~ストーリー 1~

ずっと地下に潜っていたデジタルストリートの昔と今

2017/03/18 00:53:00
(2017/03/17 24:53:00)
HTML版 | AMP版 | AMPストーリー版
起業して、何年目の事だったでしょうか?

iモード専用の検索サイトOH!NEW?を公開して3日で有名になり。

半年後には起業して、あれよあれよと売上アップ。
数年間は、ほんと、幸せなくらいに、知名度も、売上もアップして、平和な会社運営をさせていただけました。

ところが、何年後でしょうか?

今からだと、何年前でしょうか?
徐々に経営状況が悪化していきました。

それでも、OH!NEW?が大活躍していた頃のたくわえもあり。

OH!NEW?の余韻もあり、数年間は、どうにか会社が成り立っていました。
小さい会社なので、最大でも、経営者である今泉兄弟と今泉父の3名に、社員のメンバーが5~6名。

バイト君は、多い時は在籍は4~5名くらいはいたような気がしますが、常駐換算すると、1~2数名。

多くて10名前後だったと思うので、最高年商1億円の時は、ま~、良い感じでした。
ボーナスの直後に、もう一度、ボーナスとか。

「タカさん!新車買えるじゃないですか!?」って、スタッフに言われたときは、ほんと、うれしかったです。

人の幸せ、特に身近な人の幸せは、何よりも、今泉兄を幸せにしてくれます。
あ、今泉兄は、隆照(たかてる)なので、タカさんです。

今泉弟は、毅彦(たけひこ)なので、タケさんです。

年子の1歳違いですが、顔は似ていないかと思います。
しかし・・・。

OH!NEW?のアクセス数が徐々に減ってきまして。

SNSやブログなど、新たなサービスをOH!NEW?に搭載しても、タイミング的に手遅れ・・・。
どんどんアクセスが減り、気づけば、黒字から、徐々に赤字に。

それでも、貯金があったのと、いくつかのシステム開発やサイト制作などの仕事があり、なんとか会社が存続していました。

貯蓄は、その分、投資して、いろいろなサービスを作っていた方がよかったのかは、いまだにわかりません。
バイト君を雇う事もできなくなり、社員も辞め、どんどん負のスパイラルに。

気づけば、社員は、今のメンバー3人になっていました。

では、その間、赤字になった際に、どのように会社を存続させていたか。
一回目のピンチを救ってくれたのは、とある企業。

その経営者の方をご紹介いただき、別荘にご招待いただき、一日共にしたんですよ。

その豪華な別荘での夕飯の際に、ポイントの話題になりまして。
デジストは、日本中にQRコードをばら撒いて、ポイントが貯まる仕組みを作ります!と。

その一言が、デジストを救ったのかもしれません。

なんと、その会社のサービスを活性化する為に、QRコードを読み込むと、ポイントが貯まる仕組みを導入しよう!って事になったのです。
後日、会社に訪問して、担当の方をご紹介いただきまして。

ほんと、ご縁というのは、すごい事で、デジストの仕組みというか、今泉兄弟のアイデアを気に入ってくれまして。

経営者の方からの紹介という事や、経営者の考えはもちろんですが、現場の方の意見としても、その会社のサービスの活性化に繋がるので、進めよう!って事になりまして。
すんなりと、提案が通り、デジタルストリートの復活です!

数年間は、この仕事のおかげで、会社が存続できました。

しかし、この間も、OH!NEW?のアクセスは減り、売上も減り、さらに、どんどんと堕落していくのでした。
さらに、この仕事が落ち着くと、またもピンチに。

初年度は大きな開発費が入るので、多少の余裕があり、安心して会社経営ができていました。

しかし、次年度以降は、運用費、保守費用だけになるので、だんだんとキャッシュに余裕がなくなり。
しかも、OH!NEW?の再生を目指してはいるのですが、落ち込むいっぽう。

もうダメだ・・・と、いろいろな方に相談する日が続きました。

時に、デジストの新サービスの研究開発費を出してくれる会社もいたのですが。
結果、数ヵ月でダメになり、またピンチがやってきました。

さらに、デジストのポイントの仕組みを利用したい!って会社に呼ばれ、これでポイントシステムの構築に専念できる!って期待したのですが。

これまた、数ヵ月でダメになり、いきなり、売上がほぼなくなりまして。
この二回目のピンチは、ほんと無理だと思いました。

急だったので、売上が入金されるその日に、ごめん、支払いできない・・・と。

さすがに終わった…とは思いませんでしたが、やばいな~とは思いましたね。
ただ、なぜ、終わった・・・と思わなかったかというと、姉なんですよ、今泉姉。

この時は、30歳を超えた今泉兄弟が、姉にお願いして、軍資金を借り増して・・・。

とりあえず、みんなの給料だけでもどうにかしないといけないので、結構な額を会社として借りました。
まだ三分の二くらい返済していませんが、毎月少しづつ、返済している最中です。

さらに、兄弟は、姉からの仕送りで、生きてまして。

1年間、ほんと、ずっとずっと、姉からの仕送りで、なんとか、生きてこれました。
もう5~6年前の事ですが、ほんと、感謝しか言葉が出ません。

この仕送り分も、いつの日か、必ず返済したいと思っています。

姉がいなければ、デジストも、今泉兄も、存在していませんので・・・。
そして、また、いい出会いがありまして。

ピンチになったデジストを、今泉兄弟を、救ってくれる会社であり、救ってくれる方々にお会いしまして。

デジストのポイントの仕組みや、これから作りたいサービスを、ご紹介いただいた際に、自己紹介がてら、語ったんですよ!
すると、話が早い早い、あ、理解してくれるスピードが速く。

そんなサービスをしたかったんですよ!って、意気投合。

お会いした時は、まだピンチではなかったのですが、数ヵ月後には、二回目のピンチがやってきまして。
すると、助けてくれるとの事。

というか、一緒にビジネスをしましょう!って事で、お誘いいただき、プロジェクトに参加させていただきまして。

すると、あれと、あれよという間に、その会社のプロジェクトが大成功しまして。
おかげ様で、デジストも復活して、気づけば、黒字になりまして。

累計では、まだ赤ですし、姉への借金は完済できていませんでしたが。

どうにか、会社も存続し、売上から給料も出せるようになり、やっと、やっと、OH!NEW?に代わるサービスが作れるぞ!って、ずっと構想していたサービスを作り始めようと思いました。
ただ、やはり、救ってくれた会社。

まずは、そのプロジェクトの仕事を優先。

それだけだと、食べていけないので、他にもいくつか中規模の仕事を請けていまして。
気づけば、サイト運営会社から、システム開発会社に変身していました。

デジストが存続する事を、第一優先にした結果なので、当たり前ですが、もちろん、新サービスを作る余裕はありません。

ま~、デジストの強みは、安く、安心したシステムを、誰よりも、責任をもって構築する事。
やっと、人並みの価格で提示できるようになりましたが、やはり、それでも、大手に比べると、雲泥の差。

利益が薄いので、投資もできず、新サービスはもちろん、人を増やす事もできません。

でも、クライアントの方々の喜んでいる姿を見ると、やはり、自分たちの事より、まずは、お客さんの事。
そんなこんなで、システム開発会社というスタイルにも慣れ、それでも、どこかで新サービスを作りたい・・・。

この葛藤の中で、生きてきました。

一発屋の芸能人の方が、アルバイトしながら、もう一度、あの栄光を取り戻す・・・って人生に似ているのかもしれませんね。
多分、そういった、過去の栄光の呪縛から逃れられず、もがき苦しんでいる芸能系、エンタメ系の方々の気持ちに近いと思います。

仕事が成功しただけではなく、今泉兄弟やデジストは、テレビにラジオ、雑誌などなど、ほんとメディアの露出が普通のベンチャーよりはかなり多かったので・・・。

コンビニのケータイ系の雑誌に、出ていない時は無い!!ってくらいに、OH!NEW?が紹介されたり、今泉兄弟が取材されていましたので、すっごく、その気持ちがわかります。
ちなみに、残念なことに、サヨナラする事になってしまったのですが・・・。

この間の、ピンチを救ってくれた方々を紹介してくれた人は、実は同じ人で、一人。

最後にダメになった時に、会社を売りなさい!って、アドバイスをいただきまして。
たぶんですが、会社を売却する事で、今泉兄弟やデジストのスタッフを助けるプランだったんだと思います。

しかし、デジストの存続が、何よりも優先したかったので、お断り。

それ以来、連絡が取れない関係になってしましました。
ただ、ただ、感謝の気持ちだけは忘れていません。

いつか成功した際に、ちゃんとお礼をしたいと思っています。

誰よりも、デジストを、今泉兄弟を心配してくれた方でしたので。
今でも、その恩は忘れませんし、一生忘れません。

いつか、成功しなくても、どこかでご挨拶しないとな~と。

ただ、それは、中途半端である、今ではない・・・という事だけは、わかっています。
で、ここからが三回目のピンチでして。

まさに、今なんですけど、いや、少し前ですね。

これは、一回目のピンチを脱出した後に、二回目のピンチになった時と、似ているというか、同じなのですが。
大きなプロジェクトに参加すると、開発している時は、良いんですよ、大きな開発費が動くので。

しかし、その開発が落ち着くと、売上は、日々の運用費だったり、保守費用だけになるんですよ。

なので、また、新たなプロジェクトに参加したり、大きな開発を受注しないと、会社が回らないんですよ。
これは、周期的にやってくるので、そうならないように、運用費や保守費用だけでも、会社が回るようにしないといけないのですが。

又は、次から次へと、大きな仕事をゲットする。

その為には、人員強化も必要です。
ただ、元々、システム開発会社ではないので、人も増やせませんし、増やそうとは思っていません。

儲かるからシステム開発会社にしよう!って考えはなく、あくまでも、自社の新サービスを作る為に、最低限の仕事を請け、合間、合間に、新サービスを作る。

そんな考えが、間違っていたんですね~。
一石二鳥なんてビジネスには無く、二兎を追う者は一兎をも得ずなんですよ・・・。

結果、新サービスは作れず、会社が回らなくなってきた・・・。

それが、数ヵ月前の、年末だったりします。
あと数ヵ月でキャッシュが無くなる。

かといって、既存のクライアントさんの仕事に専念してきたので、ほとんど外交をしていませんでしたので。

既存のビジネスが、ずっと続くと勘違いしていたんですよ、経営判断ミスです。
しかも、一つではなく、複数のプロジェクトが大幅に縮小したり、終了したりしまして・・・。

あちゃ~、もうダメかも・・・とは、不思議と思わなかったのですが、これは単なる慣れ。

過去18年間で、何度もピンチを抜け出せたので、単に麻痺しちゃっているんですよ、ピンチの時の感覚に。
しかし、さすがに今回は、無理かもな~と。

例のピンチを救ってくれた方は、もういません。

しかも、デジストは、お金を借りる事が出来ないんですよ・・・。
もう、終わったな~と思いつつも、どうにか金策に。

その時、目に入ったのが、ふと飛び込み営業で来たという、某金融関係の方の名刺とパンフレット。

今泉兄は、その時は外出していたのですが、一度、連絡してみよう!って事で、さっそく、連絡したんですよ。
そして、その金融機関にご挨拶に伺い、融資の相談をしまして。

ダメもとで、絶対に無理だと思っていたのですが、なんと、借りる事が出来まして!!!!

奇跡ですよ、奇跡。
しかも、同時に、日本政策金融公庫もご紹介いただき、ダブルで融資決定。

新サービス「DIGITAL STREET」の開発資金を、融資していただけることになり、今、その資金を元に、その融資を元に、絶賛、開発中!

いや~、やっとやっと、これで、新サービスが作れます!
ただ、融資の資金にも、限りがありますので。

サービスを公開して、目途が立たなければ、アウト!

売上が出ないと、デジスト即死で、今泉兄弟の肩に借金だけがのしかかります。
もしくは、将来的な売り上げが期待でき、出資とか、クラウドファンディングでの資金調達ができないと、アウト!

そんな事もあり、今泉兄に出来る事は、サービスが完成するまで、ひたすらブログでサービス内容を発表し、一人でも多くの方に、興味を持ってもらう事。

又は、どこかの企業の方が、デジストにシステムお願いするぞ!って思って、連絡してくれる事。
そんな事を夢見て、生きております。

ただ、ほんと、弟には感謝しないとな~と思っているのですが。

なんと、これだけピンチで、しかも、融資を受けられたので、新サービスを弟が中心に作っているのですが。
誰よりも忙しく、昨日なんかは、ほんと、寝ずに、とあるサービスの仕様変更に伴う対応をしているんですよ。

お客さんの為に、誰よりも、誰よりも、仕事をしているんですよ。

そんな忙しいのに、臨時の仕事をいくつもゲットしてくるんですよ。
本来はエンジニアなのに、システムの打ち合わせをしつつ、次の仕事を取ってくる、凄腕営業マンなんですよ!

誰よりも売上に貢献しています。

たぶんですが、ほんと真面目なので、安心なんだと思います。
弟がいるからこそ、毎年、毎年、同じ時期になると、その仕事を名指しで、デジストに発注してくれるんですよ。

もちろん、デジストメンバーが、その受注した仕事を、みんなで回してくれているので、そのビジネスが成り立っているのですが。

ほんと、今泉弟と、デジストメンバーに感謝です。
そう考えると、今泉兄は、何をしているのか・・・。

自分にしかで出来ない事、自分が出来る事を、探さないといけませんね。

その一つが、このブログであり、新サービスのアイデアを考える事なのですが。
どこかの誰か、この今泉兄の叫びを、受け止めてください!

1社か2社くらいなら、同時進行で、新プロジェクトに参加して、かなりのアイデアをご提供できるかと思いますので。

嗅覚と、口だけは、誰にも負けませんので。
ぜひ、そーですね~、週に1回、会議に参加して、アイデア出しまくるので。

そーですね~、できれば、100万円くらいで・・・。

2社で200万円あれば、何とか、何とか、わが社が存続できるので・・・。
今泉兄の価格ではなく、会社存続であり、新サービスをブレイクさせる為に最低限必要な金額からの逆算ですが・・・。

よし、こうなったら、割引だ!

週に1回だけど、1日8時間じゃなくて、12時間、お付き合いしますよ!
1.5倍ですよ、どうですか!?

今泉兄をアイデアマンとして契約してくれる、そんな会社は無いですね・・・。

もれなく、別料金ですが、今泉弟の技術力もゲットできるのですが・・・って、結局、弟に頼ってますが・・・。
さらに、新サービス「DIGITAL STREET」がブレイクしたら、その辺も・・・

優先的に、コラボとか提携とか、協業できると思うので・・・

そうですね、ツイッターやフェイスブック、LINEと、初めから仲良しだったと、思ってください。
そしたら、とてつもないビックチャンスじゃないですか!?

事実、OH!NEW?と初めから仲良しだったら、少なくとも1億円売り上げるサイトを、自由かどうかはわかりませんが、有効活用できるのですから。

さりげなく、トップページに広告を貼っているだけでも、すごい事になりますよ、万が一デジストがブレイクしたらですが・・・。
ま~、人の価値なんて、欲しい!って思った方が決める事なので。

いつか、このブログを、全部読んで、よし、今泉兄ゲットするぞ!って、思ってくれる人もいる事でしょう。

だって、だって、昔は、昔は、重宝されたんですよ!!!
昔話をするのは、いや、いやって言いながら、今後も言い続けますが。

某大手プロダクションの会長には、文化人ですが、タレントになれ!って誘われましたし。

某大手出版系の社長には、会社がピンチの時、会社丸ごと助けてやるから、その会社の研究室に来い!って、助けてもらえそうでしたので。
後はなんだ、あ、これは個人ではなく、会社ですが、超大手ネット会社との合併話しや。

海外の商社からのオファーとか。

って、あ、これ全部、今泉兄じゃなくて、たまたまヒットしたOH!NEW?があったからでした・・・。
いけない、いけない、そうでした。

OH!NEW?が瀕死の状態の今、今泉兄の価値も、瀕死でしたね・・・。

危ない、危ない、勘違いして、まだすごいんだぞ俺は!って、暴言を吐くところでした。
しかし、もう、吐くものはありません!

そう、今泉兄、絶賛断食中。

続いては、断食を開始した初日のダイエットレポートに続きます!