~ストーリー 1~

★開発日記★とあるコンテストにエントリーします!

2017/06/03 01:32:00
(2017/06/01 49:32:00)
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
え~、我が社の新サービスは、同時体験を繋げるサービスでして。

同じ時、同じ事をしている人同士を、チャットルームやタイムラインで繋ぎます。

チャットしたり、コメントしたりして、その同時体験を、離れている場所でも共有できます。
そんなサービスなのですが、応用はいろいろとありまして。

あ、その前に、基本的なサービスをご紹介ですね。

そう、もちろんインターネットのサービスという事で、同じページを見ている人同士で、コミュニケーションができます。
え~、今日は、細かい話をすると、ややこしいので、やり取りできます!って説明を見たら、こう感じてください。

まずは、その場にいたら、チャットルームに入室して、チャットができます。

これは8人くらいの少人数にしようかと思っています。
もちろん、基本、入室しないと、会話が見えないようにしますので。

こちらは、ある意味、非公開の場です。

さらに、過去の会話は、どんどん消えていきますので。
途中からチャットルームに入室しても、過去の履歴は見られません。

まさに、本当の部屋に入った時と同じ。

入った時から、会話に参加ができます。
そうですね~、グループチャットだと思ってください。

ただし、リアルタイムで参加しないと、会話は見る事が出来ません。

これが、チャット機能です。
続いて、タイムラインを用意しますので、こんな事ができます。

それが、大人数による、やり取り。

チャットと言っても良いのですが、我が社の新サービス「DIGITAL STREET」、略して、デジストの場合は混乱するので、コメント機能って言っています。
コメント機能は、チャットルームと違い、オープンな場。

過去の投稿の履歴は残りますし、入室するという概念が無いので、基本、誰でも閲覧可能。

会員登録しなくても、閲覧だけなら可能です。
という事は、その場にいなくても、コメントに返信する事も可能です。

そうですね~、これは、まさに、ツイッターですね。

このチャット機能と、コメント機能が、基本的な機能になります。
では、同じページを見ている人同士で、やり取りができる、以外に。

どんな事に応用できるかって事でして。

そこを知る事で、グループチャットやツイッターとは、一味違うサービスだって事を、ご理解いただけるかと思います。はい。
まずは、同じ動画を見ている人同士で、やり取りができます。

これは、YouTubeでもいいですし、有料のネット動画配信サービスでもいいですし。

さらには、DVDを借りて、そのDVDを見ながらやり取りでも構いません。
ま~、タイムラインがありますので、同時に見ていなくても良いのですが。

せっかくなので、同じ時、同じ動画を見る仕組みを作ります。

って、単に、宣言するだけですけどね。
それが、イツナニミル予約機能。

何時に、どの作品を見るのか、宣言します。

すると、その時間になると、チャットルームやタイムラインが公開され、やり取りができるって流れです。
数分のネット動画でも、映画でも、ドラマでも、アニメでも。

テレビでもいいですし、テレビ番組を録画して、指定の時間に見るって事でも構いません。

これだけでも、流行れば、立派なサービスになるだろうな~と思っています。
その動画の中でも、カバー動画だけに特化したコーナーから公開予定。

でも、残念な事に、チャット機能やコメント機能が、まだ開発中でして。

なので、カバー動画を紹介するコーナーからのスタートです。
他にも、こんな使い方が可能です。

そう、同じ瞬間に、同じモノを食べている人、飲んでいる人同士で、やり取りができる。

同じお店にいる人同士で、やり取りができる、って事も可能です。
さらには、同じ地域に住んでいる人同士でのやり取り。

例えば、売ります、買いますなどでして。

売りたいモノの詳細を投稿して、タイムラインにコメントして、質問する。
もちろん、回答はタイムラインで。

その回答を、みんなが見る事ができますので、同じ質問にいちいち答えなくてもすみます。

売ります、買います、探していますなど、クラシファイドサイトとしての活用ができるんですよ。
さらには、クラシファイドだと、イベントなどの告知。

セールの予告。

新装開店の案内など、いろいろと使い道がありそうでして。
そして、もう一つが、同じ時、同じ行動をする場合。

例えば、今日は、全国でゴミ拾いをしよう!ってプロジェクトを立ち上げます。

タイムラインで、各地のゴミ拾いの報告をする。
そんな使い方、使われ方をイメージしています。

他にも、いろいろとありますが、まとめるとこんな感じ。

同じページを見ている人同士のやり取り。
同じ作品を見ている人同士のやり取り。

同じ地域の人同士のやり取り。

同じ行動をしている人同士のやり取り。
同じを共有するんですよ、デジストを利用して。

同じ時間の場合は、チャット機能で。

同じ時間ではない場合は、タイムラインに投稿するコメント機能で。
で、そんな時、今泉弟が、とあるコンテストの情報を入手しまして。

そのコンテストにエントリーするぞ!って、言うんですよ。

え!?優勝すると、え!?マジ!?って事でして。
もう、今泉兄は、優勝する気マンマン。

エントリーしてから、書類審査を合格し、面接を受けて、最終決戦。

妄想上は、確実に、優勝して、賞金をゲットして、さらに・・・って流れです。
いや~、もっと早く知りたかった・・・。

何しろ、知ったのは、今日ですから、今日。

締め切りまで、もう、時間がありません!
という事で、週末を利用して、企画書というか、エントリーシートを作成し。

もちろん、優勝以外は、辞退ですよ、中途半端な賞はいりません!

目指せ、優勝、目指せ、賞金。
デジストのサービスを、少し、そのコンテスト用にカスタマイズしたサービスにして、企画書に落とし込むだけ。

1日あれば、たぶん、書けると思います。

立派かどうかは分かりませんが、ま~、魂を込めて、作りたいと思います。
もちろん、優勝したら、皆さんには、この場でご報告。

落選しても、規約的に大丈夫なら、発表しちゃいますかね。

予選落ちだと、相当恥ずかしいですけどね・・・。
その時は、それは、そのまま、デジストの失敗という事で。

やる気も、元気も、何もかも無くなって、廃人として、語りたいと思います。

結果は、たぶん、数ヵ月後なので、ご期待ください!
そこで、少しだけ、開発はストップ。

といっても、今泉兄の簡易版の方でして、今泉弟とプログラマーのスタッフは、頑張っていますよ。

もう、意味不明な単語が飛び交っていますので、今泉兄は、入っていけません!
よし、これより、企画書だ!

エントリーシートの作成だ!

とあるジャンルの同時体験を共有する、画期的なサービスが登場するかは、このコンテスト次第です!
といっても、コンテストが無くても、このサービスは公開しますので・・・。

どちらにせよ、公開するので、エントリーを決めたんですよね。

これで優勝すれば一石二鳥、今泉弟の嗅覚は、実は誰よりも鋭いのでした!