誤字脱字や、ウェブサイトのミスを投稿できるサービス「誰にも言わないで」。

2017/05/09 23:27:00
(2017/05/09 23:27:00)
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
気づけば、ブログを再開して、2ヵ月が過ぎまして。

昨日お伝えしたように、このブログは手動で作っていたのですが、半分くらいシステム化しまして。

なんと、更新がすっごく楽になりました!!!
ありがとうございます。

その分、ブログの内容は、そのまま浅く薄く。

という事は、さらに、無駄に長く語れるようになったんですよ!!!
いや~、ますます、このブログの人気が落ちて、最後は、今泉兄しか読まなくなるんじゃないですかね!?

となると、今泉兄ブログのセッション時間は、長くなりますよね。

だって、今泉兄は、ちゃんと最後まで読んで、誤字脱字をチェックしますので。
となると、今泉兄ブログの価値はアップ!

最後まで読んでくれるって事は、長く読んでくれるって事は、それだけ意味があると、グーグルは判断しますので。

って、今泉兄が読んでいるだけだと、意味がないですけどね・・・。
でも、ご安心ください!

実は、無駄に長いだけあって、皆さん、結構、読んでくれているようです。

セッション時間が、結構、長いんですよ!
きっと、天国の先輩だろうな~。

その昔、富士通の子会社にいた時の先輩です。

ホームページ制作人として派遣として入社し、後に社員になったのですが、その時の同じ部署の先輩です。
今泉兄は、今泉弟と起業してしまったので、その先輩とはお別れしたのですが。

我が社のサイトを見て、「兄~、ここの文字が間違っているよ~」とか。

「兄~、このページがエラーだよ~」とか、とか。
よく、我が社のサイトをチェックして、ツッコミをくれていました。

そんな先輩も、後に、お亡くなりになりまして・・・。

もっと、真剣に、先輩と向き合っておけばよかったな~と、後悔しか残っていませんが。
今でも、自ら、誤字脱字を見つけると、先輩を思い出します。

そんな先輩の意思をついで、考えましたよ、誤字脱字を発見した時に。

サイトのエラーを発見した時に。
サイト主催者に届くかもしれない、画期的なのか、必要とされないのか、わかりませんが。

そんなサービスを、今日は、熱く、暑苦しく、語りたいと思います。

先輩のおせっかいだけど、心地よかった、あの体験をまたする為に・・・。