~ストーリー 1~

DIGITAL STREETの広告は、どんな広告!?

2017/05/08 00:46:00
(2017/05/07 24:46:00)
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
18年前、iモード専用の検索サイトOH!NEW?を公開する少し前。

いや、だいぶ前からだったかな・・・。

いつからかは忘れましたが、ネットの広告に出会いました。
この世界に入った時から、ネットの広告に注目していまして。

というか、ネットによるビジネスですね。

その大部分が、広告であり、サービスや商品の告知って事で、当たり前ですが。
まずは、パソコン版の検索サイトを構築したので、そこに掲載した広告です。

当時は、個人でしたので、アフィリエイトじゃなくて、クリック保証のバナー広告だったかな~。

アフィリエイト広告もあったような気がしますが、確か、クリック保証のバナー広告だったかと思います。
そして、すぐに、ケータイ検索サイトを構築して、パソコンからケータイの世界にシフトしまして。

まだ、iモードの勝手サイトが、まったくない時代にから、ケータイの広告ビジネスを目を付けて、言い続けましたよ。

ケータイの広告は、パソコンの広告を超える!って。
誰も信じてくれないので、だったらiモード片手に会社を辞めて、起業する!って宣言しまして。

兄弟で会社を辞め、iモードの広告、ケータイの広告が成り立つ事を、体で証明だ!って。

もちろん、その後は、まさに、ケータイ広告の時代がやってきまして・・・。
ただ・・・。

ただ・・・。

もちろん、OH!NEW?も、結構、儲けましたよ、ケータイ広告で。
ただ・・・。

ただ・・・。

一時は、OH!NEW?も、ケータイ検索の中では、業界トップクラスになったのですが・・・。
はい、過去を語るのはもうおしまい。

あ、ケータイ広告は、こんな感じで推移しました。

まずは、8文字×3行のテキスト広告。
続いて、画像が使えるようになったので、バナー広告。

アフィリエイトも始まりましたが、我が社が一番初めじゃないですかね!?

アンケート調査も、我が社が一番初めですね。
さらに、キーワード連動広告も。

これまた、我が社が一番初めだと思います。

後は、なんだったかな~。
メルマガの広告もそうですし、もう、パソコン版の広告と同じ事をすれば、もちろん、成り立ちまして。

ここで、アフィリエイトや広告ネットワークの部門を立ち上げれば、よかったのですが・・・。

検索エンジンだけに特化した事で、大手に負けて、はい、サヨナラ~って感じでして。
という事で、次は、ちゃんと、時代を見る事にします。

では、新サービス「DIGITAL STREET」の広告は、どんな広告ビジネスができるか、考えてみたいと思います。

広告の売上の一部が、皆さんのポイントの原資になるので、非常に重要なお話しですので、しっかりと考えましょう!
まずは、バナー広告や、テキスト広告。

特に、スマホメインのサービスになると思うので、スマホの画面の下に常駐掲載する広告、あれは、必須ですね!

と、思いつつも、実は、あの広告が、邪魔なんですよ・・・。
というのも、全てのページから、チャットを起動できるようにしたいので・・・。

ページのフッタには、固定でメニューを掲載しようと思っています。

すると、あの広告とバッティングするんですよ・・・。
そこで、バナー広告とメニューを合体させた固定メニューを考えています。

左側の三分の二くらいを広告にして、右側の三分の一くらいを、メニューにして。

チャット画面をすぐに起動できるような仕組み。
これがメインの広告になるかもな~と思いつつも、まだ構想途中です。

今のバナーよりも、少し縦幅が高くなるかとは思いますが、広告主の方が喜び、反応も良い広告で。

さらに、ユーザの皆さんも、うざくない!って広告メニューを考えたいと思います。はい。
続いて、ページ内の広告。

これって、個人的には、あまり押さないのと、うざいな~って思っていまして。

どうなんでしょうか・・・。
基本、掲載しない方向で考えています。

それよりも、ネイティブ広告的な感じで、記事風の広告とかの方が、まだマシかな~と。

なので、ページ内のバナー広告は無し、ネイティブ広告はアリって事で。
続いては、やはり、チャットボットの広告。

ユーザ同士でチャットしている際や、チャットボットと会話している際に、広告を出す事を考えています。

もちろん、単なるバナーではなく、ちゃんと会話の中でのおすすめ商品やおすすめサービスです。
無視する事も可能で、気になったら回答してもらう、チャットボット広告を考えています。

これは、チャット画面じゃなくても、ページの途中で、チャットボットが会話をしてきて。

その際、広告を紹介するって感じでして。
まさに、今回、科学未来館のパスポート更新の際に、こんなイベントやってるよ!って感じで、ディズニーアート2017のチラシが入っていたように。

何かしら、「そういえば、こんなイベントあるよ!」とか、「こんな商品でたよ!」など、ユーザの方にあった広告を、会話風で紹介できればな~と。

という事で、結論が出ましたが、チャットボット広告なんですよ、今泉兄が注目しているのは。
しかも、チャット画面にこだわらず。

画面を下にスクロールしていると、チャットボットが登場しまして。

会話してきて、ページをナビゲートしたり、広告を紹介したりと。
ま~、これまたうざいのかも知れませんが、街のティッシュ配りだったり、チラシ配りのイメージです。

もちろん、無視する事もできる仕組みにしますので。

後は、今は忙しいから、後で読む機能、後でチャットボットと会話する機能も搭載しますので。
「後にして!」ボタンって事で。

後で、ちゃんと広告を見てくれた人には、ポイントを付与するなど、インセンティブも用意しますので。

そんな仕組みを考えています。
そして、忘れてはいけないのが、地方の広告。

地域の掲示板、クラシファイドサイトに参入しますので、少額で、地域限定に配信できる、身近な広告。

1,000円単位くらいで購入できる広告枠を考えています。
掲載場所は、チャットボット広告でも、先ほどのページフッタの固定メニューに掲載する広告でも。

いろいろな場所に掲載できますので。

地域の広告の集合体を考えいます。
という事で、これにておしまい!

ゴールデンウィークって事で、ちょっと手抜きモードですが、ご了承ください。

明日からは、ちゃんと無駄に長く、意味のない、薄くて、浅いブログに戻しますので!