~ストーリー 1~

スタンプの次はシール!チャットで使えるシールとは!?

2017/04/08 03:33:00
(2017/04/07 27:33:00)
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
皆さん、スタンプ使ってますか!?

今泉兄は、基本、仕事以外ではLINEを使いません。

仕事でLINEを使うといっても、LINE連携だったり、LINEでシェアするテストとして利用する程度ですので。
仕事のやり取りをLINEでするって事ではございませんので、もちろん、LINEのスタンプは使っていません

たまに、仕事でLINEをインストールした際に、機能のテストがてら、知り合いとちょっとだけLINEした際に、ほんとたまーに使う程度。

スタンプも、実は、無料でもらえるスタンプの調査だったり、取引先のスタンプのテストだったりと、すべてが仕事に関係しています。
ただ、現在は、LINEのテストが必要ない状況なので、LINEは削除中。

必然的に、スタンプも使いません。

さらに、メールでは、絵文字も、ほぼ使いませんし。
顔文字は、謝る時か、お願いする時にだけ、m(__)m を使う程度。

そんな今泉兄が、スタンプに代わる、スタンプを超えるサービスを、作れるわけがございません!

でも、作ります!
では、まずは、この辺の歴史から。

どちらが先なのかは、わかりませんが、アスキーアートや顔文字が、どこかのタイミングで登場したのでしょう。

それから、何年たったかはわかりませんが、iモードの絵文字が登場。
その前に、絵文字はあったのか知りませんが、今日は、絵文字の話題ではないので、割愛。

LIFEが終わってしまったので、カッツアイとは、言いませんよ。

というか、もともと、文字の始まりは、絵であり、絵文字だと思うので、一番古いのは、絵文字なのかもしれませんね。
え?その絵文字と、この絵文字は、同じ単語だけど、意味が違う!?

はいはい、今日は、絵文字の話題ではないので、カッツアイ!

これで、今泉兄と同じLIFEのファンの皆さんは、満足いただけたかと思います。
では、続けます。

こっちの方の絵文字の次に出てきたのが、そう、スタンプです。

途中、デコ文字など、いろいろあるとは思いますが、インパクトの大きさでいうと、絵文字からスタンプって事にしましょう。
で、時代は今、というか、スマホ時代では、スタンプが主流ですよね。

実は、もう、飽きちゃっているのか、今泉兄はLINEを使わないですし、Facebookのメッセンジャーも使わないので、わかりませんが。

ま~、当たり前で、使われているとしましょう、スタンプが。
もちろん、新サービス「DIGITAL STREET」、略して、デジストのサービスのメインはチャットです。

そこで、スタンプ機能を搭載するのですが、なんだか、同じだとつまらないじゃないですか・・・。

パクリじゃないか!?ってツッコまれても、LINEも実は、他のサービスを元に作られたと思いますので。
もちろん、LINEオリジナル機能があるとは思いますし。

さらに、ここまで大きくなったのは、すごい事ですが。

LINEよりも、前からやっていたサービスがありますので。
今泉兄も、詳しく調べていませんが、カカオトークとかの方が、先ですよね。

さらに、カカオトークよりも先に、同じようなサービスが海外であったかと思いますので。

なので、パクリではなく、オマージュです!
どのサービスのオマージュなのかは、もう、わかりませんが・・・。

ただ、スタンプって、もう、古いんですよ!

たぶん、いや、そういう事にしましょう。
そこで、デジストでは、ジャジャン!

発表です!

って、先に伝えていますが・・・。
そう、シールです!

ステッカーにするか迷いましたが、ステッカーと言っているサービスがあったので、シールにしました!

そう、シール機能は、チャットの会話に貼れるんですよ!
って、スタンプと同じ機能です・・・。

しかし、ここからが差別化ですので、じっくり感じてください!

ここからは、オリジナルですので、パクリではございません!
え~、まずは、コメント機能にも使えます!

って、これは、どこにでもありそうですね・・・。

フェイスブックとかでも、コメントにスタンプ使えるんでしたっけ?
実は、Facebookも仕事でのテスト以外では、ほぼログインしていません・・・。

しかも、コメントとかしないので、わかりませんが・・・。

デジストでは、コメント機能でも、スタンプが使える!って思ってください!
あ、スタンプじゃなくて、シールが使える!って思ってください。

公開当初は、テキストだけですが、後にシールが使えますので!

いや~、ワクワクしてきました、ゾクゾクしてきました!
もちろん、チャットボットが、シールで返事をするって事もありますので!

これは、当たり前ですね・・・。

まだまだ、オリジナルじゃないので、ここで脱落しないでくださいよ!
ちゃんと、これからが、オリジナル機能のご紹介です!

そう、字のごとく、シールという事で、貼れます!

そして!!!!!!
なんと、剥がせます!!!!!

ひょえ~、すごいじゃないですか!?

貼る、そして、剥がせる!!!!!
だからスタンプじゃなくて、ステッカーかシールで悩んで、最終的にシールにしたんですね!

奥が深いじゃないですか、今泉兄!

そして、腹が太いじゃないですか、デブ兄!
はい、ウエストの長さと、ブログの長さと、ブログの中身の薄さでは、誰にも負けた気がしません!

じゃー、このスタンプを買うところから、いや違った、シールを買うところから始めてみましょう。

まずは、デジストポイントを貯めます。
デジストポイントは、アクセスするだけで貯まるので、お金は必要ございません!

ネットに接続するので、通信料だけ発生するのは、当たり前なので、あえて言いませんが・・・。

電気代も、もちろんかかりますよ!
さらに、デジストにアクセスする為に、スマホやパソコンが無いと、もちろん、ポイントが貯まりませんので!

さらに、元気が無いとアクセスする気力もなくなるので、ちゃんと元気でいてください!

スマホやパソコン、通信料、そして、電気と元気は、必需品です!
スタバの無料wifiを活用し。

電源も、スタバで充電して。

コーヒー代がかかりますが、コーヒーを飲んで元気になれば、ポイントは貯まります!
え!?そんな事はいいから、早く説明しろ!?

はいはい、焦らず、怒らずですよ!

この先、ずっと、こんな感じなので、怒るのは、もっと後に残しておきましょう!
では、準備ができたとして、デジストの会員登録をしてください。

って、まだサービス公開していないので、公開した際の説明ですので、ご注意ください。

まずは、デジストにアクセスして、会員登録。
そして、デジストポイントを貯めてください。

って、ここから説明しなくていいですかね!?

でも、ここは重要なので、やはり説明しますね。
デジストポイントは、貯めるだけのポイントでして、使う事が出来ません。

使うためには、デジストポイントを、デジストコインに交換する必要があります。

そして、ここがすごいところ!
なんと、デジストポイントは、毎日、いや、たぶん公開当初は10分に1回。

なんと、なんと、価値が変わるんですよ!

ポイントの価値が変動するんですよ!
どんな事かというと。

デジストコインは1コイン1円相当です。

これは、固定ですので、ずっと1コイン1円の価値の予定です。
後に、何かが起こって、1コイン2円とか、1コイン0.5円になるかもしれませんが。

基本、1コイン1円だと思ってください。

デジスト内では、1コイン1円相当のお買い物ができると思ってください。
そして、デジストポイント。

これは、毎日価値が変化しますし。

実際には、10分に1回、価値が変化します。
例えば、ドルと円の関係に似ています。

コインがドルと思ってください。

ポイントが円だと思ってください。
1コイン=100ポイントって感じです。

時に、1コイン=101ポイントだったり、1コイン=99ポイントだったりと、ポイントの価値が変化するんですよ!

価値が上がれば、円高ならぬ、ポイント高。
1コイン=99ポイントとか、1コイン=98ポイントになります。

逆に、円安ならぬ、ポイント安になると、1コイン=101ポイントとか、1コイン=102ポイントになります。

ずっと価値が変化していますので、お好きなタイミングで、デジストコインに交換してくださいね。
では、なぜ、ポイントの価値が変化するかというと・・・。

ポイントの原資が、広告収入の一定割合なんですよ。

例えば、今考えているのは、広告売上の約三分の一である、33%。
1日24万円の広告売上があった場合、1時間に1万円の広告売上です。

それを、6で割ると、10分間の広告売上が出ます。

さらに、その33%を計算すると、ポイントの原資は550円になります。
え!?ちゃんと説明しろ?

はいはい、算数ですよ、皆さんの苦手な算数の時間です!

1時間に1万円の広告売上なので、それを6で割ると、1,666.666…円になり、割り切れませんが・・・。
これが10分間の広告売上です。

この金額の33%という事で、1,666.666…円に33%を掛けてみてください。

なんと、ぴったり550円、今泉兄も、適当な数字を例に出したのに、ぴったりだったので疑いましたが、当たっていますね。
これがポイントの原資になります。

そして、この10分間の間に付与したポイント総数で、ポイント原資を割るんですよ。

例えば、10分間にデジストにアクセスした人に、合計55,000ポイント付与したとすると、1ポイント0.01円になります。
これは、単なる山分けですね。

しかし、それまでの間に、付与したポイントがありますので。

さらに、そのポイントの原資もありますので。
それまでに付与したポイント総数と、この10分間に付与したポイント総数を足すんですよ。

さらに、それまでのポイント原資と、この10分間のポイント原資を足すんですよ。

そして、合計したポイント数で、合計したポイント原資を割ると・・・。
なんと、その時点のポイントの価値が算出できる!

そう、これが変動するポイントの仕組みです!

って、伝わらないかも知れませんが、画期的すぎますので、なんとなく、ついいてきてください。
何しろ、デジストのポイントの価値が変わり、好きな時に、ここだ!って思った時に、デジストのコインに交換してください。

その時、その時の、レートが出ていますので、1コイン=110ポイントとか、1コイン=111ポイントなど。

何かを何か買いたいときに、コインに交換するか、事前にコインに交換して、何か買いたいときに使うだけですので。
で、やっと、スタンプの購入です!

違う、シールの購入です!

ふ~、やっと、スタートラインじゃないですか!?
やっと、やっと、シールが出てきましたよ!

このデジストコインで、シールを買うんですよ!

そうですね~、100コイン(100円)で1つのシールを買えるって事にしておきましょう、仮で。
ここで、問題です。

スタンプは、いつでも、何度でも使えます。

しかし、シールは、剥がせます。
という事は・・・。

何度でも使える方がいいでしょうか?

それとも、限度がある方がいいでしょうか?
もう一度、言います。

シールは剥がせます。

では、シールは無限に使えるのでしょうか???
答えは、もちろん、ノー。

そうです、シールは1回しか使えないんですよ!!!

え!?高い!?
1回しか使えないスタンプ、いや、シールが100円!?

いえいえ、もともと、無料ですから、デジストポイントであり、デジストコインは。

100コインは、100円の価値がありますが、デジスト内だけの話ですので。
でも、もったいない!?

そうですよ、もちろん、そうですよ。

例えば、1ページアクセスすると、1ポイントもらえたとします。

そして、1コインが100ポイントとすると、100ページ見ないと、1コイン=1円が貯まりません。
という事は、1万ページ見ないと、1万ポイントが貯まらないので、100コイン=1万ポイント貯めるには・・・。

なんと、1万ページも見ないと、貯まらないし、シールを買えないんですよ!

ただ、ログインすると、10ポイントとか、何かすると、100ポイントとか貯まるようにしますので。
1万ページ見ないと、100円貯まらないって事は無いとは思いますよ!

いや、あるかも・・・。

ま~、ここは、相場は自然に決まりますので、始まるまでのお楽しみって事で。
でも、やあり、100円のシールとなると、使うのに躊躇しますよね~。

その点、ご安心ください!

そう、シールは1個100円ですが、10枚とか、20枚とか、いやいや100枚とか。
それくらい、セットにして販売する事を考えていますので。

シール1枚が100円ではなく、1セットのシールが100円でして、50枚入りとか、100枚入りとかにしますので!

これなら、たくさん使えますので、気にせず、シールを使いまくってください。
さらに、ずっと同じシールを使っても、飽きますので。

そうですね~、30枚くらいじゃないですかね、1つのシールを使うのは。

って、統計を取っていませんので、わかりませんが・・・。
これは、シールのサービスが始まったら、ちゃんと統計をとり、どれくらいの枚数をいくらで売るのがいいか。

もちろん、我が社デジタルストリート社が儲かるように。

それよりも、ユーザの皆さんが喜んで使ってもらえる塩梅があると思うんですよね~。
なので、ご安心ください。

自社の利益はもちろん、サービスを継続する為には、必要な事ですが。

それ以上に、デジストのファンの皆さんがいないと成り立ちませんので、皆さんが楽しめる、喜べる価格であり、枚数にしますので!
では、シールを買って、シールを使えるようになりました。

シールを、チャットに貼って、楽しいコミュニケーションライフを!

って、終わりませんよ、まだまだシールの一部しか説明していません!
では、チャットでシールを貼ったとします。

すると、相手には、もちろん、シールが表示されますよね。

そのシールを見ると、既読になります。
既読スルーならぬ、既読シール。

なんちゃって~。

はい、どんどん、進みます。
その時、あれ、このシールが欲しい!って、相手が思いますよね~、たぶん・・・。

そこで、そのシールをクリックします、スマホだとタップします。

もちろん出ますよ、ビヨーンってメニューが出るんですよ。
このシールを剥がす。

もちろん、もらうって事です。

又は、このシールを買うってボタンも必要でしょうね。
さらには、このシールを、友達に教える!ってボタンもアリかもしれませんね。

このように、シールを剥がしたり、買ったり、教える事ができます。

では、買ったり、教えたりするのは、予想が出来るとして。
剥がすって、どんな事でしょうか?

剥がしたシールが手に入るとしても、そのシールは、どうなるのでしょうか?

はい、皆さん、考えてください!
あ、もちろん、答えはありますので、正解を発表します。

なんと、剥がしたシールは、もちろん、使えるようにしますよ!

ただ、買ったシールと違って、1枚だけなんですよ!
そう、シールを剥がした場合、そのシールは1枚なので、1回しか使えないんですよ!

買ってもいいのですが、それほど枚数は必要ない時。

さらに、実際は無料で貯まったポイント(コイン)で買ったとしても、そうはいっても、貯めるには時間がかかりますので。
チャットで会話した際に、欲しいシールがあったら、剥がせる。

これは、利用されるんじゃないかな~と。

でも、剥がしちゃうと、その会話がわからなくなりますよね~。
チャットなので、すぐに消えるのですが、それでも、寂しいじゃないですか!?

複数人でチャットしていて、全部シールでの会話だった場合、どんどん剝がされて、どんな会話かがわからないと・・・。

もちろん、その対策は、ばっちりです!
そうです、白黒のシールが、残るんですよ!

残像です・・・。

シールの跡が残るんですよ、白黒で、うっすらと。
これで、シールでの会話がどんなだったかは、わかりますので。

すごくないですか!?シール。

スタンプを超えた仕組みで、絶賛、特許出願しようかな~です。
無理か・・・。

ま~、この辺は、あとで考えるとして・・・。

何しろ、シールは貼れる、剥がせる、楽しめる!って事でして。
剥がした後は、もちろん、シールが無い状態なので、剥がせませんし、早い者勝ちです!

複数人でチャットしていた場合、一番初めに剥がした人が、もらえます。

ただ、シールを貼った人が、何枚も持っていれば、またシールして!してして!シールして!っておねだりすれば、もらえるかもしれませんね。
どんどん、膨らみますよ!

え?そこじゃなくて、アイデアが膨らむって事ですよ!

良い子のみんなが見ているので、下ネタ厳禁です!
例えば、剥がしたシールで、こんな事ができます。

シールと言えば、何を思い出しますか!?

びっくりする、あれですよ、あれ。
そうです、ビックリマンチョコの、ビックリマンシールです!

もう、この時点で、ピンときた企業の方は、即、今泉兄にメールですよね~。

いや、もう、電話しちゃいましょう!
有料でも、無料でもいいのですが、シールをコレクションするファイルを用意します。

そのファイルに、剥がしたシールを、コレクションしていくんですよ!

どこかで聞いたような、どこかで見たような感じですが、忘れてください・・・。
よくあるサービスであり、よくある事ですので。

昔だと、今泉父は、確か、切手を集めていたような・・・。

ロマンですよ、男のロマン、女の、女の・・・。
はい、退場。

ダメです、良い子のみんなが、ビックリマンシールで検索して、このブログを見て、絶句しますので・・・。

せっかく、良いアイデアを語っているのに、台無しです。
いや、シールを貼る台紙の説明なので、台ありです。

台あり、だいあり、だいありー、ダイアリーです。

あ、日記にも、シールを貼れるようにしますので、もちろん。
コメントにも、シールを貼れる事は、先ほど伝えましたが。

デジストのコメント機能は、長文にも対応で、ある意味ブログとして活用できる仕組みにします。

なので、ブログにも、ブログのコメントにも、シールを貼れます!
いろいろなところでシールが使われ、気に入ったら、剥がして、使ってもよし。

使わず、シールを台紙であるファイルに入れて、コレクションするもよし。

これはもう、デジストGOですよ、デジストGO!
さらに、あれですよ、あれ。

友達になった際に、ゲットできるじゃないですか、友達が持っているアレを。

なんでしたっけ?
ちょっと調べますので、お待ちください。

はい、調べて、わかりました!

3DSの「ピースあつめの旅」ですよ、あんな感じの事ができるんですよ!
まずは、シールをコレクションするシートというか、ファイルというか、台紙をゲットします。

そして、該当するシールを集めるんですよ、いろいろなチャットで、会話して。

シールは買う事が出来ますが、このコレクションするシールは、プレミアシールで、普通には買えないようにしまして。
何かすると貰えたり、特定のページ、又は、特定の場所に行くと、ゲットできるようにします。

ただ、100枚とかもらえるようにして、ただ、賞味期限というか利用期限があるので、期限内に使わないといけなくして。

そうする事で、世に流通しますので。
使わずに、利用期限を過ぎると、消滅。

それでも、使わない人がいると流通しないので、使うとポイントがもらえるようにします。

1回シールを貼ると、その代わりに1ポイントゲットとか。
これで、そのシールが流通します。

一人にプレゼントする事で、本人が1枚コレクションとしてキープするとして、99人に広がります。

どうですか!?これ、使えますよね、何かに・・・。
もちろん、ビットコインのように、なんでしたっけ?

また、忘れた・・・。

ブロックチェーンだ、そうだ、そうだ、いまいち理解していませんが、ブロックチェーンの技術を採用するなどすれば。
きっと、どのように、このシールが広まり、誰がコレクションしたかがわかるので、何かビックデータとかで、何かができそうな予感。

企業のプロモーションなどで利用すると、何かが・・・。

シールを貼った際に、その協賛企業の宣伝が自動で出るとか・・・。
広告と連動すると、何かが出来るんですよ、これからの宿題ですが・・・。

注目するキーワードとしては、必要ないかもしれませんが、流行りって事で、ブロックチェーン技術。

ブロックチェーンは、デジストポイントで採用する方が、しっくりくるのかもしれませんが・・・。
さらに、ビックデータ。

そして、口コミであり、拡散。

さらに、さらに、人を介した広告。
この辺で、何かできますよね~、きっと。

3DSの「ピースあつめの旅」の要素と、ポケモンGOの要素で、DS GOじゃないですか!?

デジタルストリートGO、略して、デジストGO、DS GOじゃないですか!?
スタンプという機能に、剥がせるという概念を搭載したシール機能。

このスパイス一つで、こんなに盛り上がるなんて、すごいですよね~。

さらに、剥がしたシールは、まだまだ機能がございます!
シールって剥がすと、どうなりますかね?

付箋だと、何度か貼れるって事はあるのですが。

それでも、永遠には、貼れませんよね。
通常のシールの場合だと、そうですね~、2~3度剥がすと、もう、使えなくなりますよね・・・。

1回剥がすと、二度と使えないシールもあります。

きれいに剝がさないと、粘着する部分が剥がれてしまう場合もあります。
そこで、もちろん、デジタルの世界ですが、束縛がクリエイティブを生みますので。

何でも自由に創作するより、お題があり、束縛がある事で、人は、クリエイティブを生み出します。

そう、デジストのシールは、数回使うと、もう、貼れなくなります!
1回も剥がしていなくても、後に自然に剥がれてしまい、他のユーザが剥がす前に、なくなってしまう事もあります。

白黒の状態で、あ~、誰かがすでに剥がしたんだな~って状態と同じになります。

貼ったシールにも、利用期限があるってイメージです。
しかし、ご安心ください!

この世には、『のり』という、便利な文房具があります。

『のり』を買えば、剥がした際に、もう貼れません!ってシールを、復活させることができます!
ただ、この世は、お金の世界。

もちろん、デジストポイントを貯めて、デジストコインに交換して、買ってください!

もしかしたら、どこかの文具メーカーの方が、タイアップで『デジタルのり』を無償提供してくれるかもしれませんので、期待しましょう!
タイアップが決まらなければ、有料になりますが、そうですね~。

スティックのり1本で100回使えるとして、そうですね~、120円とかにしましょうか?

根拠は全くないのですが、シールよりは高いのですが、100回使えるって感じがいいかな~と。
ちなみに、消費税って、どうするんですかね?

あれ、調べてないや・・・。

やばい、やばい、宿題が増えた!!!!
デジストコインで、デジタルコンテンツである、デジストスティックのりを販売した場合。

デジタル消費税は、発生するのですかね?

でも、もともと無料でもらったポイントであり、コインですので、現金は発生していませんので・・・。
ま~、発生しない場合は、デジスト消費税にして、税金として集め、何か仮想世界の中に、公共的な箱モノでも作りますかね~。

ま~、これは、早急に調べてみます。

そうそう、デジストコインは、後に買えるうようにするかも知れません。
デジストポイントは、価値が変動するので、投機だったり、マネーロンダリングに使われるリスクがあるので、買えません!

たくさんデジストポイントを買って、価値が10倍とかになると、なんだか違う世界になりますし・・・。

逆に、価値が1/100とかになると、何か恐ろしい暴動がおこりそうですので・・・。
ま~、法が整備され、問題ないなら、デジストポイントも販売するかもしれませんが。

当面この辺は考えず、まずは、何しろ、無料で貯まったポイントで、デジストコインでスティックのりを買えるように、のりの販売です!

使えなくなったシールを、再生する、デジタルスティックのり、絶賛発売します!
どこかの文具メーカーさん、又は、価値のなくなったものに価値を提供するってコンセプトにあったサービスや商品を宣伝したい企業の方。

ぜひ、のりのスポンサーを、のりのりでお願いします!

もちろん、シールの販売や、無料シールの配布など、絶賛、ご連絡おまちしております。
連絡先は、我が社デジタルストリートのコーポレイトサイトから、探してください!

と、不親切な対応のようで、実は、DMや営業メールがあるので、フィルターをかけているのでした!

今泉兄が考えなしに語る事は、ございませんので!
という事にして、続けますよ、シールですよ、シール機能。

貼れて、剥がせて、集める事ができて。

もちろん、交換もできて。
無料でもらえたり、友達にプレゼントしたり。

会話で使う以外に、シールにする事で、違った使い道が生まれる。

これが、イノベーションです!って、違うかな・・・。
あれ、こんなもんですかね、シールの機能は。

はじめは公式シールからスタートしますが、もちろん、クリエイターの方が販売できる、クリエイターズスタンプも公開します!

って、スタンプじゃなくて、クリエイターズシールですね!
デジスト・ストアー、略して、デジストアーで、クリエイターズシールの販売ができる!

あれ、これは、パクリじゃないですか!?

そのままですよ、そのまま。
App Storeの方ですよ、真似するのは、もちろん、App Storeの方です。

ただ、支払いが、現金じゃなくて、デジストコインですので。

100コインで販売して、33コインがクリエイターの方に。
33コインは、ポイントの原資にします。

シールが売れれば売れるほど、ポイントの価値が上がりますので、ポイントを持っている人、みんなが、ほんの少しだけ幸せになる世界です。

そして、残りの33コインが、デジストの売上で、このDIGITAL STREETという世界の運営費になります。
では、残りの1コイン、1円相当は、どうなるのか・・・と言いますと。

実は、特許は、今泉兄弟二人が権利者でして。

デジタルストリート社が独占で利用できる契約を、今泉兄弟二人と交わしています。
なので、1コインを二人でわけて、0.5円づつ、特許使用料として、いただいちゃおうかな~。

もちろん、貯まったコインで、シールを買いまくりますよ!

って事ではなく、そのお金で、年に一度、スタッフみんなと、応援してくれたユーザの皆さんの中から抽選で。
大忘年会を実施とかでもいいですし。

いや、やはり、コインも積もれば財産になるって事で、どこかに寄付とかもいいかもしれませんね。

又は、財団を作って、エンタメ業界の活性化とか・・・。
って、どれだけ流行ると思っているんですか!?今泉兄!

でも、例えば、スタンプの年商が100億になったら、1%でも1億円ですから。

1億円あれば、5万円のランドセルとして、2,000個プレゼントできますからね。
タイガーマスクのおじさんは、シールで稼いだお金で、ランドセルをプレゼント!って事でもいいですね~。

足が短いので、あしみじかおじさんですが、エンタメの世界を夢見ているけど、勉強したくても、経済的に断念するしかない方々を支援するのも、ありですね~。

1億あれば、って、1億円儲かっている話に、勝手にしていますが、1億円あれば、10人くらいは、数年間ですが、未来のエンターテナーを育成できるとは思いますよ!
で、なんでしたっけ?

あ、ストアーで、シールの販売でしたね。

動くシール、音の出るシール、なんでもありです!
音の出るシールは、数秒の音でもいいですし。

そのチャットルームのBGMにできるBGMシールなどもアリですね~。

ジャスラックに申請しましょう!
みんなで同じ曲を聴きながら、語り合う。

そんなチャット、欲しかったんですよね~。

チャットルームに入室したユーザみんなで、デジストコインで課金すれば、出来ると思うんですよ。
動画シールだと、同じ映画を観ながらって事で。

ま~、音楽だったり、動画になると、もう、シールじゃなくても、良いんですけどね。

でも、シールでいいかも!
なんでも、シールにしちゃって、チャットに貼れる、コメントに貼れる。

そして、剥がせる。

よし、まだ仮だけと、シールは、いろいろなシールを用意して、ガジェットとしても利用できるように、企画してみよう!
チャットボットがシールで回答するって事は伝えましたが。

チャットボット自体も、シールにして、ばら撒けるのもありかもしれませんね。

そのシールを押すと、ボットが起動するとか・・・。
よし、シールにしよう。

もう、全部、シールだ!

混乱しないように、シールにする機能と、シールにしない機能を整理だ!
よし、ビックリマンチョコを食べて、仕様をまとめるぞ!

と、ブログを今泉兄の頭の整理の道具にしており、申し訳ございませんm(__)m

今泉兄のブログはアウト~!ってレッテルは貼らないでくださいね。
もちろん、剥がして、コレクションしちゃいますので!

では、今日はこれくらいで。

また、シールに関しては、整理して、発表させていただきますね!