。
なので、ひとりクラウドファンディングですよ、今泉兄は。

ひとりで99個のプロジェクトを立ち上げ、支援者を募集。

ま~、99円くらいなら、面白半分で、支援してくれる方も、100人にひとり。
いや、1000人にひとりくらいは、現れてくれる事でしょう。

やはり、負け戦をするよりは、自分の世界で戦う方が、勝つ可能性があります。

あれ、違うか・・・。
なぜって、自分の世界は、このブログじゃないですか!?

そして、後に公開する、新サービス「DIGITAL STREET」、略して、デジスト。

その中から、今泉兄を応援してくれる人を探すって事じゃないですか!?
ここで勝つのは、当たり前。

なぜって、今泉兄に興味があるので、ブログを見てくれる。

デジストを気に入ってくれるから、デジストにアクセスしてくれる。
その中から、一定の割合で、今泉兄のひとりクラウドファンディングに支援してくれる人が現れる。

これは、当たり前な事で、勝ち負けじゃなくて、戦いでもないですね。

自分の世界であり、我が社の世界であり、これは日常の事。
しかし、戦士は、戦いに行かないといけません!

となると、ホームではなく、アウェイに行く必要があり。

敵地にいって、そこでファンを獲得して、はじめて、戦であり、戦いに勝つって事ですね・・・。
例え、負けても、戻ってくれば、みんな応援してくれます。

負けた事を悲しみ、そして、また応援して、戦いに出してくれます。

だったら、戦いましょう!
そう、バリュアーを目指して、VALUに参加です!

と、言いたいところなのですが、ほんと、フェイスブックも、ツイッターもしていませんので。

参加したくても、参加させてくれないと思います!
で、新たな敵地を考えましたよ。

いや、適地です。

実は、ここからが、本日の本題なんですよ。
お金持ちが、さらにお金持ちになる世界。

有名人が、さらに有名になる世界。

それがこの世であり、インターネットの世界でもあります。
これは、仕方ない事で、どうあがいても、変えられない事実。

一度は、iモード検索エンジンで、業界では有名になっても、それを持続できなかったのは、今泉兄の、単なる失敗ですので。

そこを後悔しても、過去の事なので、仕方ありません。
では、自分の世界以外で、有名になる方法。

井の中の蛙で、俺は王様だ!って言う以外に、天下を取る方法。

そうすれば、何をしても、注目され、資金だって、集まります。
しかも、インターネットを使って、インターネット上です。

ただ、すでに、この世界では、有名人が多数います。

この土俵で戦っても、相手になりませんし、相手にされませんし、存在すら気づかれません。
検索にも出ず、アクセスもされず、存在しないのと一緒。

なので、VALUに参加しても、悲惨な結果になるだけです。

例え、兄弟というブランドを利用しても、これは無理な話しです。
今の今泉兄の状況、今泉兄弟の状態では、一銭も集まらず、一戦も戦えません。

自分たちのサービスで、小さく、地道に、一歩一歩進むしかありません。

下手したら、新サービス自体も、普及せず、始まる前に、オワコン状態かもしれません。
で、考えましたよ。

新たな世界を。

しかも、できるだけ大きな世界、できるだけ大きくなる世界を。
そう、それが、アニトラネット。

インターネットでもなく、イントラネットでもなく。

かといって、我が社のサービスや、このブログでもなく、より大きなネットワークです。
兄専用のネットでも、ございません。

ただ、今泉兄が考えたという事で、仮で、アニトラネットという名称にしました。

アニトラネットは、インターネットであり、インターネットではない、新しいネットワークです。
では、どんな仕組みかというと・・・。

この世界は、インターネットを利用しているのですが、普通の人は、アクセスが出来ない世界。

実際はアクセスできるのですが、解読不能な世界です。
その世界を見るには、専用のブラウザが必要。

この世界は、みんなの協力で成り立たせたいので、有料のブラウザにします。

かといって、会員登録制の、会員サイトではありません。
単に、専用ブラウザじゃないと、解読できないホームページ。

という事は、作る側も、専用ソフトや専用サービスじゃないと、ホームページは作れません。

暗号化されているので、そのページを見ても、グチャグチャ。
グーグルの検索結果にも、表示されません。

なぜって、意味不明だから。

例え、検索結果に表示されても、普通の人は、解読不能なページです。
誰でもアクセスできるけど、知っている人しか、解読できない。

そんな世界を作り、そこで勝負です。

そこは、ゼロの世界ですので。
一から、スタートできるって計画です。

現在の世界で無理なら、新たな世界を作ればいい。

新たな場所を作ればいい。
と、ふと思ったのですが、そこに有名人が参加したら、同じじゃないですか!?

また、有名人が、さらに有名になる。

影響力のある人が、さらに影響力が付く・・・。
さらに、もしも、今泉兄が、その世界を作って。

職権乱用で、その世界で有名になったら・・・。

それって、このブログだったり、我が社のサービスという事で、ホームじゃないですか!?
なんですか、結局、井の中の蛙から抜け出せなくて。

まったく戦っていない、勝負していないじゃないですか!?

せっかく、良い案だと思ったのに、アニトラネットは・・・。
という事で、アニトラネット。

ホームページを作る言語は、ANIXML(アニックスエムエル)。

解読不能なページを見つけたら、アニブラウザをダウンロードして見てくださいね。
実は、すでに、このインターネットの世界に、アニトラネットは存在しているのかも知れません。

知らないのはアナタだけで、みんな、こっそり、アニブラウザで、新たな情報を得ているのかも知れません。

「アニトラネット」で検索しても無理ですよ。
なぜって、暗号化されているから・・・。

検索されるのは、このブログ記事だけ。

入口は、遠いところにあるようで、目の前にあるのかも知れませんね。