~ストーリー 1~

エンターテイメントとビュッフェを融合したショーレストランの夢

2017/03/31 03:55:00
(2017/03/30 27:55:00)
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
今泉兄が、ネットビジネスを続けている理由は、これが理由といっても、過言ではございません。

そう、エンターテイメントとビュッフェを融合した、ショーレストランをオープンしたいた為。

ネットと、飲食店と、エンターテイメント、このまったく別々のものが、一つになると、すごい事になるんですよ!
では、まずは、このショーレストラン、エンタメ満載、ビュッフェ満載のレストランのご紹介から。

こんな感じで、お店を出せたらって、あくまでも現時点の理想であり、夢であり、構想で、妄想ですので。

こんなお店、探しても、どこにもないので、ご来店したい方は、一緒にこのレストランを作りましょう!
まずは、どちらから語りましょうか?

裏方?それとも、お客さん側から?

まー、身近な話の方が、想像しやすいと思いますので、お客さん側の方から説明しますね。
まずは、並びます。

並ばなくても、入れるじゃん!ってくらいに、空いていれば、そのまま入れますが。

できれば、大混雑しているって事にしてください、せっかくの妄想なので。
しかし、ファストパスも、もちろんご用意しますよ。

事前にネットで予約すると、優先的に入場できる仕組みです。

ただし!一見さんは、お断りですよ!もちろんです。
まずは、実際に、お店に来てもらって、気に入ってくれた方だけ。

しかも、会員登録してくれないと、予約はできません!

一番初めは、ちゃんと並んで、入場してください。
又は、すでに会員の方に、予約してもらってください。

その会員の方経由で、その会員の方が同伴するなら、ファストパスがゲットできる仕組みです。

これは、当初のSNSっぽい感じですね~。
友達の招待が無いと、会員になれないSNS。

ミクシィも、GREEも、モバゲーも、Facebookも、そうでしたっけ?

あれ、違うかな・・・。
忘れましたが、何しろ、一見さんは、お店に並んで入場する事は出来ますが。

ファストパスで、予約して、優先的に入場する事はできません!

という事は、万が一、大人気だった場合は、並んでも入場できないかも・・・。
ま~、それくらい有名になれば、人気になれば、理想ですね。

人気がなければ、並ばなくても入場できるので、これは自然な事ですので。

ファストパスが有効活用されるかは、今泉兄のお店の人気次第って事で。
続いて、予約した場合は、チケットを見せるか、入場料を支払って、レストランに入場します。

もちろん、チケットは、スマホの画面のQRコードで、チケットレス。

さらには、わが社の新サービス「DIGITAL STREET」、略してデジストのポイント(実際は、デジストコイン)が貯まっていれば、そのコインを支払いに充てられますよ!
さらには、入場料の1%くらいは、デジストコインとして貯まる仕組みにしようと思うので、ぜひ、新サービス「DIGITAL STREET」、略してデジストをご利用ください。

ちなみに、入口は、マッチョなボディーガードのような、アメリカの映画のようなスタッフが二人立っていますので。

もちろん、役者です。
彼らは、何もしません。

単に、演出の為にいるだけなので、ボディーチェックとかするわけではなく。

単に立っているだけです!!!
その先に、実際にチケットを確認したり、お会計をするスタッフがいます。

そのスタッフの場所までの道のりですが、左右にショーウインドがありまして。

中に人がいて、踊ってます。
ここはダンサーさんの役目。

ポールダンスなのか、どんなダンスにするかは、いろいろと考えますが。

何かこう、あんな感じです、映画のワンシーンのような光と、水と、って感じです。
あ、近い将来、コンセプト画像とか、コンセプト映像を作れたら、発表しますので。

予算次第、協力してくれる仲間次第なのですが、CGとかなのか、絵コンテなのか、何かしら見えるようにしますので。

最悪、今泉兄の手書きのメモになるかもしれませんが、こんな感じ!って見える化はしますので、今は文章で、ご想像ください。
そして、お会計の場所に。

そうですね~、ビュッフェなので、4,980円くらいですかね。

飲み放題、もちろんお酒もです。
そして、食べ放題。

さらに、ショーが見られますので。

ショーの費用を考えると、もう少し高くしないと成り立たないかもしれませんので、ま~、5,980円くらいとしておきましょう。
先日、テレビでふと見た、品川プリンスホテルのビュッフェが、夜だと6,000円でドリンク別のようなので。

そう考えると、7,980円とか、8,890円ですかね・・・。

もう、面倒なので、9,999円にしましょう!
とりあえず、値段は、実際に実現する際に、ちゃんと都内のビュッフェと、ショーレストランの相場を元に。

じっくり検討して、この価格だ!ってのを出しますので。

今は、仮で9,999円にしておきましょう!
ちなみに、前払いなのには、意味がありまして。

料金を支払うと、なんと、1ドル札を9枚もらえるんですよ!

現在1ドルが約111円として、1,000円分のドル札がもらえます。
これ、何かというと・・・。

そうです、そうなんです!

これは、なんと、チップ用なんですよ!
100円玉のチップだと、カッコ悪いですし。

かといって、1,000円のチップだと、夜のお店じゃないので、ちょっと高いな~と。

そこで、1ドルくらいが、ちょうどいいな~と思いまして。
しかし、ここで一つ問題が。

この場合のチップの税金は?

最終的には、スタッフの所得!?
しかも、一度、お店側としては、売上に計上していて、その売り上げからチップの原資を渡す!?

そのチップが、スタッフに渡されるので、これは給料!?

という事で、いろいろな問題が発生しそうなので、この辺は、課題という事で。
何しろ、入場料の一部が、チップになると思ってください。

最終的には、1ドル札じゃなくて、スタッフの胸にQRコードがあって。

そこをピコって読み取って、どれくらいチップを渡したいかボタンを押すなり、金額を入力すると!?
なんと、そのスタッフにチップが貯まる!ってアプリを開発します!

これで現金のやり取り、ドル札のやり取りは、必要なくなりますので!

QRコードじゃなくて、近くにいるスタッフの顔写真がでて、タップするとチップを渡せる機能とかでもいいかもしれませんね。
スタッフの服にLEDとかを装着して、チップがもらえると、色が変わるなどの演出もできる時代ですので。

高額のチップが入ると、すごく目立って、みんなが拍手する!ってのも、ありかもしれません。

入場の際にお客さんに渡されるチップは1,000円ですが、追加で、無制限でチップを渡せる仕組みも出来そうですね。
その場で、クレジットカードでバーチャルチップを買って、気に入ったスタッフにチップする!

そんな事を考えています。

これで、スタッフのモチベーションも、お客さんのテンションも、アゲアゲです。
例えば、100人収容できるお店だとして。

チップの額は、1,000円×100人=10万円。

最大、10万円のチップをもらえる可能性があるんですよ!
これが、1,000人収容できるお店だったら・・・。

なんと、1日100万円のチップが動くんですよ、すごくないですか!?

実際には、どれくらいの規模のお店にできるかわかりませんが、ま~、200人収容だとしても、1日20万円のチップです!!
日本には、あまりチップの文化がありませんが。

もらう方はもちろん、チップをあげる方も、楽しい制度ですので。

日本にも、今泉兄のお店だけでも、チップの文化が浸透すればな~と思っています。はい。
では、チップの説明も終わったので、実際に、お店の中に入ってみましょう!

そこは、よくあるビュッフェ。

もちろん、食べ放題で、飲み放題で、見放題!
そうなんです、目の前には、大きな舞台があり、そこでショーをしているんですよ!

さらには、いくつかの小さなスペースがあり、そこでもパントマイムや、ちょっとしたショーが展開されています。

大きな舞台が一つに、小さな舞台というかミニブースが10個くらいでしょうか?
前の方の席は、やはり、予約でいっぱいになるといいですよね~。

人気になれば、席の場所によって入場料を変化させることもできますので。

前の方は人気で、19,999円とか、倍くらいになるかもしれませんよ!
その特別席は、テーブル一つに、担当のスタッフが一人がついて、飲み物や食べ物を持ってきてくれるとか。

そんな差別化もありかな~と。

もちろん、通常料金でも十分楽しめるショーであり、ビュッフェにしたいとは思います。
後は、食べて、飲んで、楽しんで!って事で。

ショーは1時間程度で、間は1時間休憩。

その時は、ミニブースでのショーを見てもらうイメージです。
しかもですよ、しかも。

このレストランのスタッフは、全員、役者だったり、エンターテナーを採用しますので。

接客自体も、エンターテイメントでして。
なので、チップなんですよ、チップ。

チップをもらった数であり、額により、ショーに出られる権利をゲットって事でして。

はじめはみな、接客係だけ。
続いて、時にはミニブースでのショー。

さらに、一番トップは、大きな舞台でのショーです。

もちろん、ミニブースや舞台でのショーに出ない時は、みんながみんな接客をします。
トップスターだけは、接客無しかもしれませんね。

ショーが無い時は、各テーブルに行って、お客さんにあいさつ回りというか。

もしくは、ミニブースで握手会とか、撮影会になるかもしれませんね。
芸能人でもなく、テレビに出るわけでもなく、映画にでるわけでもなく。

どこかの舞台にでるわけでもないのですが、このレストランの中だけでの人気者。

そこら中がエンタメで、全員が演者であり、エンターテナーであり、役者であり、アーティストであり。
そんな世界をイメージしています。

というのも、今泉兄は、結構、お店のスタッフの方々と、おしゃべりするのですが。

その中でも多いのが、やはり、芸能系を夢見ている方々。
バンドマンだったり、アーティストを目指していたり。

役者だったり、芸人だったり、ダンサーだったり。

ほんと、夢をみながら、バイトしているんですよ。
しかし、バイトしているのは、居酒屋だったり、レストランだったり。

なぜ、夢に近いバイトをしないのかな~と思ったのですが、当たり前ですよね。

そんなバイトが、この世には、少ないから。
だったら、夢に繋がる舞台をバイトにすればいいんじゃないかと思いまして。

逆かな・・・。

バイトが舞台になればいい!と。
しかも、ビュッフェにする事で、決まり決まった動きじゃなくなるじゃないですか!?

お客さんが座ったままだと、スタッフとの接点は限られます。

しかし、ビュッフェなので、自由に人が動けますので、そこでこそ、演者であるスタッフは、本領発揮です!
食べ終わったお皿を片付けるのも接客のチャンス、話しかけるチャンス、演じるチャンスです。

料理は基本、お客さんが取りに行きますが、お店が回れば、スタッフの力量で、どうアシストするかも自由にしますので。

何か持ってきてあげて、チップをもらえればラッキーですし、チップをもらえなければ、それはそれで、接客がアウト!って事の評価ですので。
さらには、料理に無いメニューを、厨房スタッフとタッグを組んで、出してあげるのもアリかな~と。

食材は決まっていますし、ビュッフェなので、一日の使っていい量をオーバーしなければ、それはそれで、厨房スタッフにお任せ。

無い料理を食べたい!ってオーダーに対して、接客スタッフと厨房スタッフが、チップを分ける事で、そのオーダーに応えるのも、アリだと思います。
そのメニューが人気になったら、ビュッフェのメニューに入れればいいだけですので。

ビュッフェに出ているメニューでも、ちょっとした盛り付けで、差別化するのもあり。

誕生日や、記念日には必ずこのお店だ!って、利用してもらえるレストランにしたいので、毎日が特別な日に演出できればと思っています。
もちろん、やりますよ!希望があれば。

いきなり、お店の人と、お客さんが喧嘩モードになり。

やばい!ってところで、定番のフラッシュモブ。
プロポーズだったり、送別会だったり、なんなら、大きな舞台のショーの上での結婚記念日とかも、できますので。

毎日がサプライズなお店にしたいな~と。

一歩、レストランの中に入ったら、そこは非日常。
そう、ディズニーランドのようなお店を作りたいな~と、以前、焼き肉屋をやっていたころに、今泉弟と。

さらには、現在、わが社のエンジニアスタッフである、3人で語った記憶があります。

昔から、夢って、かわらないものなんですね~。
ランチも、できればショーをやりたいのですが。

難しい場合は、生演奏くらいは、やりたいですね~。

カフェのBGMの曲を、生で聞けるビュッフェ。
料金は、夜より、少し安めにするなどして、生演奏だったり、生歌が聞けるランチビュッフェ。

もちろん、演奏者も、空いている時間は、接客という事で。

音大生や、音楽を仕事にしたい方々に参加いただいて、お店を盛り上げたいと思います。
そして、これもやりたいのは、シャンパンタワー。

ただ、これだけで数万円しちゃうと思うので、シャンパンではなく、コーラタワーだったり、色的にはジンジャエールタワー。

もしくは、サイダータワーなどなど。
格安のシャンパンでもいいかもしれませんね。

誕生日の時など、この炭酸タワーを注文いただくと。

もちろん、別料金ですが、それでも、ケーキとセットで、1,000円とか2,000円程度ですよ。
中央スペースなのか、大きな舞台なのか、どちらかに、炭酸タワーを作りまして。

主人公の方、誕生日の方などが、タワーに炭酸を注ぎ込む。

そして、顔面ケーキですよ、顔面にどかーんと。
もちろん、これは、顔面ケーキ用で、食材は出来る限り無駄にはしませんので!

スタッフでおいしくいただく事は無いと思いますが、洗い流しますが・・・。

これでお祝い完了。
後は、喜びのコメントを頂いて、お祝いする側の皆さんとの記念撮影。

その際、お気に入りのスタッフというか、演者と共に、撮影しまして。

後は、ビュッフェって事で、この炭酸タワーを、他のお客さんと共に、カンパーイ!おめでと!って声援と共にいただく。
場合によっては、高いシャンパンの可能性もあるので、このお客さん参加型のショーの場合は、みんながよってくる!?

お祝いが盛大になりつつ、他のお客さんは、無料でおいしいシャンパンがいただけるかも!?って事で。

そんな空間を考えています。
って、これすべて、夜のショーパブの経験からの事なので。

このお祝いの一式を、ショーパブでやってもらうと、結構かかるんですよ、費用が。

ざっと、こんな感じです。
まず、顔面ケーキは、近くのアマンドで注文します。

確か、ショーパブのスタッフの方に言えば、注文してくれたような。

これは、時価ですが、3,000円くらいだったような。
さらに、シャンパン。

最低4~5万、いや6万くらいはしたような・・・。

シャンパンタワーではなく、一気飲みだったのですが、1分後には、なくなります。
ビールのピッチャーの容器に入れ、割りばしでかき混ぜ、シャンパンの炭酸を飛ばして飲みやすくして、誕生日の人が一気に飲み。

残ったシャンパンは、お祝いする側のお客さんが飲み。

それでも、あまるので、あとは、ショーパブのスタッフが飲んでくれます。
もちろん、このほか、一人1万~2万くらいの費用が発生しますので。

飲み物にもよりますが、確か、一人1万、いや2万くらいだったような・・・。

4人で誕生日のお祝いをすると、一晩で、15万~20万円くらいは、吹っ飛びます。
これを、深夜ではなく、夜に実現できないかな~と、思いまして。

しかも、価格をぐっとさげて、1万程度で。

できれば、4,000~5,000円程度で・・・。
さらに、ビュッフェで食べ放題ですから、実現できたら、めちゃくちゃ流行ると思うんですよ、構想上ですが・・・。

たぶん、あの世界を、一生経験しない方が多いと思います。

でも、楽しんですよね~、たまには羽目を外して、楽しむことは。
さすがに、主婦の方々が、深夜にショーパブに行くことは、なかなかできないと思いますので。

月に1回、いや年に1回でも、そういった経験ができる、そういったショーが見られるお店、やりたいんですよね~。

しかも、お手頃価格で。
さすがに、一人5万が一晩ふっとぶお店には、行きませんので。

誘えませんよ、普通なら、誘いませんし、誘えませんし、行きません。

それが、18時くらいから3時間くらい楽しめて、終電までには帰れるお店。
それだったら、たまには行こう!特別な日は行こう!ってなると思うんですよ。

そんなエンタメ満載のレストラン、作りたい・・・。

そして、行きたい・・・。
週に1回くらいは、1980年代とか、1990年代とか、2000年代のJ-POPランキング!って事で。

ベスト10に入った曲の中から、数人は、実際にショーに出てもらい、歌ってもらうとかもやりたいですね~。

有料のネット中継にする事で、ギャラも出せるんじゃないですかね、ちゃんと。
現在の新曲も織り交ぜて、宣伝という名の営業を格安でしてもらい、盛り上げてもらって。

インストアライブのビュッフェ版って事で、その場で握手会だったり、サイン会してもらい。

そんな日替わりコンテンツというか、日替わりショーもしたいですね。
クラウドファンディングかな~。

それとも、小さい規模でも良いので、始めてみるか・・・。

その前に、ビュッフェの裏側、実はあまり知らないので、バイトしようかな~とも思っています。
新サービスが軌道に乗ったら、それどころじゃないのかもしれませんが。

新サービスがやばければ、バイトしないといけないかもしれませんので。

ネットビジネスと共に、やりたいんですよね、飲食店とエンターテイメントビジネスを。
ビュッフェの裏側は、勉強するとして。

エンタメの裏側は、こんな感じをイメージしています。

とある、接客スタッフを例に、考えてみましょう。
まずは、飲食店という事で、朝は遅いです。

10時くらいに起きて、お昼に出勤したとしましょう。

遅番という事で、夜の担当なので、お店がある大きな施設の上の階のオフィスに出社です。
その日の担当を確認し、まずは、練習です。

そう、みんな演者なので、何かしら役割があります。

そうですね~、12時~15時くらいまでは、練習であり、レッスンであり、稽古やリハーサルですね。
そして、16時くらいから、お店のある地下に行き、夜の準備です。

ランチは11時から14時まで3時間くらいで、1回転として。

あ、ショーが1回って事です。
ショーは12時~1時って事にしましょう、とりあえず。

夜は、18時~20時30分、20時30分~23時で、2回転って事で。

ショーは19時~20時と、21時~22時くらいですかね。
ま~、実際の時間は、どうなるかわかりませんが。

ランチ1回、夜2回くらいショーができれば、理想です。

なので、夜番の人、遅番の人は、16時くらいから、夜のお店の準備です。
お店の掃除をして、食器などを配置して。

ショーの準備もして。

終わるのが23時なので、後片付けで帰りは24時。
あれ、ブラック企業じゃないですか!?

12時間勤務じゃないですか、これだと、12時間!

ま~、練習やレッスンは自主参加って事で、お許しください・・・。
芸能の世界、そんなに、楽な商売ではありません。

日々勉強であり、日々修行であり。

あくまでも、タレント事務所ですので、みんなわが社のアーティスト、エンターテナーとしての採用ですので。
こんな考えだと、ダメな時代なんですかね~。

でも、バイトしながら、いや、プロのエンターテイナーとして、演じつつ、レストラン運営なので。

他の飲食店でバイトしながら、空いている時間でエンターテイナーになる為に、エンタメの勉強するよりは・・・。
きっと、この方が、一石二鳥だと思うんですけどね・・・。

ま~、実際にお店を作り、演者を募集した際に、集まるかどうかですね。

雇用条件が厳しい!って思われたら、誰も集まらず、今泉兄のワンマンショーが続き・・・。
ちゃんと、たくさんの演者さんであり、接客係が集まれば、大人気のショーレストランになる!

自然の摂理というか、それが競争社会であり、ビジネスですので。

まずは、構想を発表して、クラウドファンディングなのか、投資家なのか、自力で稼ぐかして、資金を用意し、実現に一歩近づけましょう!
そうそう、厨房の方々は。

いつか、自分でお店を作りたい方とか。

すでにお店をやっていて、そのお店を宣伝したいって方々に、参加いただきたいな~と。
自身のお店の休店日に、今泉兄のショーレストランにちょっと参加頂いて、自身のお店の宣伝という事で、そのお店のメニューをチョイ出し。

その際、ポップにお店の宣伝と、シェフや店長の顔写真も入れて、こんな方々が作っています!って野菜の生産者と同じ感じで。

食材も、また、生産者の方々に持ち寄って頂いて、有効活用なども、ありかもしれませんね。
ネットでいうところの、ポータルサイト的なビュッフェにしたいんですよ。

毎月、期間限定の料理だったり、食材を使ったりして。

都道府県の特集だったり、海外の各国の特集だったり、他のビュッフェでやっていない事を調べ、差別化としての展開を考えています。
もちろん、宣伝したいと思っている現地の方にも、接客していただくのもありかと。

地域の特産物の実演販売の、ビュッフェ展開って感じです。

なんなら、着ぐるみと、あ、違った、ゆるキャラや、アイドルなど地域の観光大使に任命された方と共に。
毎日がお祭りで、毎日がイベントで。

無理かな~、壮大過ぎて、でも、やりたいんですよね~。

そして、ショーの最後は、みんなで踊る。
真ん中に、キャンプファイヤーのような火を囲って。

実際は、危ないので、映像とか、光の演出になると思いますが。

みんな昔は、火を囲って、火の回りを、えっほえっほって踊ったじゃないですか!?
客人がきたら、お酒と豪華な料理で、ふるまって。

客人だ、宴じゃ~って、あのころ、みんな踊ったじゃないですか!?

原始人時代に・・・。
そのDNAが、覚えているんですよ、絶対に。

なので、ショーを見て、飲んで、食べて、最後は、踊る。

みんなで歌いながら、踊る。
そんなショーパブで経験した、あの空間を、ちょっと広くして、価格を安くして。

主婦の皆さんでも、たまには旦那さんにお子さんをあづけて、参加できるような・・・。

OLの皆さんが、誕生日の時は、今泉兄のショーレストランだよね!って、来てくれるようなお店を・・・。
よし、作りましょう!

その前に、99個の夢を、もう一度、発表して。

確か、その集大成が、このショーレストランだったような気がしますので。
整理して、まとめて、発表します!

新サービス「DIGITAL STREET」を成功させ、その利益を、皆さんに還元する場を作ります!

日常的な食事という行為を、皆さんの力で、非日常にしましょう!
この空間ができれば、今泉兄は、もう、何も言う事はございません。

この場が今泉兄の人生であり、今泉兄の心であり、今泉兄の夢ですので。

その名も、OPEN&CLOSE。
開店から、閉店まで。

起きてから、寝るまで。

生まれてから、天国に行くまで。
そんな意味を込めて、OPEN&CLOSEというレストラン名にしました。

これは、エンタメ動画を紹介するブログの名称でもあります。

まずは、このエンタメ動画を紹介するブログを盛り上げて、レストラン資金を稼ぎたいと思います!