~ストーリー 1~

LAMP(Local Aggregation Media Platform)は、地域情報を中心に日本を繋ぐポータルサイトです。

2017/04/29 21:50:00
(2017/04/28 45:50:00)
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
ローカル情報が熱い!

というか、どこにいても、やはり、人は身近な情報を知りたいじゃないですか!?

なので、当たり前といえば、当たり前です。
ネットや流通のおかげで、場所だったり、地域だったりという束縛から解放されてきた現代。

仙台のパルコのカフェで時間をつぶしていたのですが、もう、都内とまるっきり同じ。

モノやお店などは、どこも一緒で、これは、どうなのかな~とは思います。
ただ、温度や人のぬくもりは違いますから。

食材や、地域独特の世界は、まだまだ健在です!

だからこそ、これからは、やはり、地域、地方の情報が主になると思うんですよ!
もちろん、東京も、その一つでして。

東京という地方、地域の情報がメインのような感じになっていますが、単に情報が集まっている、人が集まっているだけ。

東京もまた、地域の一つとして、見ていきましょう。
という事で、名前から入る今泉兄。

まずは、この地域の情報という事で、名称を考えてみました。

それが、LAMPでして、そのままランプって読みます。
Lは、ローカル、LocalのLで、そのまま地域、地方、地元って事ですし、その場所って事です。

Aは、アグリゲーション、AggregationのAで、集合って事でして。

地域の情報が集まっているって事でもあり、その地域が集まって、全体を形成しているって事でもあります。
そして、Mは、MediaのM。

目指すのは、やはり、情報が集まる情報発信のメディア。

Pは、PlatformのPで、その仕組み、プラットフォームを作ります!
いや~、名前だけでも、もう、成功した感じ、わくわくした感じになるじゃないですか!?

地域にランプで明かりをあてて、注目するって事で。

目を向けるって事でして、元からあるモノが、明かりをつける事で、より見やすくなるってコンセプトです。
なんですか、この素晴らしいセンスは!?

オヤジになると、もう、自画自賛するしか、誰もほめてくれませんので。

バレンタインだって、誰もチョコをくれませんので、スーパーのレジの横にあるチョコを、思わず自分で買いましたよ、今泉兄は、今年のバレンタインに。
ホワイトデーの倍返しは、誰にしたらいいんですか!?

チョコを作った生産者にですかね!?

どこの地域の方が作ったかわかりませんが、ほんと、お礼したいくらいに、おいしかったです。はい。
あ~、寂しい~。

ま、来年のバレンタインは、ブログも復活したって事で、チョコがもう、盛りだくさんで・・・。

って、むなしくなるので、この話は終了。
何しろ、地域、地域ポータルです!

その前に、クラシファイドサイトは、元からやるぞ!って決めていたので、現在、構想中。

仕組みは、投稿掲示板なので簡単といえば、簡単なので、それよりも、運用ルールですね、大変なのが。
ただ、それも、検索サイトを運営していたので、ある程度はノウハウがあります。

それよりも、どうやって、クラシファイドサイトを盛り上げていくか!?って事なんですよ、一番重要なのは。

そこで、今泉兄は、考えました。
それが、LAMP構想。

クラシファイドサービスは、売ります、買います、あげます、探していますなどなど。

ほんと、身近な掲示板でして、市役所とか、スーパーとか、街のいろいろな掲示板に貼ってあるような情報を、ネットに掲載できるサービス。
地元の掲示板であり、宣伝する看板であり、伝言板であり。

可能性は、無限ですし、ほんと、日本でも、そろそろ、クラシファイドサイトが、ブレイクすると思っています。

なので、我が社も参入ですよ、もう、遅いのかも知れませんが。
でも、そこに必要なのは、やはり、ニュースなんじゃないかな~と思っていまして。

身近なニュースを、個人が投稿するのもあり。

さらに、地元の本格的なニュースを、一緒に掲載できたら、それは便利だな~と。
ニュースは、毎日見に来てくれるじゃないですか!?

そこに、身近な、売りますとか、買いますとか、募集していますとか。

今日のランチは、こんなメニューです!とかもあり。
新装開店のお店やイベント情報。

公共の情報や企業の情報、個人の情報などなど、盛りだくさん。

そこに、地元の記者の方が取材したニュースも一緒に掲載される仕組み。
そう、だからこそ、メディアプラットフォームなんですよ。

しかし、小さな会社である、我が社デジタルストリート。

クラシファイドサービスは、ネットの仕組みなので、作る事も、情報を募集する事も出来ます。
ただ、これは、単なる箱。

この箱に、やはり、魂というか、熱というか、想いを、愛を入れないと、サイトは盛り上がりません。

クラシファイドサイトだけでも、盛り上げる自信はあるのですが、やはり、地元の生の情報を。
それがニュースなんですよね~。

だからこそ、このプラットフォームを作り、地元の方々と協力して、LAMPを大きなサイトにしたいな~と。

47都道府県なので、47個のポータルができます。
さらに、市町村だと、なんと1,700以上もあるようです!

すべての市町村に、その地域を代表するメディア企業があるとは限らないと思いますが。

新聞社、テレビ局、ラジオ局、出版社などなど、地域の企業とコラボできれば・・・。
相当な地域ポータルサイトが出来ると思っているんですよ!

例えば、こんな仕組みを考えています。

まずは、自分の住んでいる地元をお気に入り登録します。
最近だと、ソーシャル時代なので、自分が住んでいる地域を設定すると、自動的にフォローされるって説明した方がわかりやすいですね。

すると、自分のタイムラインには、その地域のニュースと、クラシファイドサイトで投稿された情報が表示されるんですよ。

ニュースなのですが、タイムラインで表示されるところに注目してください。
このタイムラインは、ガジェットとして、他の地元密着のサイトやお店などにも掲載できるようにします。

代わりに、そのサイトの情報が、LAMP側にも表示されると思ってください。

各サイトには、そういった仕組みを提供しますので。
さらに、生まれた土地。

やはり、どんなに遠くに住んでいても、今泉兄は、ふなっしーですよ、気持ちはふなっしー。

なので、船橋の情報も、それはそれは、興味はありますので。
どんなナシがおいしくて、いつナシが収穫されたのか!?

って、船橋って、梨の名産地なんですかね?

ふなっしーが有名になるまで、船橋が梨ってイメージがありませんでしたよ!
ま~、生まれた土地の情報は、もちろん、多少は興味がありますが・・・。

全て必要なのかといえば、そうでもなくて・・・。

なので、情報の種類によっても、フォローしたり、フォローを外せるようにします。
例えば、船橋のお店の情報は、特に、必要ないかな・・・と。

たまに、実家に戻る際には、お店の情報とか必要になりますので。

その時だけ、見る事ができればOK。
普段は、お店とかじゃなくて、それこそ、ニュースとか、え!?そーなんだ!って情報だったら見たいですね。

ま~、この辺は、どんな情報が集まるかにもよりますが。

何しろ、地域と、情報のジャンルを個別にフォローできる仕組み。
自分のタイムラインには、住んでいる地域と、生まれた土地の情報が表示されます。

ただ、タイムラインだと、ニュースが埋もれてしまうので。

もちろん、その地域の方々が特に見せたい!って情報は、固定で表示したり、一度埋もれても、また上から表示されるように、ローテーション表示したり。
そんな仕組みを考えています。

どうでしょうか!?

なんとなく、イメージをつかんでいただけたかと。
さらに、なんだか、便利っぽくないですか!?

これがLAMP構想の基盤、地域をフォローして、その情報を毎日身近に感じる事ができる仕組みです。

ま~、その地域をフォローするじゃなくて、その地域をランプする!って事にしましょうか。
では、生まれた土地と、住んでいる土地だけしか、ランプできないのか?っていうと、もちろん、出来ますよ!

気になった土地とか、例えば、ふるさと納税した土地の情報など、せっかく、寄付したのに、返礼品だけもらって、そのままサヨナラってのも、寂しいですから。

ふるさと納税をすると、その地域のふるさと納税のジャンルが自動的にランプされ、情報がタイムラインに表示される。
旅に行った先の地域もランプされ、タイムラインに情報が表示される。

さらには、気に入った地域をランプする事も可能。

地域をランプする事で、いろいろな土地の情報に興味を持ってもらい、身近に感じていただくサービスです。
地域という事ではなくて、例えば、ラーメン好きな人は、ラーメンにランプすれば、全国のラーメン情報がタイムラインに表示されます。

スウィーツが好きな人は、全国のスウィーツ情報が表示され。

このように、情報のジャンルにもランプする事ができる仕組みです。
ただ、やはり、情報が集まるかどうかが、重要でして。

さらに、その情報の編集というか、ジャンル分けだったり、タグ付け。

だからこそ、地元の人なのか、地元の企業に編集をしてもらいたいな~と。
我が社は、ケータイ検索サイトを運営しているので、ケータイ向けのホームページのジャンル分けや、内容をチェックする事は出来ますが。

やはり、地域の情報は地域で調べる、地域でチェックが良いと思います。

地産地調です。
なので、例えば、フリーペーパーを発行している出版社だったり、編集プロダクションだったり。

新聞社はもちろん、テレビ、ラジオ局の編集チームや制作チームの方々だったり。

うまく連携、提携できれば、理想だよな~と。
その為にも、まずは、使いやすい、プラットフォームを作らないと!?と。

マストドンをカスタマイズして、各地域のインスタンスを立ち上げ、ハッシュタグで・・・って事でも良いのですが。

もう少し、情報によって、例えば、お店の情報だったら、クーポン発行機能とか。
売ります、買いますは、決済機能とか。

やはり、情報によって、入力はもちろん、出力も別にしたいので、単なる投稿システムだと、ダメかな~と。

ここは、オリジナルの機能を搭載した、プラットフォームを作るしかないな!って思っています。
というか、そこを目指して、作ろう!って思っていまして。

新サービス「DIGITAL STREET」に、LAMP構想を入れて、実現する方向で考えていますが。

もしかしたら、このLAMP構想だけ切り取って、独立した仕組みしようかな~とも思っています。
基盤は同じなので、見せ方ですね。

「DIGITAL STREET」も、場所という事を、同じ場所という事に注目したサービスなので。

まずは、「DIGITAL STREET」内のコーナーとして考えてみて。
無理が出てきたり、分けた方がわかりやすければ、LAMPは、別サービス、別プラットフォームとして仕上げようと思います。

このゴールデンウィーク中に、この辺をまとめようかな~と。

地域の方々で、もしも、ご興味があれば、即連絡ください!
という事で、本日は、この辺で。

まだまだ、整理できていませんが、近い将来、クラシファイドサイトと地域ニュースサイトを融合した。

地域ポータルサイトLAMP構想を完成させ、発表したいと思います!