新サービス「DIGITAL STREET」の広告は、どんな広告になるのかを、考えました。

2017/05/08 00:46:00
(2017/05/07 24:46:00)
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
出かけてきました、久しぶりに。

日本科学未来館の年間パスポートを購入して、早1年。

結局、パスポートを購入した日と、今日の2回で、このパスポートは期限切れを迎える予定。
得だったのか、損したのかは、もう、考えない事に・・・。

しかも、今日は、科学未来館は入場していない・・・。

思いっきり、損じゃないですか!?
ま~、日本の科学の未来に貢献した事にしましょう!

そして、観に行ったのは、別途実施していた、ディズニーアート2017。

パスポートの更新の案内が届いた際に、チラシが同封されていまして、せっかくなので行ってきました。
いや~、ディズニーに歴史あり、ミッキーに歴史ありって事で。

ミッキーから、最新作「モアナと伝説の海」まで、どんな歴史だったかを体感してきました。

大混雑では無かったのですが、それでも祝日という事で、人気でしたよ。
特に、最後のグッズ売り場は、10分~20分待ったような。

限定グッズって事で、みんな買ってましたね。

その後も、お台場のディズニーストアーにも寄ったのですが、どこでもディズニーは混んでますね。
という事で、ふと見たチラシから行動した今泉兄。

人は自然に、広告から行動するんですね。

経済効果は、今泉兄だけでも、ざっと5千円~1万円くらいには、なりましたので。
科学未来館までの交通費。

アート展の入場料。

さらに、食事、グッズ購入費などなど。
ついでに、服とか、雑貨とかを買うと、かなりの消費が発生しますので。

その行動のきっかけを作った、科学未来館のパスポート更新と共に入っていたチラシ。

実は、恐るべしです!
という事で、もちろん、我が社の新サービス「DIGITAL STREET」は、この広告がメインの収入源。

インターネットの広告ですが、これが無いと、サービスが成り立ちません。

そこで、今日は、新サービス「DIGITAL STREET」の広告について語りたいと思います。
そして、断食をやめて、生き返った今泉兄。

そのまま、水を得た魚のように。

いや、炭水化物を得たデブという事で、やばいです!!!