次の時代の焼肉屋は、どんな焼肉屋!?叙々苑、牛角を超える、焼肉チェーン店とは!?

2017/04/29 03:23:00
(2017/04/27 51:23:00)
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
ここは仙台のスタバ。

違った、ターリーズ。

早めに仙台に到着したので、暇つぶしです。
街をぐるぐる回りましたが、やっと決意してカフェに入りました。

やはり、ひとりでお店に入るのは、苦手。

しかも、知らない土地ですからね・・・。
あ、街といっても、駅ビルの周辺を、一周しただけです。

実のところ、仙台は、駅から、駅近くの取引先にしか行ったことがありません。

ただ、もう、5~6回くらい来たことがあるような・・・。
でも、仙台の事も、東北の事も、何も知りません。

牛タンくらいです、知っているのは。

そして、今日、お土産で買って帰る、萩の月。
いつもは、ホームページを担当させて頂いているお店のスウィーツをお土産にするのですが。

今日は、萩の月が有名だと、今頃知ったので、こちらを買って帰る事に。

先日パーティーにご招待頂いた取引先の方々へのお礼と、我が社のスタッフのみんな、そして自分自身にお土産です。
では、仙台からお届けしている今泉兄のブログ。

途中から、帰りの新幹線からお届けしたり、自宅に帰宅してお届けだったり。

場所が変わりますが、その都度、ご報告しますので。
今は、仙台のパルコ2のタリーズコーヒーからお届けしております。

ちょうど14時になるところ。

これより、打ち合わせなのですが、早めの新幹線のチケットを取ったので、ひとり寂しくカフェで待機です。
では、本日のお題。

焼肉屋をやっていたので、牛タンを語る事も出来ますが。

まったく、面白くありませんからね。
タンの周りをそぎ落とし、そぎ落とした部分は、スープのダシに使い。

中心部分は形を整え、保存。

それを薄くカットして、タン塩として、1,000円で出す。
なんら、語る部分がございませんので。

といいつつ、焼肉屋は、いつかリベンジしたい夢だったりします。

じゃー、語りますか、今だったらこうする、焼肉屋って感じで。
昔話しも織り交ぜ、なぜ、焼肉屋をやりたいかってお話しにしましょう。

二十歳の時なので、もう、24年も前の事。

今泉兄は、焼肉屋の店長に抜擢された時の夢を、今ここで復活です!!