~ストーリー 1~

★開発日記★同じページを見ている人の表示は、人数なのか、アイコンなのか!?

2017/05/28 18:29:00
(2017/05/27 42:29:00)
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
同じページを見ている人が分かる仕組み。

なぜって、そこから、コミュニケーションを取る仕組みを搭載するから。

まずは、今そこに、何人いるのかだけでも、表示しようと思っています。
その際、人数を表示するのは、もちろんです。

例えば、そのページにアクセスした人がいたとします。

その人が、他のページを見るまでの間、そのページを見ている事として、その人数を表示。
他のサイトに行ってしまったのか、そのページをずっと見ているのかは、判断ができませんので。

その際は、例えば、そのページを見て30秒間は、そのページを見ている事とする。

何かしら、そんなルールも必要かもしれません。
または、ページに何かしらの機能を埋め込み、そこが読み込まれると、カウントできる仕組みなど。

さすがに、ページを操作しないで見ていたら無理ですが。

スクロールしたり、マウスでどこかを触れたり、タップしたら、カウントする事はできそうな気もしますので。
何かしらアクションした際に、サーバ側に信号を送る事ができれば、そのページを見ているって事にできますね。

方法や、そのページを見ているという定義は、後で考えるとして。

何かしらのルールで、同じページを見ている人数を表示したいと思います。
その際、単に人数を表示するだけの方が良いのか。

それとも、アイコンなどで、人がいる事を表現した方がいいのか。

その辺の表示方法を考えないとな~とは思っています。
はじめは、人数だけの表示と思っていたのですが、ページを邪魔しない程度に、目立たせたいじゃないですか!?

又は、ページによって、選べるようにするなども、アリかと。

後に、我が社の新サービス「DIGITAL STREET」、略してデジスト以外のサイトにも設置できる機能を考えていますので。
サイト主催者の方が、小さいデジストソーシャルボタンを設置した場合は、人数だけ。

大きなデジストソーシャルボタンを設置した場合は、アイコンで表示など。

いくつか用意するのも、一つだよな~って思っています。
なので、答えは、決まっているのですが。

そう、選択制。

さらに、当初は、デジストのページだけに設置なので、模索する事にはなるかと思います。
ユーザインターフェイスって難しいですね・・・。

人数であり、そこに人がいるって雰囲気を、画面上で表現する。

しかも、限られたスペースで効果的に、視覚的に見せる事。
しかも、減るんですよ、その人がいなくなったら、数字を減らす必要があります。

リアルタイムに、その数字を減らし、あ~、人がいなくなった・・・という事を感じてもらう。

足あと機能の進化系なんですよ、この機能は。
リアルタイム足あと機能なんですよ、この同じページを見ている人数を表示する機能は。

あれ、という事は・・・。

やばい、また、すごいアイデアであり、恐ろしいアイデアを思いついてしまった・・・。
足あと機能の進化系という単語で、ピンときました。

詳しくは、次回の開発日記で発表しますね。

使い方によっては便利ですが、使い方によっては恐ろしい機能です!
この恐ろしい機能を搭載する、しないに限らず。

やはり、まずは、画面にどう表示するか・・・。

人数なのか、視覚的にアイコンなのか、数字は無しで、単にデジストソーシャルボタンの色を変更するとか。
グーグルアナリティクスのリアルタイムのレポートのように、グラフを横にスライドするとか。

どれくらいの人がそのページを見ていて、どれくらいそのページに滞在しているか。

それを、どう表現して、何を表現しないか・・・。
ユーザからすると、あまり開示しすぎると、嫌ですからね・・・。

最大はアナリティクスの情報として、最低は、誰かがいるかどうかだけ。

この間の、どこがいい塩梅なのか、そして、どう表示するのがいいのか。
答えはまったく出ておりません!

徐々に、模索しながら・・・という回答は、嫌なのですが・・・。

これは、まさに試行錯誤するしかないな・・・と。
最低ラインから、まずは搭載する事にします!

まずは、1人でもいれば、ボタンを赤色に。

誰もいなければ、ボタンをグレーに。
ここから、人数を表示するかどうか、検討し。

人数の次は、会員の場合はハンドル名を表示するか、検討し。

もちろん、会員の方が、匿名にするか、ハンドル名を表示するかは、選べるようにします。
その後、どれくらいの時間、そのページに滞在してるか。

スマホなのか、パソコンなのか、などなど。

どこまで表示するか、開示するかは、検討します!
このバランスが、ぴたっとはまった時。

便利な機能として認知され、デジストが人気になる事でしょう。

という事で、結論はおあずけで、進めながら決めたいと思います!