~ストーリー 1~

今だったら、こんな焼肉屋さんにする!!次世代焼肉屋とは、どんなお店!?

2017/04/29 03:23:00
(2017/04/27 51:23:00)
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
近くの叙々苑のランチが、日々、高くなっているような気がする今日この頃。

しかも、安いランチメニューは、どうも整形肉だったという事を知り、高いランチメニューを食べるようになりました。

といっても、たまにですよ、たまに。
しかも、今泉父のおごり。

自腹で叙々苑の焼肉ランチなんて、贅沢過ぎて、今の今泉兄には無理。

夜の叙々苑も、最後に行ったのはいつだったか忘れるくらいに、遠い過去の記憶です。
じゃー、安いチェーン店、牛角はどうかというと・・・。

こちらは、近くの牛角に、半年くらい前に行ったような気がしますが、あまり行きませんね・・・。

だいぶ前ですが、何かは忘れたのですが、スプーンか箸が、なかなか出てこなかったか何かで。
厨房まで、取りにいったついでか、何かの際に。

あまりにライスがまずいので、どうしちゃったの、どうなってるの!?って、聞いた気がします。

そしたら、後で連絡します!って名刺をくれたのですが・・・。
名刺がしわくちゃ・・・。

名刺を1枚しか持っていなく、ボロボロで、あ~、もう、無理だ~って。

ライスも、べちゃべちゃで、べっとりで、こりゃー何を言っても無理だ・・・って事で、それ以来、行かなくなりましたね。
で、半年前に、久しぶりに行ったのですが、ま~、安かろう、悪かろうって事でして・・・。

まずいライスだって事で、文句を言っても仕方ないので、行かないって選択が正しいかな~と。

お店によるとは思いますし、おいしいライスを出してくれる牛角もあるのかもしれませんし。
たまたま、あの日の、あの時のライスが、まずかっただけで、いつもは大丈夫なのかもしれません。

案の定、久しぶりに、半年前くらいに行った時は、そこまでまずいライスって事では無かったのですが。

やはり、過去のライスがまずかったというトラウマで、同じく安い焼肉屋でも、牛角とは別のお店を、チョイスしてしまいますね。
ただ、牛角がこれだけ有名になったという事は、すごい事だと思います。

焼肉屋経験者としては、その点だけは、リスペクトしまくっています。

牛角とは違うのですが、焼肉屋のチェーン店、夢だったんですよね~、二十歳の頃の。
で、ここまでが仙台で書いたブログ。

ここからは、自宅に戻って書いております。

しかも、なんと、36時間後です・・・。
日が変更になり、さらに日が変更になり、いや~、大変でした。

終電の新幹線で帰宅し、かなりのパワーを使ったので、興奮したまま少し寝る事にしまして。

全身全霊で打ち合わせに参加したので、そのテンションを下げる事ができず、もう、寝るしかないな・・・と。
瞑想して、この辺を制御できるように、テンションを上げたり、下げたりできるように、なりたいんですけどね。

今はまだ、未熟なので、テンションが上がると、下げる事が出来ませんね・・・。

もう、何も怖いものがなくなり、不安だった時が、嘘のような気分に。
一度、瞑想に関しては、勉強して、経験して、マスターしたいとは思っています。

今は、まったく無知なので、寝る事で、気持ちを静めるだけ。

そのまま、起きる事なく、朝を迎え、やっとやっと、今日のブログの執筆を、1日遅れで執筆中です。
では、どんな焼肉屋にするか。

その前に、今泉兄と焼肉屋の歴史から。

実は、焼肉屋の歴史を書いたんですよ、いつものように、だらだらっと。
すると、それは、焼肉屋物語のようで、まったく違う、今泉兄の悲惨な恋愛体験談になってしまい・・・。

忘れていましたが、あ~、この失恋トラウマを、ここで語ると、焼肉屋の話じゃなくなるなと。

これはこれで、また恋愛に関して語る時に、熱く、いや涙を流しながら、語りたいと思います。
恋バナ、失恋物語の方が、アクセス数は確実にアップする事は、体感しているのですが。

今日は、焼肉屋を語るって決めたので、過去の恋愛日記は、また次回で。

人に歴史あり、今泉兄に失恋あり、トラウマありって事で、今後の楽しみに取っておきましょう。。
では、焼肉屋の歴史から。

高校時代に焼肉屋2店舗で、バイトをした事がありまして。

さらに、3浪の初めに、もう1店舗の焼肉屋でバイト。
そして、3浪を諦め、今泉父の知人の焼肉屋を手伝う事に。

20歳で店長を担当し、後にその焼肉屋を買い取り、経営もする事に。

しかし、そのお店を半年で手放す事になり、その後も、焼肉屋でバイト。
1日で辞めたお店や、就職が決まったのに行くのを辞めたお店を含めると、その後、4店舗くらいでしょうか?

長い、短いは別として、8店舗くらいの経験があります。

それくらいに、バイトと言えば、焼肉屋。
又は、居酒屋も同じく、いろいろなお店で、バイトしたな~と。

そんな事もあり、いつか、飲食店の世界に戻りたいな~とは思っています。

又は、ITと併用して、両方やりたいな~と。
もちろん、一度だけですし、半年間だけですが、経営した事もあるので、お店の楽しさを知ってしまいまして・・・。

そうそう、その焼肉屋には、弟が厨房でバイトとして参加してくれまして。

さらに、予備時代の同級生もまた、厨房として参加してくれまして。
すぐにお店を手放してしまったのですが、気づけば、この3人で一緒にベンチャーしています。

二人は厨房の調理師からエンジニアに。

今泉兄は店長から、雑用係に。
業種は変わりましたが、フォーメーションは同じかな~と思っています。

もう44歳と、43歳のオヤジなので、新たな業界に転職する元気はございませんが。

もしも、また、何か違う業界に行ったとしても、この3人は、同じフォーメーションなのかもな~って。
さらに、もう二人、仲間がいますので。

この5人のフォーメーションなら、なんでもできるだろうな~って。

そんな組織が夢だったりします。
で、焼肉屋を経営している時に。

ふと、考えたんですよ。

まだ、牛角も無い頃でして、焼肉屋のチェーン店はあったのですが、何かこう、ザ・焼肉屋!って感じでして。
そこで、今泉兄が勉強したのが、フランチャイズの事。

さらに、時間があれば、他の焼肉屋や、チェーン店の焼肉屋を視察に。

そんな時、イメージしたのが、価格でいうと、牛角に近い感じでして。
実は、焼肉って、安く提供できるんですよ、やり方次第では。

でも、高級ってイメージがあるじゃないですか!?

なので、叙々苑よりは安いけど、ザ・焼肉屋って感じじゃない、カジュアルな焼肉屋。
もう、牛角や、いろいろな焼肉屋があるので、説明が難しいのですが。

牛角のようで、牛角とはまた違う、牛角と叙々苑の間くらいで、カフェのようなイメージ。

若者でも、少し背伸びをすれば、食べに来られる、焼肉屋。
そんなお店をイメージしていました。

なので、フランチャイズの仕組みと、いろいろな焼肉屋を視察。

学歴も無く、職歴もない、20歳の今泉兄が、日々の焼肉屋経営で、もがき苦しみながら、妄想をしていました。
では、なぜ、そう思ったのか。

なぜ、若者をターゲットにした、焼肉屋を考えていたのか。

それは、こんな経験からでした。
経営権を買い取った、元々の焼肉屋は、完全に大人向けで、超高級ではございませんが、ま~、そこそこ高いお店。

儲かっているお店だったので、固定客もついていて、引継ぎして、すぐに安定した収益を確保していました。

確か、10テーブルで、50人くらいの席で、日商15万円、月商500万円くらいです。
もう、忘れましたが、利益も出ていたような。

若干二十歳でしたが、ベンツも、マイホームも、計算上は、夢ではなかったので。

結果、詐欺だったので、大失敗する事になるのですが、それはまた次回語るとして。
でも、今泉兄は二十歳じゃないですか!?

どうしても、若者が気軽に食べに来れるお店にしたいじゃないですか!?

他のお店と同じことをしていても、つまらないので・・・。
そこで考えたのが、BGMを変更する事。

若者の曲をかける事で、今までのお客さんを減らし、若者に入れ替える事を考えたんですよ。

さらに、近くのコンビニや、スーパーの同年代の人たちに声をかけ。
すると、食べにきてくれるじゃないですか!?お付き合いで。

その際、単価が安くても、満足できるようなメニューにしまして。

すると、また来店してくれて、徐々に、若い層もお客さんになってきたんですよ!
と、過去の事なので、盛っているかもしれませんが。

BGMで、客層が変わるって事を、実感した記憶はあります。

しかも、焼肉屋の利益はすごいので、だったら、もう少し薄利多売にすれば、若者も固定客になるんじゃないか・・・って計算でして。
宣伝の為に、安いランチも始めまして。

もう、睡眠不足で、無休で、半年間は地獄でした。

しかし、楽しんですよね、お店って、接客って。
これが、今泉兄の焼肉バックグラウンドです。

で、今はどうかというと・・・。

叙々苑、牛角、という、両極端な焼肉屋。
どの辺を攻めれば、差別化になるんですかね・・・。

やはり、焼肉屋は、お米であり、ご飯、ライスだと思うんですよね・・・。

高いお米って事ではなく、おいしく炊けるお店、おいしく炊いているお店、そんなところかな~と。
あれから24年。

おしゃれな焼肉屋は多々ありますからね。

食べ放題もあり、安いお店もあり、もう、出尽くしたような気はしますね、焼肉屋は。
おひとり様焼肉も、すでにありますし。

かといって、ショーを見られる焼肉屋は、何か違うような・・・。

それは、やはり、ショーは、ビュッフェって決めているので、焼肉屋では無いな・・・と。
回転焼肉とかも、ありそうですので、違いますね。

値段は、手軽にいけつつ、そこそこの値段で、楽しめる感じとして。

匂いが付くので、シャワー付きで、衣装付の焼肉屋とか!?
サウナとか、温泉付きにして、やはり、着替えて、焼肉ですかね。

そうしましょう・・・。

もう、アイデアが出ないので、これで決まりです。
必ず、温泉施設があり、着替えて、焼肉。

大きな部屋で焼肉を食べるか、個室でも食べられて。

泊まる事もできて、食べたあとシャワーや温泉に入って日帰りもあり。
日本で焼肉屋といえば、シャワー完備が当たり前の時代を作りましょう!

と、ま~、あり得ないアイデアというか、結論になってしまい、申し訳ございません・・・。

途中で、やはり、恋愛話にとんだまま、今泉兄の失恋話の方が、面白かっただろうな~と。
でも、今日は、次の日のブログも書くので、この辺で。

ほんと、すみません!

いつもに増して、さらに、意味がないブログでしたとさ、おしまい。